Chuyển tới nội dung
Home » カルメン・ミランダ | カルメン ミランダ

カルメン・ミランダ | カルメン ミランダ

カルメン・ミランダ


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

カルメン・ミランダ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=2826047 / CC BY SA 3.0
サンビスタ
ポルトガルの歌手
ブラジルの歌手
ポルトガルのダンサー
ブラジルのダンサー
1909年生
1955年没
カルメン・ミランダ(Carmen Miranda、1909年2月9日 1955年8月5日)は、ポルトガル生まれのブラジル人サンバ歌手、ダンサー、ブロードウェイ女優、映画スターであり、1940年代、1950年代に人気を博した。
ブラジルでの歌手、女優としての経歴を確立した後、リー・シュバートが、1939年ミランダおよび彼女のバンドとの契約にサインした。
彼女は、1939年7月にアメリカでデビューし、後に映画キャリアを求めハリウッドに居を移している。
“ブラジルの爆弾”と称され、1943年映画“ギャングズ・オール・ヒア”(英語版)で被ったミランダのフルーツハットは有名である。
1945年迄に、彼女はアメリカ合衆国に於いて最高給取りの女性となった。
ミランダは、1940〜1953年の間に計14本のハリウッド映画に出演した。
優秀なパフォーマーとして認知されるが、第二次世界大戦の終り迄には彼女の人気は落ちてゆく。
彼女はその後自身が構築したお馴染みの“ブラジルの爆弾”イメージを不快に感じるようになり、その打破を試みたが大きな成功は収めていない。
1955年8月4日、ジミー・デュランテ・ショーのエピソードの収録中、ミランダに軽度の心臓発作が起きた。
彼女はショーを終えたが、2度目の心臓発作後、翌朝(5日)死亡した。
カルメン・ミランダは、ポルトガル北部の基礎自治体マルコ・デ・カナヴェセスの農村ヴァルセア・ダ・オヴェーリャ・エ・アリヴィアダでマリア・ド・カルモ・ミランダ・ダ・クーニャとして誕生した。
彼女は、ジョゼ・マリア・ピント・ダ・クーニャ(1887年2月17日 1938年6月21日)とマリア・エミリア・ミランダ(1886年3月10日 リオデジャネイロ、1971年11月9日)の次女であった。
彼女が10ヵ月だった1909年、彼女の父は単独でブラジルのリオデジャネイロに移住し、理容室を開業した。
母親は娘のオリンダとマリア・ド・カルモを相次いで授かる。
後のカルメンとなるマリア・ド・カルモは一度もポルトガルに戻ることはなかったが、ポルトガル国籍を維持した。
ブラジルで、更にアマロ(1911)、セシリア(1913)、アウロラ(1915 2005)とオスカル(1916)の4人の子供を授かった。
彼女は、父のオペラ・コミックに対する愛情およびビゼーの代表作カルメンに因んで、カルメンと命名された。
オペラに対するこの情熱は、彼の子供と若い頃のカルメンの歌・踊りに対する愛情に影響を与えた。
彼女は、聖リジューのテレーズ修道院に通った。
父は、彼女の芸能界入りに反対した。
しかしながら、カルメンがラジオ番組のオーディションを受けた事を父が知った際、母は彼女を支援し、父からは暴力を受ける。
彼女は、リオのパーティーやフェスティヴァルで唄った。
彼女の姉のオリンダは結核を患い、治療のためポルトガルに送られた。
カルメンは、姉の医療費を賄うため、14歳でネクタイ屋で働いた。
次にブティックで働き、そこで帽子造りを学び、自身の帽子屋を開業し、利益を得た。
ミランダは作曲家ジョズエ・デ・バロスに紹介・見出され、彼は1929年ドイツのレコーディング会社ブルンスウィックで彼女の最初のアルバムをレコーディング・プロモートした。
1930年、彼女はブラジルの貴重な歌手として知られるようになり、1933年ラジオ・メイリング・ベイガと2年契約を結び、ブラジルのラジオ業界史における初の契約歌手となった。
1934年、彼女はブエノスアイレスのラジオ・ベルグラノのゲスト出演者として招かれた。
最終的に、ミランダはRCAレコードとのレコーディング契約にサインした。
ニューヨークのブロードウェーでのショーへの招待前、彼女は10年間サンバ歌手としての経歴を積み重ねた。
当時の他の人気歌手と同様に、ミランダは、ブラジルの記録映画“ア・ボズ・ド・カルナバル”(1933年)にてスクリーン・デビューを果たした。
二年後“アロ、アロ、ブラジル”というタイトルの初の長編映画出演となった。
しかし、映画好きの心に彼女が植えつけられるようになったのは1935年公開の映画“アステュダンテス”であった。
1936年公開の映画“アロ、アロ、カルナバル”で、有名な“カントラス・ド・レディオ”を姉オーロラと初めて演じた。
リオでとある彼女の舞台を見た劇場のオーナーであるリー・シュバートは、ミ…

カルメン・ミランダ

Carman Miranda – Week End In Havana (1941) – \”Rebola a Bola\” \u0026 \”When I Love, I Love\”


\”Rebola a Bola (Embolada)\”\r
Music by Aloysio De Oliveira and Nestor Amaral\r
Lyrics by Francisco Eugênio Brant Horta\r
\r
\”When I Love, I Love\”\r
Music by Harry Warren\r
Lyrics by Mack Gordon

Carman Miranda - Week End In Havana (1941) - \

Two Happy Amigos


I do not own this. However, the company that does own it hasn’t made it available anywhere… so pretty much I do own it until they tell me I don’t.
This is from an episode of Walt Disney Presents from 1960. It’s just the parts with Jose Carioca. Apparently there’s more to the episode but I can’t for the life of me find the rest of it.

Two Happy Amigos

The Life and Sad Ending of Carmen Miranda


The Life and Sad Ending of Carmen Miranda.
MostActor
Mini bio of the life of actor Carmen Miranda, who is a Portugueseborn Brazilian samba singer, dancer, Broadway actress, and film star who was active from the 1930s on. Nicknamed \”The Brazilian Bombshell\”, Miranda is known for her signature fruit hat outfit she wore in her American films. As a young woman, she designed hats in a boutique before making her first recordings with composer Josué de Barros in 1929.
This video was made using information and photos freely found on the internet. No copyright infringement intended. This video may not be reuploaded by others. I created this video and recorded the audio and my voice may not be used by others.
Thanks for watching!
Have a good time.

The Life and Sad Ending of Carmen Miranda

Carmen Miranda.


Carmen Miranda.

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.