Chuyển tới nội dung
Home » 【断酒・禁酒】飲酒寛容社会に騙されるな! | 寛容する

【断酒・禁酒】飲酒寛容社会に騙されるな! | 寛容する

【断酒・禁酒】飲酒寛容社会に騙されるな!


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

酒を飲む理由ってないんですよ。断酒する理由はありますけどね!
▼自著Kindle本一覧
https://ihsur.net/page2992
▼チャンネル登録はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCVjblwKawcRhX4petOjW6fw?sub_confirmation=1
▼ブログ
https://ihsur.net
▼twitter
https://twitter.com/ihsur1
▼ラジオ
https://www.himalaya.com/jphealthpodcasts/2287397
断酒 禁酒

【断酒・禁酒】飲酒寛容社会に騙されるな!

寛容のパラドックス


寛容のパラドックス, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=3844234 / CC BY SA 3.0
パラドックス
ヘイトスピーチ
寛容のパラドックス(paradox of tolerance)とは、カール・ポパーが1945年に発表したパラドックス(逆説)である。
このパラドックスは、「もし社会が無制限に寛容であるならば、その社会は最終的には不寛容な人々によって寛容性が奪われるか、寛容性は破壊される」と述べる。
ポパーは、「寛容な社会を維持するためには、社会は不寛容に不寛容であらねばならない」という一見矛盾した結論に達した。
なお、ポパーは不寛容な哲学の発言を禁止するべきではなく、合理的な議論で打ち返すべきであり、拳固やピストルを用いて自説を押し付け反対者の自由を禁じようとした時に、不寛容に対して不寛容である権利を要求するべきであるとした。
1945年にカール・ポパーによって出版された『開かれた社会とその敵』の第1巻 哲学者カール・ポパーは、1945年に『開かれた社会とその敵』第1巻(第7章、注4)においてこのパラドックスを定義した。
「寛容のパラドックス」については、あまり知られていない。
無制限の寛容は確実に寛容の消失を導く。
もし我々が不寛容な人々に対しても無制限の寛容を広げるならば、もし我々に不寛容の脅威から寛容な社会を守る覚悟ができていなければ、寛容な人々は滅ぼされ、その寛容も彼らとともに滅ぼされる。
――この定式において、私は例えば、不寛容な思想から来る発言を常に抑制すべきだ、などと言うことをほのめかしているわけではない。
我々が理性的な議論でそれらに対抗できている限り、そして世論によってそれらをチェックすることが出来ている限りは、抑制することは確かに賢明ではないだろう。
しかし、もし必要ならば、たとえ力によってでも、不寛容な人々を抑制する権利を我々は要求すべきだ。
と言うのも、彼らは我々と同じ立場で理性的な議論を交わすつもりがなく、全ての議論を非難することから始めるということが容易に解るだろうからだ。
彼らは理性的な議論を「欺瞞だ」として、自身の支持者が聞くことを禁止するかもしれないし、議論に鉄拳や拳銃で答えることを教えるかもしれない。
ゆえに我々は主張しないといけない。
寛容の名において、不寛容に寛容であらざる権利を。
「寛容のパラドックス」という言葉は、ポパーの著作である『開かれた社会とその敵』の本文のどこにも出てこない。
その言葉は第7章の注釈として、プラトンが「慈悲深い専制政治」に対する弁明の中で提案したパラドックスに対して登場している。
プラトンの示すパラドックスは、真の寛容によって必然的に不寛容につながるので、寛容の問題を多数派の支配に任せるよりも、悟りを開いた「哲人王」の独裁的な支配の方が望ましいというものである。
ポパーの著作の第7章、特に第2節の文脈では、寛容のパラドックスに関する注釈は、独裁主義の根拠としてのパラドックスに特化したポパーの反論をさらに説明することを意図している。
それにもかかわらず、民主主義制度の外でのヘイトスピーチなどの不寛容な言論に対する超法規的な(暴力的なものを含む)抑圧を擁護するために、ポパーの言葉に誤った解釈がしばしばなされている。
このように、文脈の中では、他のすべての試みが失敗したときに弾圧に同意するというポパーの譲歩は、その基礎の中では公正でなければならないが、必然的に不完全なものになるであろう憲法上の法の支配を持つ自由民主主義の国家にのみ適用される。
1971年、哲学者のジョン・ロールズは、著書『正義論』において、公正な社会は不寛容に寛容であらねばならないと結論づけている。
そうでなければ、その社会は不寛容と言うことになり、そうするとつまり、不公正な社会ということになるとしている。
しかし、ロールズはまた、ポパーと同様に、社会は寛容という原則よりも優先される自己保存の正当な権利を持っていると主張している。
曰く、「不寛容な人々に対して、たとえ彼らが不寛容だからと言っても、不寛容を言い渡されて当然だということはないが、寛容な人々が、自身の安全と自由の制度が危機に瀕していると切実かつ合理的な理由から信じる場合に限り、不寛容な人々の自由は制限されるべきだ」 マイケル・ウォルツァーは1997年の著作「寛容について」の中で、「我々は不寛容に寛容であるべきか?」と問いかけた。
彼は、寛容の恩恵を受けている少数派の宗教団体のほとんどは、少なくともいくつかの点では、彼ら自身が不寛容であると指摘する。
寛容な政治体制の元では、このような人々は寛容を学ぶかもしれないし、あるいは少なくとも、「あたかも…

寛容のパラドックス

歴史的偉人が現代人を論破するアニメ【第7弾】


みなさんこんにちは、黄金の豚です!
今回は、キング牧師が現代人を論破するアニメです!
ニートである私が大尊敬する\”ぴよぴーよ速報\”様に感化されて作ったアニメです〜
よろしければチャンネル登録・高評価お願いします〜
コメントもらえるとめっちゃ喜びます🐽
●関連動画
歴史的偉人が現代人を論破するアニメシリーズ
https://www.youtube.com/watch?v=qTck5CyoQIA\u0026t=79s
https://www.youtube.com/watch?v=Eg_464ubFZM
https://www.youtube.com/watch?v=3VLndm3tpoE
https://www.youtube.com/watch?v=PPVot07goTw
ぴよぴーよ速報
歴史的偉人が現代人を論破するアニメ
キング牧師
私には夢がある
パック31TV
アニメ
よっしーチャンネル
偉人
論破
スカッと

歴史的偉人が現代人を論破するアニメ【第7弾】

\”ARTISAN GOLF(アーティザンゴルフ)\” の今年大注目アイアン試打インプレッション!!LS720MB, LS720HM, LS720CBの全3モデルをオンコースで打ちました!!!


■今回登場するクラブ
アーティザンゴルフ LS☆720MB(7I, 35度)
アーティザンゴルフ LS☆720HM(7I, 34度)
アーティザンゴルフ LS☆720CB(7I, 32度)
※今回シャフトはすべてモーダス105、Sフレックス
■撮影協力
鶴舞カントリー倶楽部
https://www.tokyugolfresort.com/tsurumai/index2.php
■ゴルフエフォート スペシャルページ
ゴルフクラブ、ゴルフ用品、チューンナップの最新情報を毎月更新!
注目ゴルフクラブレビュー
https://contents.golfeffort.com/lp_a/
ゴルフ最新トレンド解説
https://contents.golfeffort.com/lp_b/
チューンナップHOW TO解説
https://contents.golfeffort.com/lp_c/
■エフォートチャンネル登録
https://www.youtube.com/channel/UC_lESQuG_FFFyo9jSk5Oxsg?sub_confirmation=1
■ゴルフエフォート公式ECショップ
http://golfeffort.com/
■ゴルフエフォートブログ
http://blog.golfeffort.com/
■ゴルフエフォートSNS
Instagram : https://www.instagram.com/golfeffort/?hl=ja
Twitter : https://twitter.com/golfeffort
Facebook : https://www.facebook.com/GolfEffort

\

寛容が相応しい


それが己が分。

寛容が相応しい

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *