Chuyển tới nội dung
Home » アルジャーノンに花束を (最終話) | ソラリス 小説 あらすじ

アルジャーノンに花束を (最終話) | ソラリス 小説 あらすじ

アルジャーノンに花束を (最終話)


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูเพิ่มเติม

毎日新作アップ中。チャンネル登録はこちら:
http://www.youtube.com/channel/UCPJoo3zHl6rgE2E0XKF84fQ?sub_confirmation=1
アルジャーノンに花束を (第10話)最終話の名台詞・名言を厳選し、まとめてみました。
<おすすめ動画1>
■ ヤクザ(山口組・住吉会・稲川会) の格言・名言集
パート1 ⇒ http://youtu.be/6Gv0FM4YBYc
パート2 ⇒ http://youtu.be/mKrq3V2eFT8
パート3 ⇒ http://youtu.be/kClSMdZngNw
パート4 ⇒ http://youtu.be/0kZ_pevIAFo
パート5 ⇒ https://youtu.be/Gw6xvX9dMHI
<おすすめ動画2>
■ 闇金ウシジマくんの本質を突いた暴言・名言集
⇒ https://youtu.be/F8h_eVZgog0
<おすすめ動画3>
■ 【クレヨンしんちゃん】 野原ひろしの胸に刺さる言葉・名言集
⇒ https://youtu.be/Qjj0uKlpdg

今後、あなたにとって価値のある名言集動画を
アップしていきたいと思います(・ω´・+ノ)
また、なにかリクエストがあれば是非コメントをください♪
BGMは甘茶の音楽工房(http://amachamusic.chagasi.com/)の
フリー音源をしようさせていただいています。

アルジャーノンに花束を (最終話)

[惑星ソラリス]タルコフスキー監督の代表作!ソダーバーグ版の感想も[映画紹介/感想]


自己紹介
名前 あべ
映画の視聴数 1週間に5~8本 
現在はサブスクで視聴出来るものがメインになってます
0:00オープニング
0:31 あらすじ
0:46 タルコフスキー版感想
3:41 ソダーバーグ版感想

[惑星ソラリス]タルコフスキー監督の代表作!ソダーバーグ版の感想も[映画紹介/感想]

あらすじで楽しむ世界名作小説『罪と罰』~ドストエフスキー~ #1


続きの動画https://www.youtube.com/watch?v=XKIh3fcxIKA
今回はロシアのみならず、世界中に影響を与えたドストエフスキーの傑作『罪と罰』のお話しです。
日本で昔有名になった『デスノート』という漫画がありますが、あの作品はおそらくこの『罪と罰』を下敷きにして作られていると思います。
明示的にそれが作者から述べられたわけではありませんが、作品のプロットを見比べてみると、非常に似ています。
特に主人公。『デスノート』のライトと、『罪と罰』のラスコーリニコフはキレ者で、大局的な目的のためなら、手段はあまり重視しません。
例え人殺しであっても、より大いなる目的のためならそれをよしとします。
それは正しいことでしょうか?
ラスコーリニコフは自身の特殊な考えに従って、殺人を犯しましたが、それに苦しんでいます。
自身が善行を施すことで、罪が償われるなら、そもそも人殺しに苦しんだりしないのではないでしょうか。人を殺した後に善行を行えば、少しずつ罪が償われていくはずです。少なくともそれが彼の理論であったはず。
しかし現実は違いました。善行を施すより前に、ロージャは罪に苦しんでいます。それは彼が罪というものの本質を見誤っていたからではないでしょうか?
罪というのは、数字で簡単に割り切れるようなものではないのでは?
この後、ポルフィーリー、スヴィドリガイロフ、ソーニャという三人の重要人物が登場してきます。
ポルフィーリーはロージャと鬼気迫る論戦を繰り広げ、この作品のエンタメ化に貢献しています。ソーニャはロージャの救いとして重要な役割を果たします。しかしスヴィドリガイロフ。この人物をどうとらえるかでこの作品に対する評価は人によって分かれるのではないでしょうか。
スヴィドリガイロフのように徹底してエゴイストな人物には、罪という概念がありません。というか罪を認識する力さえありません。
罪を罪と認識できない人物に、罪と罰という概念がどのように作用するかは、ドストエフスキーの後の作品、『カラマーゾフの兄弟』でテーマとなっています。
罪と罰 ドストエフスキー

あらすじで楽しむ世界名作小説『罪と罰』~ドストエフスキー~ #1

【すぐにわかる】惑星ソラリス 独自解説 ハリーがケルヴィンから離れない理由 ソラリスの海は巨大な鏡だった Solaris Солярис Review


♪映画を暗記科目にしたくない!♪
守鍬刈雄が独自視点でひとつの映画を考察・レビューし、それを解説してたり、あらすじを紙芝居にしたりしてます。
★作品リクエストは・・・  チャンネル → コミュニティ → リクエスト一覧 のコメント欄にお願いします。
Twitter → https://twitter.com/y7fuwkrscpqp3vh
リクエスト一覧を確認する → https://suguwa.work/category/request/
配信中動画を確認する → https://suguwa.work/2019/07/11/post23/
惑星ソラリス Bluray 新装版 → https://amzn.to/304M6o6
惑星ソラリス [DVD] → https://amzn.to/31JHeln
すぐにわかる 守鍬刈雄
1972:監督アンドレイ・タルコフスキー 脚本アンドレイ・タルコフスキー フリードリッヒ・ガレンシュテイン
出演ドナタス・バニオニス ナタリア・ボンダルチェック
ストーリー(wikiより)
海と雲に覆われた惑星ソラリスを探索中の宇宙ステーション「プロメテウス」との通信が途切れたことから、心理学者のクリスは調査のために派遣される。
「プロメテウス」に到着したクリスが目にしたのは、友人の自殺死体、いないはずの人物の痕跡、そして知性を持つ有機体である海が及ぼす、不可解な現象の数々であった。
どうやら、この不可解な現象は惑星ソラリスを覆いつくすソラリスの海がなんらかの知的活動を行っており、その結果として引き起こされているものである可能性が見出された。果たして人類は「ソラリスの海」との間にコミュニケーションすることができるのか。ソラリスの海が考えていることを人類は理解できるのか。形而下的で形而上的な課題がたちあらわれる。

【すぐにわかる】惑星ソラリス 独自解説 ハリーがケルヴィンから離れない理由 ソラリスの海は巨大な鏡だった  Solaris  Солярис  Review

「蟹工船」のあらすじ紹介\u0026物語の意味を解説【小林多喜二】


本当のことを云えば、
そんな先きの成算なんて、
どうでもいいんだ。
死ぬか、生きるか、だからな
蟹工船より

「蟹工船」はこちらから読むことができます↓
https://www.aozora.gr.jp/cards/000156/files/1465_16805.html

以下のリストから様々な文学作品の
解説動画を見ることができます。
ぜひチェックしてみてください↓
https://www.youtube.com/channel/UCxAOjmjMpD4I50a3EprRitw/playlists

“潤のまったり文学チャンネル”は
国内外の文学をわかりやすく解説する動画を
まったりと作っているチャンネルです。
大好きな文学作品の魅力をわかりやすく伝えるために、
日々奮闘しながら動画制作に励んでおります。
チャンネル登録・高評価いただけると嬉しいです!
気軽にどんなことでもコメントくださいね( ´ ▽ ` )

なにかありましたらこちらまで↓
[email protected]
Twitterはこちら↓
https://twitter.com/jun_bun_ch…

「蟹工船」のあらすじ紹介\u0026物語の意味を解説【小林多喜二】

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.