Chuyển tới nội dung
Home » 【ゆっくり歴史解説】ベルリンの壁崩壊 ゆっくりで学ぶ冷戦史 第12回 | ギュンター・シャボウスキー

【ゆっくり歴史解説】ベルリンの壁崩壊 ゆっくりで学ぶ冷戦史 第12回 | ギュンター・シャボウスキー

【ゆっくり歴史解説】ベルリンの壁崩壊 ゆっくりで学ぶ冷戦史 第12回


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

前回(第11回):https://www.youtube.com/watch?v=vRJAA_XVfro
次回(第13回):作成中
再生リスト:https://www.youtube.com/playlist?list=PLewXoYFL5ubATzSRmG1mmvGbHUogHiIUN
<参考文献>各回共通
冷戦 アメリカの民主主義的生活様式を守る戦い/ https://amzn.to/2uFhSJr
冷戦 その歴史と問題点/ https://amzn.to/2FN0tAR
冷戦史 その起源・展開・終焉と日本/https://amzn.to/2siW59G
外交<上>/ https://amzn.to/2vVzMZb
外交<下>/ https://amzn.to/2vet1S6
戦後アメリカ外交史/ https://amzn.to/3iZkdD0
アメリカの20世紀(上)―1890年~1945年/ https://amzn.to/3giY1Ca
アメリカの20世紀(下)―1945年~2000年/ https://amzn.to/2YjHRCs
ソビエト連邦史 19171991/ https://amzn.to/32cAkWX
ソ連史/ https://amzn.to/2EdeURH
詳説世界史B/ https://amzn.to/2uK9wQZ
世界史図録ヒストリカ/ https://amzn.to/2QS5MWh
<参考文献>今回
ゴルバチョフに会いに行く/https://amzn.to/3rpPjHD
ミハイル・ゴルバチョフ-変わりゆく世界の中で/https://amzn.to/3jPljDr
物語 東ドイツの歴史/https://amzn.to/3g0nnYh
ヨーロッパ現代史/https://amzn.to/3fVJeQv
ヨーロッパ冷戦史/https://amzn.to/3lVcElA
コメント、高評価、チャンネル登録を是非お願い致します。
冷戦の歴史をわりわかりやすく解説しようと思い投稿しています。
今回は東欧民主化、ベルリンの壁崩壊、冷戦終結のについて説明しています。
冷戦
世界史
現代史

【ゆっくり歴史解説】ベルリンの壁崩壊 ゆっくりで学ぶ冷戦史 第12回

日本なのに「ソビエト」!?・・・全国158の離島に命名(14/08/01)


日本なのに「ソビエト」という名の島が誕生しました。 政府は、日本の領海を定める起点でありながら、これまで名前がなかった全国158の離島について名称を決定し、公表しました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tvasahi.co.jp/ann/

日本なのに「ソビエト」!?・・・全国158の離島に命名(14/08/01)

動いた群衆と崩れた壁 世界を変えた1989年11月9日 写真8枚 国際ニュース:sam News


動いた群衆と崩れた壁 世界を変えた1989年11月9日 写真8枚 国際ニュース:sam News
【11月7日 AFP】旧ドイツ民主共和国(東ドイツ)政府の報道官だったギュンター・シャボウスキー(Guenter Schabowski)氏はある質問を受けると、困惑して頭をかき、眼鏡をかけ、ためらい、手元にあった手書きのメモを探った。 それは、東ドイツ国民の出国規制緩和はいつ発効

動いた群衆と崩れた壁 世界を変えた1989年11月9日 写真8枚 国際ニュース:sam News

【ゆっくり解説】ある男性の勘違いによって破壊されたベルリンの壁


【ゆっくり解説】今回はベルリンの壁について解説しました。
【目次】
00:00 冒頭トーク
01:23 ベルリンの壁建設
07:05 ベルリンの壁崩壊
09:27 まとめ
【今回の感想】
シャボウスキーに感謝
面白いと思ったら是非チャンネル登録よろしくお願いします。
https://www.youtube.com/channel/UCYTZ5PRkn8l_TZ5dBNd5nSA?sub_confirmation=1
ゆっくり 解説 ベルリンの壁 シャボウスキー

【ゆっくり解説】ある男性の勘違いによって破壊されたベルリンの壁

ギュンター・フォン・ヒューネフェルト


ギュンター・フォン・ヒューネフェルト, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1955036 / CC BY SA 3.0
ドイツのパイロット
ケーニヒスベルク出身の人物
1892年生
1929年没
Ehrenfried Günther Freiherr von Hünefeld 大西洋無着陸逆横断飛行に成功したブレーメン号 ギュンター・フォン・ヒューネフェルト(Ehrenfried Günther Freiherr von Hünefeld, 1892年5月1日 – 1929年2月5日)は、ドイツのパイロットである。
ヘルマン・ケール、ジェイムス・フィッツモーリスとヨーロッパからカナダまでの東から西への方向の大西洋横断飛行に初めて成功した。
東プロイセンのケーニヒスベルクに生まれた。
左目は見えず、右目も近眼で、病弱な少年時代を送った。
ベルリン大学で学び始めた頃、ベルリン、ヨハニスタール飛行場で、ドイツの航空パイオニアたちとつきあうようになった。
第一次世界大戦が始まると、空軍に志願するが、健康の面で拒絶され、オートバイ乗りとして志願し、1914年9月にフランドルで負傷し、軍務につくことができなくなった。
ドイツの外交団に加わり、ソフィアやコンスタンティノープルやオランダで働いた。
1927年にリンドバーグが無着陸大西洋横断飛行に成功するが、ヨーロッパからアメリカへの大西洋横断飛行は向かい風に抗することになるのでより困難であると考えられていた。
ヒューネフェルトは1927年にユンカース W33を購入し、「ブレーメン号」と命名した。
フーゴ・ユンカースが機体をサポートし、第一次世界大戦のパイロットでルフトハンザ航空の夜間飛行部門を率いるヘルマン・ケールがプロジェクトに加わった。
試験飛行の後、1928年4月アイルランドのボールドネルに向けて出発した。
ボールドネル飛行場の空軍指令のアイルランド人のジェームズ・フィッツモーリスが加わり、1928年4月12日、ブレーメン号はボールドネル飛行場を出発し、カナダのグリーンリー島に着陸した。
目標のニューヨークまで飛行することはできなかったが、最初の大西洋無着陸逆横断飛行に成功した。
1929年にヒューネフェルトは胃がんで死亡し、ベルリンのシュテグリッツ墓地に埋葬された。

ギュンター・フォン・ヒューネフェルト

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.