Chuyển tới nội dung
Home » ガルシアマルケス1 | ガルシア=マルケス

ガルシアマルケス1 | ガルシア=マルケス

ガルシアマルケス1


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

ガルシアマルケス1

都市伝説もびっくり!幻想と現実を融合させる「魔術的な語り口」 | [文学マップ#095] ガルシア=マルケス / 百年の孤独 (4/6)


===========================
このYouTubeチャンネルは…
===========================
 こんにちは、文学YouTuberのムーです。
 「文学って何?」この疑問に答えるために
 まず、名作として語り継がれてきた歴代の文学作品の中から、
 特に評判の高いものを(私の独断も交えつつ)
 厳選して100冊に絞り込みました。
 そして、それら1つ1つを丁寧に動画で語っていくことによって、
 間接的に「文学の全体像の輪郭」を徐々に浮かび上がらせていく。
 そう、このチャンネルへ動画を投稿し続けること自体が
 私、ムー自身が文学への理解度や知識を深め整理していき、
 結果的にそれが「文学とは何なのか」を考察していく行為そのものになっている。
 そんな壮大なプロジェクトが、このチャンネルの実態です。
 一緒に文学の冒険を楽しみましょう。
 ★チャンネル登録はこちらのリンクから★
 https://www.youtube.com/channel/UCFb4_MjMnoBy3RHp8zH0PcQ?sub_confirmation=1
===========================
今回の動画は…
===========================
 ガルシア=マルケス「百年の孤独」
01 ソーセージ並に売れた大ヒット作「百年の孤独」とは?
https://www.youtube.com/watch?v=WNGiqPUtutA
02 作者、ガルシア=マルケスの呼び方、作品の概要、他
https://www.youtube.com/watch?v=LuOcQKqne9s
03 ガルシア=マルケスの手法1「1冊で100年」を実現した反則技な文体
https://www.youtube.com/watch?v=JiIs2_WwZwo
04 ガルシア=マルケスの手法2 幻想と現実を融合させる「魔術的な語り口」
https://www.youtube.com/watch?v=WOTnMrXQO38
05 ガルシア=マルケスのルーツ「語り部の家系」で一番ヤバいのはおばあちゃんだった!
https://www.youtube.com/watch?v=c3snQ5HRBXw
06 おすすめ翻訳?…ちょい値は張るが持っていて損はしないぜ
https://www.youtube.com/watch?v=8nrEdCeYT04
南米はコロンビア出身の作家、ガブリエル・ガルシア=マルケスを一躍有名にした彼の代表作「百年の孤独」は、
1967年に出版されると、そのあまりに魅力的な内容に話題が話題を呼んで瞬く間に大ヒットを記録、
スペイン語圏で「まるでソーセージ並みによく売れた」という。
また、その勢いはスペイン語圏だけにとどまらず、様々な言語に翻訳され世界中で反響を呼んだ。
イギリスの新聞「The Economist」の2014年の記事によれば、
この作品は30を超える言語に翻訳され世界中で5千万部以上を売り上げた、とのこと。
これは単に文学という枠を超え、世界の歴代ベストセラー小説にもランクインするほどの売り上げである。
実際に「スペイン語圏で聖書の次に多くの人に読まれている書物」とも言われることがある。
いったいどのような作品なのか?
物語は、作者ガルシア=マルケス (以下、彼の愛称である’ガーボ’と表記)が生まれ育ったコロンビアの田舎町、
アラカタカをモデルにした架空の土地「マコンド」を舞台に、
そこに移り住んだある一族の100年間の歴史を描いたもの。
この作品を特徴づける一番の要素として挙げられることの多いその【語り口】は、
現実には起こり得ない魔術的な出来事が、さも当たり前のことであるかのようにストーリーの合間合間に平然と語られ、
それはまるで「幻想と現実の世界が徐々に融合していく中で、もはやその境界線がどこなのかわからなくなる」、
そんな感覚に読者を誘い込む絶妙なバランスのものである。
その淡々とした語りの姿勢は最初から最後まで徹底されていて、
物語の進行上かなり重大な出来事が起きている時でさえ終止一環、平然としたままである。
また、【文体】は心理描写などの内面的な要素を極限にまでそぎ落とし、
そのほとんどが「どこでどういった事が起こったのか」という外面的な情報に終始した簡潔なもので、
言わば「あらすじのみの味気ない説明文」のような書き方であるが、
これを止まることなく延々と続けることによって、
いくつもの短いエピソードを、次から次へとテンポ良くつないでいく事を可能にし、
いざあるエピソード始まったかと思ったのも束の間、オチも布石の回収もされないまますぐに次のエピソードが始まり、
それがある程度語られた頃にはもう次のエピソードが控えている、といった塩梅で、
現実と幻想を融合させた異様なエピソードの数々が、物凄いスピードで次々と矢継ぎ早に語られていくスタイルを実現した。
見方によっては「最初から最後までほぼ全てがあらすじ」という、
まるで長い一冊のあらすじを読んでいるような印象すら与える作品である。
1927年、コロンビア共和国のカリブ地方にある、当時人口約2千人ほどの寒村アラカタカに生誕したガーボは、
生後すぐ、両親が仕事のために故郷から離れた都市バランキーヤへ引っ越してしまい、
彼は母型の祖父母のもとへ預けられた。
ガーボの育ての親となる祖父母はどちらも優れた語り部で、
土地に伝わる神話や伝承、また、実際に体験した出来事など様々な話を彼に語って聞かせた。
祖父二コラ大佐は、コロンビアのリベラル達からはヒーローとして尊敬されていた退役軍人で、
自身が体験した戦争の話をリアルに語って聞かせた。
それに対して迷信や言い伝え好きの祖母ミーナは、即興で物語を作って語るのが抜群に上手く、
超自然的で迷信的な非日常の出来事を、顔色一つ変えずにさも自然な事であるかのように語るのであった。
ガーボにとって彼女は「現実を魔術的、迷信的、超自然的な視点から捉える源」であったという。
現実と非現実の出来事をごく自然に織り交ぜて、日常と非日常の間を自在に行き来する、
ガルシア=マルケス文学の語りの下地はこのようにして醸成されていったのである。
===========================
参考リンク
===========================
 ・文学を読み解くマップ by ムー
  http://onoosamu.com/01_projects/02_literature/
  作品No.095 ガルシア=マルケス「百年の孤独」
  http://onoosamu.com/01_projects/02_literature/books/095/
 ・世界最高の文学100 by ノルウェー・ブック・クラブ
  https://en.wikipedia.org/wiki/Bokklubben_World_Library
 ・Twitter
  https://twitter.com/MouLitera
===========================
楽曲
===========================
 ・オープニングのジングル (ピアノ by ムー)
 ・The Theme of the Poetry Circus (by ムー)
ガルシアマルケス 文学YouTuber 文学ユーチューバー

都市伝説もびっくり!幻想と現実を融合させる「魔術的な語り口」 | [文学マップ#095] ガルシア=マルケス / 百年の孤独 (4/6)

くそったれマルケス


motoGPのマルケス
大相撲の白鳳
どちらも王者の資格なし

くそったれマルケス

都市伝説 つめ込み過ぎ 文学 ! ソーセージ並に売れた マジックリアリズム の 大ヒット作 | ガルシア=マルケス / 百年の孤独 (1/6)【 文学YouTuber ムー の 文学マップ #095】


===========================
今回の動画シリーズは…
===========================
 ラテンアメリカ文学 ブーム を巻き起こした 世界的 大ヒット 作、
 ガルシア=マルケス 「 百年の孤独 」を取り上げます。
 マジックリアリズム の 傑作 !
01 都市伝説 つめ込み過ぎ?! ソーセージ並に売れた 大ヒット 作「 百年の孤独 」とは?
https://www.youtube.com/watch?v=WNGiqPUtutA\u0026list=PLOO5VkXJws2esao88LAS4Nl0d3WfQrHkY
02 作者、 ガルシア=マルケス の呼び方、作品の概要、他
https://www.youtube.com/watch?v=LuOcQKqne9s\u0026list=PLOO5VkXJws2esao88LAS4Nl0d3WfQrHkY
03 ガルシア=マルケス の手法1「1冊で100年」を実現した反則技な 文体
https://www.youtube.com/watch?v=JiIs2_WwZwo\u0026list=PLOO5VkXJws2esao88LAS4Nl0d3WfQrHkY
04 ガルシア=マルケス の手法2 幻想と現実を融合 させる「 魔術的な語り口 」
https://www.youtube.com/watch?v=WOTnMrXQO38\u0026list=PLOO5VkXJws2esao88LAS4Nl0d3WfQrHkY
05 ガルシア=マルケス のルーツ「語り部の家系」で一番ヤバいのはおばあちゃんだった!
https://www.youtube.com/watch?v=c3snQ5HRBXw\u0026list=PLOO5VkXJws2esao88LAS4Nl0d3WfQrHkY
06 おすすめ翻訳 ?…ちょい値は張るが持っていて損はしないぜ
https://www.youtube.com/watch?v=8nrEdCeYT04\u0026list=PLOO5VkXJws2esao88LAS4Nl0d3WfQrHkY
南米はコロンビア出身の作家、 ガブリエル・ガルシア=マルケス を
一躍有名にした彼の代表作「 百年の孤独 」は、1967年に出版されると
そのあまりに魅力的な内容に話題が話題を呼んで瞬く間に 大ヒット を記録、
スペイン語圏で「まるでソーセージ並みによく売れた」という。
また、その勢いは スペイン語 圏だけにとどまらず、様々な言語に 翻訳 され 世界中で反響 を呼んだ。
イギリスの新聞「The Economist」の2014年の記事によれば、
この作品は30を超える言語に 翻訳 され世界中で5千万部以上を 売り上げ た、とのこと。
これは単に 文学 という枠を超え、世界の歴代 ベストセラー小説 にも ランクイン するほどの売り上げである。
実際に「スペイン語圏で 聖書 の次に多くの人に読まれている書物」とも言われることがある。
いったいどのような作品なのか?
物語は、作者 ガルシア=マルケス (以下、彼の愛称である’ガーボ’と表記)が生まれ育った
コロンビア の田舎町、 アラカタカ をモデルにした 架空の都市 「 マコンド 」を舞台に、
そこに移り住んだある一族の100年間の 歴史 を描いたもの。
この作品を特徴づける一番の要素として挙げられることの多いその【語り口】は、
現実には起こり得ない魔術的な出来事が、さも当たり前のことであるかのように
ストーリーの合間合間に平然と語られ、それはまるで
「幻想と現実の世界が徐々に融合していく中で、もはやその境界線がどこなのかわからなくなる」
そんな感覚に読者を誘い込む絶妙なバランスのものである。
その淡々とした語りの姿勢は最初から最後まで徹底されていて、
物語の進行上かなり重大な出来事が起きている時でさえ終止一環、平然としたままである。
また、【文体】は心理描写などの内面的な要素を極限にまでそぎ落とし、
そのほとんどが「どこでどういった事が起こったのか」という外面的な情報に終始した簡潔なもので、
言わば「あらすじのみの味気ない説明文」のような書き方であるが、
これを止まることなく延々と続けることによって、
いくつもの短いエピソードを、次から次へとテンポ良くつないでいく事を可能にし、
いざあるエピソード始まったかと思ったのも束の間、
オチも布石の回収もされないまますぐに次のエピソードが始まり、
それがある程度語られた頃にはもう次のエピソードが控えている、といった塩梅で、
現実と幻想を融合 させた異様なエピソードの数々が、
物凄いスピードで次々と矢継ぎ早に語られていくスタイルを実現した。
見方によっては「最初から最後までほぼ全てがあらすじ」という、
まるで長い一冊の あらすじ を読んでいるような印象すら与える作品である。
1927年、コロンビア共和国のカリブ地方にある、
当時人口約2千人ほどの寒村 アラカタカ に生誕したガーボは、
生後すぐ、両親が仕事のために故郷から離れた都市バランキーヤへ引っ越してしまい、
彼は母型の祖父母のもとへ預けられた。
ガーボの育ての親となる祖父母はどちらも優れた語り部で、
土地に伝わる神話や伝承、また、実際に体験した出来事など様々な話を彼に語って聞かせた。
祖父二コラ大佐は、コロンビアのリベラル達からはヒーローとして尊敬されていた退役軍人で、
自身が体験した戦争の話をリアルに語って聞かせた。
それに対して迷信や言い伝え好きの祖母ミーナは、即興で物語を作って語るのが抜群に上手く、
超自然的で迷信的な非日常の出来事を、顔色一つ変えずにさも自然な事であるかのように語るのであった。
ガーボにとって彼女は「現実を魔術的、迷信的、超自然的な視点から捉える源」であったという。
現実と非現実の出来事をごく自然に織り交ぜて、日常と非日常の間を自在に行き来する、
ガルシア=マルケス 文学の語りの下地はこのようにして醸成されていったのである。
===========================
参考リンク
===========================
 ・ 文学 を読み解くマップ by ムー
  http://onoosamu.com/01_projects/02_literature/
  作品No.095 ガルシア=マルケス「百年の孤独」
  http://onoosamu.com/01_projects/02_literature/books/095/
 ・ 世界最高の文学 100 by ノルウェー・ブック・クラブ
  https://en.wikipedia.org/wiki/Bokklubben_World_Library
 ムー
 ★Twitter
  https://twitter.com/MouLitera
 ★音楽活動チャンネル
  https://www.youtube.com/user/onoosamu/
 ★フランス語チャンネル
  https://www.youtube.com/user/majitsukafr
 ★Instagram
  https://www.instagram.com/muumuu1981/followers/
===========================
このYouTubeチャンネルは…
===========================
 こんにちは、 文学YouTuber の ムー です。
 「 文学って何? 」この疑問に答えるために
 まず、名作として語り継がれてきた歴代の 文学作品 の中から、
 特に評判の高いものを(私の独断も交えつつ)
 厳選して100冊に絞り込みました。
 http://onoosamu.com/01_projects/02_literature/
 そして、それら1つ1つを丁寧に動画で語っていくことによって、
 間接的に「 文学 の全体像の輪郭」を徐々に浮かび上がらせていく。
 そう、このチャンネルへ動画を投稿し続けること自体が
 私、 ムー 自身が 文学 への理解度や知識を深め整理していき、
 結果的にそれが「 文学とは何なのか 」を、
 考察していく行為そのものになっている。
 そんな壮大なプロジェクトが、このチャンネルの実態です。
 一緒に 文学 の冒険を楽しみましょう。
 ★チャンネル登録はこちらのリンクから★
 https://www.youtube.com/c/mouxx?sub_confirmation=1
===========================
動画内の楽曲は ムー のオリジナル作品です
===========================
 ・オープニングのジングル (ピアノ by ムー )
 ・The Theme of the Poetry Circus
文学YouTuber 文学ユーチューバー ガルシア=マルケス

都市伝説 つめ込み過ぎ 文学 ! ソーセージ並に売れた マジックリアリズム の 大ヒット作 | ガルシア=マルケス / 百年の孤独 (1/6)【 文学YouTuber ムー の 文学マップ #095】

ガルシア マルケス 2


ガルシア マルケス 2

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.