Chuyển tới nội dung
Home » 【宮台真司】「鬼滅の刃」が現代人に問うこと | 社会学の歴史

【宮台真司】「鬼滅の刃」が現代人に問うこと | 社会学の歴史

【宮台真司】「鬼滅の刃」が現代人に問うこと


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

番組のフル視聴(29分)はこちらから
▶️http://bit.ly/2JrsIux
10日間無料トライアルはこちらから
https://bit.ly/39ZHaRr
_____
2020年は、アニメーションの世界から大ヒット作品が生まれた。「鬼滅の刃」と「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」が現代人に問いかけるものとは何か。この2作品が投げかけるメッセージは、自決から50年を経た三島由紀夫の思想とも重なる。映画批評家としても知られる社会学者の宮台真司が、「鬼滅の刃」を読み解く。

【宮台真司】「鬼滅の刃」が現代人に問うこと

厚東洋輔『〈社会的なもの〉の歴史──社会学の興亡1848-2000』1~2章 解説とコメント(上村泰裕)


解説 上村泰裕(名古屋大学)

厚東洋輔『〈社会的なもの〉の歴史──社会学の興亡18482000』をめぐるおしゃべりです(2021年度春学期の大学院ゼミ)。学説史の専門的な議論ではなく、社会学の遺産を各自の研究の糧とする読解をめざしています。読書のお供になれば幸いです。

厚東洋輔『〈社会的なもの〉の歴史──社会学の興亡18482000』(東京大学出版会、2020年)
1章 問題としての〈社会的なもの〉
2章 階級のありかとしての社会
3章 ジンメルと「個人と社会」問題
4章 デュルケムと「道徳の実証科学」
5章 シカゴ大学の創設とC.H.クーリー
6章 一九二〇年代社会学の光と陰
7章 ヴェーバーと合理主義の社会学
8章 〈社会的なもの〉と「大衆」の問題
9章 ベヴァリジ・プランと市民権の社会的要素
10章 パーソンズと社会システムの理論
11章 ダニエル・ベルと科学的知の社会学
12章 社会学の〈記号論的転換〉
13章 文化と〈社会の階級モデル〉
14章 新しい〈社会的なもの〉の胎動

厚東洋輔『〈社会的なもの〉の歴史──社会学の興亡1848-2000』1~2章 解説とコメント(上村泰裕)

社会学基礎講義1


社会学基礎講義1

厚東洋輔『〈社会的なもの〉の歴史──社会学の興亡1848-2000』4章 デュルケムと「道徳の実証科学」


解説 上村泰裕(名古屋大学)

厚東洋輔『〈社会的なもの〉の歴史──社会学の興亡18482000』をめぐるおしゃべりです(2021年度春学期の大学院ゼミ)。学説史の専門的な議論ではなく、社会学の遺産を各自の研究の糧とする読解をめざしています。読書のお供になれば幸いです。

厚東洋輔『〈社会的なもの〉の歴史──社会学の興亡18482000』(東京大学出版会、2020年)
1章 問題としての〈社会的なもの〉
2章 階級のありかとしての社会
3章 ジンメルと「個人と社会」問題
4章 デュルケムと「道徳の実証科学」
5章 シカゴ大学の創設とC.H.クーリー
6章 一九二〇年代社会学の光と陰
7章 ヴェーバーと合理主義の社会学
8章 〈社会的なもの〉と「大衆」の問題
9章 ベヴァリジ・プランと市民権の社会的要素
10章 パーソンズと社会システムの理論
11章 ダニエル・ベルと科学的知の社会学
12章 社会学の〈記号論的転換〉
13章 文化と〈社会の階級モデル〉
14章 新しい〈社会的なもの〉の胎動

厚東洋輔『〈社会的なもの〉の歴史──社会学の興亡1848-2000』4章 デュルケムと「道徳の実証科学」

社会学基礎講義18 構造主義―我々の社会は当たり前ではない


虹はなぜ7色に「見える」のか?
精神疾患の患者は近代以前、どのように扱われていたのか?
我々は「未開人」よりも優れていると言えるのだろうか?
これらは一見、全く無関係な問いかけに見えますが、構造主義において一つの流れとしてとらえることができます。いずれも我々自身の「思い込み」に関係しているからです。
構造主義は、我々の思考が無意識のうちにいかに多くのものに縛られているかを教えてくれます。
頭のネジを一度外してみたい人にはオススメの思想潮流だといえます。
扱う書籍:『寝ながら学ぶ構造主義』(内田樹)
     『野生の思考』(レヴィ=ストロース)
     『狂気の歴史』(ミシェル・フーコー)
     『「もしもあの時」の社会学』(赤上裕幸)

社会学基礎講義18 構造主義―我々の社会は当たり前ではない

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *