Chuyển tới nội dung
Home » アレクサンドル・ソルジェニーツィン | ソルジェニーツィン

アレクサンドル・ソルジェニーツィン | ソルジェニーツィン

アレクサンドル・ソルジェニーツィン


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูเพิ่มเติม

アレクサンドル・ソルジェニーツィン, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=115174 / CC BY SA 3.0
ソビエト連邦作家同盟の人物
ソビエト連邦の小説家
ロシアの小説家
20世紀の小説家
21世紀の小説家
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国国家賞受賞者
ノーベル文学賞受賞者
ロシアのノーベル賞受賞者
ロモノーソフ金メダル受賞者
ロシアの正教徒
アレクサンドル・イサーエヴィチ・ソルジェニーツィン(ロシア語:Александр Исаевич Солженицынアリクサーンドル・イサーイェヴィチュ・サルジニーツィン;ラテン文字転写の例:Alexandr Isaevich Solzhenitsyn、1918年12月11日 2008年8月3日)は、ソビエト連邦の作家、劇作家、歴史家。
1990年代ロシア再生の国外からの提言者である。
ロシア文字からそのままローマ字にするとAleksandr〜だが、英文ではAlexander〜と表記されることが多い。
ソビエト連邦時代の強制収容所・グラグを世界に知らせた『収容所群島』や『イワン・デニーソヴィチの一日』を発表し、1970年にノーベル文学賞を受賞。
1974年にソ連を追放されるも、ソ連崩壊後の1994年に帰国した。
ソルジェニーツィンの生涯は、彼の人生を左右した二つの価値観、つまり父譲りの愛国心と、母譲りのキリストへの信仰心に彩られている。
愛国者として彼は大祖国戦争に従軍し、国外追放の身であってもロシアの再生を提言した。
信仰者としての彼は、ロシアが愛国心の方向を誤った時、断固神の基準に立って幾多の人生の試練に神の信仰によって立ち向かった。
彼はノーベル文学賞よりも、宗教界のノーベル賞とされるテンプルトン賞が嬉しかったという。
また国外追放後にソ連市民権が回復すると彼は喜んでロシアに帰還した。
アレクサンドル・ソルジェニーツィンは1918年にロシア・ソビエト連邦社会主義共和国、北カフカースのキスロヴォツク(現在のロシア、スタヴロポリ地方)で生まれる。
母親のタイシャ・ソルジェニーツィナ(旧姓シチェルバク)はウクライナ人で、敬虔なクリスチャンであった。
彼女の父親は卑賤の身から努力して成功を成し遂げ、コーカサス山脈北部の麓、クバン地域に大きな屋敷を構えた。
第一次世界大戦の間、タイシャはモスクワで学んだ。
彼女はそこでコサック出の帝政ロシア軍士官、イサーイ・ソルジェニーツィンと出会い結婚した。
ソルジェニーツィンの両親や家族関係、家庭環境は『一九一四年八月』の第一章、『赤い車輪』などに描写されている。
1918年にタイシャはアレクサンドルを身ごもる。
イサーイは義勇兵の砲兵士官としてドイツ戦線で戦ったが、妻の妊娠を確認してまもなく猟銃による事故のため死亡した。
アレクサンドルは貧しい環境の中、未亡人となった母親とおばによって育てられた。
その幼年期はロシア内戦によって占められた。
1930年までに一家の家産はコルホーズとなった。
後年ソルジェニーツィンは、母親は生き残るために夫が帝政ロシア軍士官であったことを秘密にしていたことを述懐している。
母親は再婚せず、タイピスト兼速記者として働きながらソルジェニーツィンを教育し、その文学的、科学的な学識を励ました。
彼女は敬虔なクリスチャンとしてソルジェニーツィンを育て上げ、1944年に死去した。
1936年初め頃までにソルジェニーツィンは第一次世界大戦およびロシア革命に関しての作品のコンセプトやキャラクターを考案していた。
これらは結局『一九一四年八月』の幾つかの章に結実している。
文学を学びたかったが地元には適当な大学が無く、倹しい家計も理由になりソルジェニーツィンはロストフ州立大学(en/ru))で数学を学び、同時期にモスクワ哲学・文学・歴史研究所(ru)の通信教育課程を修了している。
また、後のモスクワ演劇界の大御所ザワツキー(ru)の下で俳優修行を始めたが、発声の問題で断念した。
後年収容所の中で俳優を志願したが、それも実現しなかった。
大学在学中の1940年4月7日にソルジェニーツィンは化学専攻の学生であったナタリヤ・レシェトフスカヤと結婚した。
二人はソルジェニーツィンがグラグから釈放される前年の1952年に離婚したが、1957年に再婚、そして1972年に再び離婚した。
翌1973年にソルジェニーツィンは2番目の妻、数学者であったナタリヤ・スベトローバ(1939年生)と再婚した。
二人の間には結婚前に息子がいた。
スベトローバとの間には3人の息子、ヤーモライ(1970年生)、イグナット(1972年生)、ステファン(1973年…

アレクサンドル・ソルジェニーツィン

サルトルとソルジェニーツィン


こちらのamazonや楽天リンクを一度踏んでいただき
お買い物いただくとご支援になります。
ご協力お願いします。
amazonリンク
http://amzn.to/2owFMTd
楽天、その他ご支援
http://bookclub.tokyo/?page_id=2894

【メルマガ読者限定音声も配信中】
メルマガ登録はコチラ http://bookclub.tokyo/?page_id=714

信州読書会プレミアム
https://note.mu/sbookclub/m/m38be46e23873
質問はこちらへ
https://peing.net/skypebookclub
ツイキャス
http://twitcasting.tv/skypebookclub

アメブロ『信州読書会』
https://ameblo.jp/123oncloudnine
読書会の様子を録音したコンテンツや
哲学書、文学書の精読コンテンツを配信しています。
ツイッター https://twitter.com/skypebookclub
Facebookページ https://www.facebook.com/skypebookclub
お問い合わせはこちら
http://bookclub.tokyo/?page_id=27

サルトルとソルジェニーツィン

【朗読】ソルジェニーツィン『マトリョーナの家』


メルマガ登録はコチラ http://bookclub.tokyo/?page_id=714
ツイキャス
http://twitcasting.tv/skypebookclub
長野市で読書会をしています。
信州読書会 http://bookclub.tokyo/
読書会の様子を録音したコンテンツや
哲学書、文学書の精読コンテンツを配信しています。
課題図書 http://astore.amazon.co.jp/sphinx0122
ツイッター https://twitter.com/skypebookclub
Facebookページ https://www.facebook.com/skypebookclub
書評ブログ http://sphinx44.seesaa.net/

【朗読】ソルジェニーツィン『マトリョーナの家』

【Vimeoアーカイブ公開!】東浩紀「東浩紀がいま考えていること2ーー『ゲンロン』第2期新創刊記念」 (2019/9/28収録)ダイジェスト


↓ 番組のご視聴はこちらから!
https://vimeo.com/ondemand/genron20190928
9/28(土)東浩紀「東浩紀がいま考えていること2ーー『ゲンロン』第2期新創刊記念」
お待たせしました!パックにて先行公開しておりましたこちらのイベント、Vimeo単品公開です!
レンタル(7日間)600円、ご購入(無制限)1,200円でご覧いただけます!
お得なパック販売はこちら!↓
東浩紀「東浩紀がいま考えていること2019」パック:https://vimeo.com/ondemand/genron2019hitorigatari
『ゲンロン10』のご購入はこちらから!↓
ゲンロンショップ(物理書籍版):http://genron.co.jp/shop/products/detail/236
ゲンロンショップ(電子書籍ePub版):http://genron.co.jp/shop/products/detail/246
Amazon:http://amzn.to/2Vp4EK4
ーーーーーーーーーー
【収録時のイベント概要】
『ゲンロン』が第2期に入りました。無印の『思想地図』以来、ぼくはともかく巻頭言ばかりを書いてきたのですが、この第2期からは書いていません。巻頭言を書き、編集方針を「説明」し「解説」すること、それそのものが暴力であり、批評の不自由さを象徴するもののように思われたからです。
批評とはなにか。それは自由とはなにかという問いでもあります。30年前、ぼくは自由さに憧れて哲学とか批評を学び始めたはずだったのですが、気がつけばいろいろ不自由になっていました。自由に思考し、自由に書く状態はいかにして維持できるのか。それはむずかしい課題です。
その課題は、文体のレベルでも発生します。いま世の中で書かれている「哲学」「現代思想」の文章は、おそろしく不自由で窮屈です。そこでぼくは『ゲンロン10』の冒頭で、新しい文体の発明が必要だと記し、その実践として、5万字ほどの論文というか、エッセイというか、とにかくなにかの文章を書きました。
このイベントでは、その文章「悪の愚かさについて、あるいは収容所と団地の問題」の内容を中心に、ふたたびもろもろ最近考えていることを話そうと思います。『ゲンロン10』ではハルビンやクラクフの話を書いていますが、そこでは掲載していない写真を紹介し、エッセイの背景や続編の構想も話そうと思います。前回と同じく、1時間半ほどひとりで話して、そのあと質疑応答みたいな感じを考えています。
最近は年齢をとったのか、いま世の中で起きていることを新しいと信じ、情熱をもって語る、ということがむずかしくなってきました。ひきこもり感ばかりがどんどん増しているのですが、振り返るに、もともとぼくはそういう人間だったような気もします。「悪の愚かさについて」は、26年前の「ソルジェニーツィン試論」の四半世紀ぶりの続編でもあります。そんなぼくの原点回帰に関心のあるかたは、ぜひご来場ください。
講演日は、ゲンロン友の会第10期の始まりまであと3日のタイミングでもあります。
イベント会場では入会を受けつけるほか、トークのあとはサイン会も行います。
(東浩紀)
【イベントページへのリンク】
https://genroncafe.jp/event/20190928/

【Vimeoアーカイブ公開!】東浩紀「東浩紀がいま考えていること2ーー『ゲンロン』第2期新創刊記念」 (2019/9/28収録)ダイジェスト

Alexander Solzhenitsyn dies at the age of 89


Tributes are paid to late Russian author and Nobel laureate Alexander Solzhenitsyn, who died at the age of 89.\r
\r
For this story and more, visit www.rte.ie/news

Alexander Solzhenitsyn dies at the age of 89

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.