Chuyển tới nội dung
Home » マーク・ロスコ | マーク・ロスコ

マーク・ロスコ | マーク・ロスコ

マーク・ロスコ


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูเพิ่มเติม

マーク・ロスコ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=78023 / CC BY SA 3.0
アメリカ合衆国の画家
ラトビアの画家
東欧ユダヤ系アメリカ人
ロシア帝国のユダヤ人
ヴィテプスク県出身の人物
ダウガフピルス出身の人物
1903年生
1970年没
自殺した人物
マーク・ロスコ
マーク・ロスコ(Mark Rothko, 本名 Markus Rotkovich(), 1903年9月25日 1970年2月25日)は、ロシア系ユダヤ人のアメリカの画家。ジャクソン・ポロック、バーネット・ニューマン、ウィレム・デ・クーニングらとともに、抽象表現主義の代表的な画家である。
1903年、当時ロシア帝国領だったラトビアのドヴィンスクにユダヤ系の両親のもとに生まれた。彼の父ヤコブ・ロスコビッチは薬剤師で知識人だったため、彼のこどもたちに宗教よりも政治や社会について教えた。ロシアではユダヤ人に対する偏見から非難や迫害があり、幼少期のロスコもまた、そのような環境に対して恐れをいだいていた。
父ヤコブ・ロスコウィッツの収入は決して高いものではなかったが、家族は非常に優れた教育を受けていた(ロスコの妹は当時を思い出し、「私たちは本を読む家族だった」と語っている)。
ロスコ自身もロシア語の他にイディッシュ語、ヘブライ語を話すことが出来た。ロスコがまだ幼い頃、父は正統派ユダヤ教に改宗し、その影響から兄弟の中で一番末の子だったロスコは、他の年上の兄弟が公共の教育をうける中、5歳の頃からヘデルへ通いタルムードについて学んだ。
1903年から1906年にかけ反ユダヤ襲撃ポグロムが盛んとなり、また、ヤコブ・ロスコウィッツは彼の息子がロシア帝国陸軍に招集されることを恐れていたため、アメリカへ移住することを決意する。マークと母、そして姉のソニアはまだロシアに残っていた。1910年に父が父の兄を頼って単身で渡米し、その2年後長男モイーズと次男アルバートが続いて渡米をする。その数か月後1913年の冬にエリス島に到着し、父と兄たちがいるアメリカ合衆国オレゴン州ポートランドに移住した。エリス島からポートランドへ向かう汽車のなか、彼ら3人は胸に「われわれは英語がしゃべれません」というバッジをつけていたという。
父ヤコブは1914年3月に結腸癌で死に、家族は経済的な基盤を失うことになる。姉ソニアはレジのオペレーターをし、マーク自身も叔父の倉庫の一つで働きながら、新聞売りをしていた。進学したリンカーン高校では文学、哲学、社会学などに興味を示す一方、ギリシャ神話にも親しむようになる。1921年6月にポートランドのリンカーンハイスクールにて優秀な成績をおさめる。マークは、4つ目の言語である英語を学び同時にユダヤ人コミュニティーセンターで積極的な活動メンバーの一人となり、政治的議論を得意としていた。マークは父のように、労働者の権利や女性の権利などの問題について情熱を注いだ。彼は活動家のエマ・ゴールドマンの講演を聴きに西海岸のレクチャーツアーに参加した一人でもある。
1921年に奨学金を得てイェール大学へ進学する。大学では心理学を学び、ゆくゆくは法律家かエンジニアを目指していた。しかし新入生の終わりに奨学金の更新が出来なかったためウェイターや配達員をしながら勉強をしていた。マークは、イェールの学生の多くがエリート主義で差別主義者であることを知り、彼と彼の友人アーロン・ディレクターは学校の古風なしきたりやブルジョア趣味を風刺する風刺雑誌『イェール・サタデー・イブニング・ペスト』を発行する。いずれにしても、マークの性格は勤勉な学生よりも常に独学の人であった。ある学生が当時のマークについて「彼はほとんど勉強をしていないように見えたが、熱心な読書家だった」と語っている。2年の終わり1923年に彼は中退し、46年後に名誉学位を授与されるまで戻ることはなかった。
1923年秋にニューヨークガーメント地区に移住する。ロスコ本人によると、彼は友人を訪ねるためアート・スチューデンツ・リーグを訪れた際、ヌードデッサンのようすを見て美術の世界に入ることを決心したという。だが2か月程で辞め、ポートランドに帰省。ジョゼフィーン・ディロンが主宰する劇団で役者の修行をする。同じ劇団にはクラーク・ゲーブルが所属していた。
1925年再びニューヨークに移り、パーソンズ美術大学に入学してグラフィック・デザインを学んだ。その時の彼の指導講師の一人は画家のアーシル・ゴーキーだった。ゴーキーの威圧的な性格を考えると、二人はあまり親しくなったとは考えにくいが、おそらくこれがロスコにとって前衛との初めての出会いであった(ロ…

マーク・ロスコ

赤 青 黄色 ピエト・モンドリアンの色面で描く抽象絵画【アート解説・考察】


ピーター・コーネリス“ピエト”モンドリアン(1872年3月7日1944年2月1日)はオランダの画家。テオ・ファン・ドゥースブルフが立ち上げた前衛運動「デ・ステイル」の創立メンバー。その後「新造形主義」という抽象的な絵画の発展に貢献。白地の上に黒い垂直線と水平線のグリッド模様と3原色で構成された絵画《コンポジション》が代表作。https://www.artpedia.asia/pietmondrian/

【モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて】2021.03.23(火) 06.06(日)
モンドリアン(18721944)の生誕150年を記念し、オランダのハーグ市立美術館所蔵の作品50点、及び国内外美術館から借用する作品と関連作家作品約20点を展示します。日本では23年ぶりの開催です。https://www.sompomuseum.org/exhibitions/next

関連動画:
作曲するように絵を描く ワシリーカンディンスキー vol.02【アート解説・考察】 https://youtu.be/eSNVxKF8Nj4
自由に創作するということ 20世紀最大の天才画家パブロ・ピカソ【アート解説・考察】 https://youtu.be/YG1moOGn5Q
人間の感情を表現する カラーフィールド系抽象表現主義の画家 マーク・ロスコ【アート解説・考察】 https://youtu.be/oMVZ80dcc3w
極限まで削ぎ落とし ありのままを観る ミニマルアート【アート解説・考察】 https://youtu.be/2ifqQeobbc
_________________________________
Exportion
Yuki Izumi
https://twitter.com/yukiyukiizumi
http://exportion.org/yukiizumi/
Takahisa Hirao
https://twitter.com/takahisahirao
http://exportion.org/takahisahirao/
Exportion Official
http://exportion.org/
Twitter
https://twitter.com/expt_official
spotify:
https://open.spotify.com/artist/0brCtEXtI0eniWvODW8s2q?si=dxmvuGtcSUmzwCzRKlvJ0w
Apple Music:
https://music.apple.com/jp/artist/exportion/1198828686
Bandcamp:
https://exportion77.bandcamp.com/
映像作品/MV
https://www.youtube.com/channel/UC058yPc88N61k1wIrhleew
仕事のご依頼/Job Request
http://exportion.org/workoffer/
sound:Exportion
アート系youtuber
アート
美術

赤 青 黄色 ピエト・モンドリアンの色面で描く抽象絵画【アート解説・考察】

マーク・ロスコ(Mark Rothko)作品集


マーク・ロスコ(Mark Rothko, 本名 Markus Rotkovich(ロシア語: Ма́ркус Я́ковлевич Ротко́вич 1903年9月25日 1970年2月25日)
音楽はDEBUSSY
”Prelude to The Afternoon of a Faun”
ダウンロード
https://archive.org/details/DEBUSSYPreludeToTheAfternoonOfAFaunNEWTRANSFER
Usage AttributionNoncommercialShare Alike 3.0

マーク・ロスコ(Mark Rothko)作品集

Mark Rothko at Tate Modern | TateShots


In 2008/09 Tate Modern presented an exhibition of the late works of Mark Rothko. The show’s curator, Achim BorchardrtHume, takes us on a tour featuring the iconic Seagram Murals, BlackForm paintings, and the Black on Grey paintings the last series made before Rothko’s death in 1970.
We find out how much importance Rothko placed on the way his work was displayed, and why these mysterious rectangles of layered pigment hold such enduring appeal.
Find out more about Mark Rothko: https://goo.gl/8K3NMn

Mark Rothko at Tate Modern | TateShots

マーク・ロスコ【Art Encyclopedia #10】


アート百科事典10
カラーフィールドペインティングで有名であり抽象表現画家の代表とも呼ばれている、マーク・ロスコです
見る人の感情に強烈なインパクトを残す作品を数多く発表しているマーク・ロスコの生い立ちや作品解説を端的に紹介します
抽象表現はなかなか作品を見ても理解し難いものがあるイメージを持っている方もいると思いますが、眉を潜めながら見るアートはあまり面白くありません。感じたままに受け取るのが一番の楽しみ方だと思います

マーク・ロスコ【Art Encyclopedia #10】

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.