Chuyển tới nội dung
Home » 世界チャンピオン4人が語る井上尚弥の凄さ【質問コーナー】 | ボクシング 原田

世界チャンピオン4人が語る井上尚弥の凄さ【質問コーナー】 | ボクシング 原田

世界チャンピオン4人が語る井上尚弥の凄さ【質問コーナー】


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

◆京口紘人 公式LINE開設しました!
https://lin.ee/2UazBkM
SNSで京口紘人のプライベートな発信してます!フォローよろしく!
▼TikTok
https://vt.tiktok.com/U9vyTS/
▼Instagram
https://www.instagram.com/hiroto.kyoguchi_official/
▼Twitter
https://twitter.com/HirotoK1127
◆コメントは運営が管理しています
【制作チーム】
https://mashimashi.jp/
ボクシング世界チャンピオン
【目次】
00:26 ボクシングの魅力とは?
02:40 試合前の心境は?
02:58 京口選手との試合があったらどう戦うか?
04:26 昔と今のボクシング界の変化は?
08:25 歴代王者で1番強いと思うのは誰?
10:10 もし自分が井上選手と同時期に選手だったら?
12:34 強い選手と戦うときの気持ちは?
14:19 チャンピオンのセカンドキャリアは?
15:39 ボクシングのセンスがある人はどんな人?
18:04 まさかの腕相撲対決w

世界チャンピオン4人が語る井上尚弥の凄さ【質問コーナー】

【心霊事故の回避祈願】悪運斬りの儀式【最強パワースポットから東北心霊の旅が始まる】


座敷童の「みやこ」との心霊ツアーが始まります。今回向かうのは、勝負の神様として有名な「秋保(あきう)神社」。阿部さんの”抜刀神事悪運斬り”必見です!
ーーーーー
▶降魔師 阿部吉宏さんへのお問い合わせはこちら↓
占い・霊視鑑定『新月』Shungetsu
https://hmy6080.wixsite.com/site2
ーーーーー
どうも、ニンゲン原田龍二です。いよいよ、座敷わらしのみやこを連れての東北心霊旅へ出発しました。
心霊スポットへ行く前に、勝負の神として祀られている、秋保(あきう)神社へ。そこで今回の旅の安全と、ニンゲンTVの成功を祈願してきました。
阿部さんの抜刀は、何度見てもカッコよかったです!
ぜひ、最後までご覧ください!
ーーーーー
0:00 前回の振り返り
1:04 東北心霊旅へ出発
3:17 タクシーが神隠しに?
3:40 秋保神社とは
7:10 阿部さんが今まで育てた座敷わらし
9:05 秋保神社に到着
11:47 阿部さんの抜刀
13:43 絵馬を書く
ーーーー
▶募集中!
見たいもの、見たい企画があったら、どんどんコメントよろしくお願いします!ぜんぶ読みます、たくさん送ってくれると嬉しいです!

▶新型コロナウイルス関連でお困りの旅館・観光業の方!
原田にできることあればメールください!何でもします!
[email protected]

▶タイアップ・コラボ等のお問い合わせはこちらまで
https://forms.gle/siv5cE73FahZxNPg9
原田龍二 原田龍二のニンゲンTV 阿部吉宏 座敷童子みやこ 秋保神社

【心霊事故の回避祈願】悪運斬りの儀式【最強パワースポットから東北心霊の旅が始まる】

ファイティング原田さん、ミニインタビュー Fighting Harada talks about Eder Jofre.


2020年7月15日
横浜市都築区中川12018
ファイティング原田ボクシングジムにて
聞き手 石井彰英 撮影補佐 屋良とものぶ

ファイティング原田さん、ミニインタビュー Fighting Harada talks about Eder Jofre.

ダニエル・サラゴサvs原田剛志 WBC世界J・フェザー級タイトルマッチ


1996年7月20日 大阪府立体育会館
テレビの視聴率2.4%と世界戦ワーストを記録したとか、ある種貴重な(?)録画が残ってました。サラゴサは日本ではずいぶんお馴染みなんですけどね。

ダニエル・サラゴサvs原田剛志 WBC世界J・フェザー級タイトルマッチ

『日本最強のチャンピオン ファイティング原田』世界フライ~バンタム~フェザー級タイトルマッチ


ファイティング原田氏の栄誉を称え、リングネームである「ファイティング」はJBCで欠名扱いで現役選手が名乗る事は現在不可能となっている。
(以下、Wikipediaより)
1960年2月21日、4回TKO勝ちでプロデビュー。
1960年12月24日、東日本新人王決勝戦。やはりKOパンチャーとして売出し中の海老原博幸(金平)と対戦。序盤は原田のラッシュに、海老原が2度のダウンを喫したが、終盤には、海老原が後に「カミソリ・パンチ」と言われた左を再三ヒットして反撃、原田は何とか耐え抜き6回判定勝ち。この対戦は、後の世界王者同士の対決として、新人王戦史上に残る名勝負と言われている。
1962年5月3日、ノンタイトル10回戦に判定勝ち。デビュー以来25連勝を達成。海老原博幸、青木勝利とともに次代のホープとして「フライ級三羽烏」と称された。
1962年10月10日、世界フライ級王座に初挑戦。ポーン・キングピッチ(タイ)を11回2分50秒KOで破り、19歳で世界王座を獲得した。(ポーン・キングピッチ 対 ファイティング原田戦)
1963年1月12日、ポーンとの再戦に判定で敗れ王座陥落、バンタム級に転向。
1963年9月26日、ノンタイトル10回戦で世界3位の強豪・ジョー・メデル(メキシコ)に6回TKO負け。
1964年10月29日、ノンタイトル10回戦で東洋王者・青木勝利に3回KO勝ちし、世界再挑戦への道を開く。
1965年5月18日、世界バンタム級王座に挑戦。「黄金のバンタム」エデル・ジョフレ(ブラジル)に15回判定勝ちし、王座奪取。
1965年7月28日、世界タイトル獲得後の最初の試合。世界バンタム級8位斎藤勝男(暁)とのノンタイトル戦で12回判定勝ち。原田は減量苦で動きが鈍く、スピーディな斎藤に苦戦し、11回を終えたところでほぼポイントは互角。しかし、最終12回にロープ際に後退しながら右アッパーをカウンターしてダウンを奪い、そのポイントがモノを言った。
1965年11月30日、初防衛戦。リヴァプール出身のアラン・ラドキン(イギリス)を15回判定で破る。
1966年5月31日、2度目の防衛戦。前王者ジョフレを15回判定で下し防衛成功。
1967年1月3日、3度目の防衛戦。かつてKO負けしたジョー・メデルとの再戦となるこの試合、前回メデルのカウンター攻撃に倒された原田は、足を使って、メデルのカウンターの射程圏外に出て、攻勢時には、身体を密着させてラッシュし、カウンターを封じた。原田の一方的なポイントリードで迎えた最終15回、メデルの左フックのカウンターが遂に命中し、一瞬ふらりとしたが、クリンチで何とか逃げ切り王座防衛。
1967年7月4日、4度目の防衛戦。ベルナルド・カラバロ(コロンビア)を15回判定で下し王座防衛。
1968年2月27日、5度目の防衛戦。当時19歳の無名挑戦者ライオネル・ローズ(オーストラリア)に15回判定負けし王座陥落。バンタム級でも原田の減量苦は限界を超し始めており、以降フェザー級に転向。
1969年7月28日、WBCフェザー級王座に敵地シドニーで挑戦。王者・ジョニー・ファメション(オーストラリア)から3度ダウンを奪ったにもかかわらず15回判定負け。リングサイドで観戦していたライオネル・ローズも認める露骨な地元判定であった。
1970年1月6日、東京都体育館にてファメションに再挑戦するが14回1分9秒KO負け。この試合を最後に引退した。

『日本最強のチャンピオン ファイティング原田』世界フライ~バンタム~フェザー級タイトルマッチ

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.