Chuyển tới nội dung
Home » 今、世界の創価学会が熱い!(043) | 三船敏郎 創価学会

今、世界の創価学会が熱い!(043) | 三船敏郎 創価学会

今、世界の創価学会が熱い!(043)


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

Buddhability.org https://buddhability.org
【ご注意】
 当チャンネルは、一創価学会員の「個人的な見解」を述べている箇所がありますので、誤った解釈をしていることは十分に考えられます。
 決して鵜呑みにせず、創価学会公式サイト、公式に出されている出版物、解説書をご確認くださいますようお願い申し上げます。
ー英語で創価
I’m a member of SOKA gakkai, nichiren buddhism.
(My homepage): http://eigodesoka.blogspot.com/​
official site:
(Japanese) https://www.sokanet.jp/​
(English)
SGI internationalhttps://www.sgi.org/​
my recommendation(SGIUSA) https://www.sgiusa.org/​
​Buddhability
英語で創価​
世界の創価
BGM提供:
MusMus, OtoLogic

今、世界の創価学会が熱い!(043)

【仏教ものがたり】信心をつらぬいた四条金吾 | 創価学会公式


この物語は、鎌倉に住む日蓮大聖人の中心的門下であった「四条金吾」をモデルとした創作物語です。
四条金吾は、日蓮大聖人の門下として活躍し、多くの御書を頂いています。
文永8年の「竜の口の法難」の際には、殉死の覚悟で大聖人のお供をしました。また、法難の翌年には鎌倉の地から、佐渡に流罪となった大聖人の元を訪ねています。
主君を折伏したことにより、不興を買い、領地を没収されるなどしましたが、大聖人のご指導通りに信心に励み、全ての難を乗り越えます。

■創価学会公式サイトSOKAnet
https://www.sokanet.jp/
■SOKAnet公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC1GsBI4yJhQmWZpNuXDNg/videos
■SOKAnet公式Facebook
https://www.facebook.com/sokanet.jp

【仏教ものがたり】信心をつらぬいた四条金吾 | 創価学会公式

世界の創価、グローバル時代突入(045)


Soka Gakkai global 公式ホームページ→https://www.sokaglobal.org/
Soka Gakkai global 一発目の動画→https://youtu.be/6xx6975PyEA
Buddhability 公式ホームページ→https://buddhability.org/
【ご注意】
 当チャンネルは、一創価学会員の「個人的な見解」を述べている箇所がありますので、誤った解釈をしていることは十分に考えられます。
 決して鵜呑みにせず、創価学会公式サイト、公式に出されている出版物、解説書をご確認くださいますようお願い申し上げます。
ー英語で創価
I’m a member of SOKA gakkai, nichiren buddhism.
(My homepage): http://eigodesoka.blogspot.com/​
official site:
(Japanese) https://www.sokanet.jp/​
(English)
SGI internationalhttps://www.sgi.org/​
my recommendation(SGIUSA) https://www.sgiusa.org/​
​soka gakkai global
英語で創価​
buddhability
BGM提供:
MusMus, OtoLogic

世界の創価、グローバル時代突入(045)

大本営参謀は戦後何と戦ったのか?早稲田大学有馬哲夫先生に聞く一次資料で読み解く歴史の真実!|上念司チャンネル ニュースの虎側


特定団体の言論弾圧への抗議、是非協力、拡散よろしくお願います。この動画の拡散もよろしくお願います。有馬先生の著作も下記リストからぜひ。
https://chng.it/gVmpnRSkRV
「警察サイバー犯罪相談窓口: 早稲田大学有馬哲夫教授に対する特定団体による言論弾圧に抗議し、このような犯罪にたいする警察の速やかな対処を求め、このような犯罪の厳罰化のための法改正を求めましょう。」
大本営参謀は戦後何と戦ったのか(新潮新書)有馬 哲夫 (著)
https://amzn.to/2YHcqER
原爆 私たちは何も知らなかった(新潮新書)有馬哲夫 (著)
https://amzn.to/3lA73k9
上念司の新刊です。
『日本分断計画~ 中国共産党の仕掛ける保守分裂と選挙介入~』(ビジネス社)
https://amzn.to/3yhO55u
八重洲イブニングラボ
https://yelab.cdpf.net/home
ジョネトラダムス経営塾
https://keieisha.cdpf.net/
れいわ民間防衛 (飛鳥新社)
https://amzn.to/36xjhSf
誰も教えてくれなかった 金持ちになるための濃ゆい理論(扶桑社)
https://amzn.to/3hCHmNV
『経済で読み解く日本史(飛鳥新社)』第6巻
https://amzn.to/3kcctS5
月々8000円(税別)で通い放題!格闘技のメソッドで健康的に美しく痩せる!全営業時間対応オンラインレッスンもアリ!
ファイトフィット渋谷
宮益坂 https://tkdj.net/dojo/shibuya2/
宇田川町 https://tkdj.net/dojo/shibuya3/
ファイトフィット池袋
西口 https://tkdj.net/dojo/ikebukuro/
東口 https://tkdj.net/dojo/ikebukuro2/
ファイトフィット新宿
西口 https://tkdj.net/dojo/shinnjuku/
東口 https://tkdj.net/dojo/shinnjuku3/
ファイトフィット秋葉原
1号店 https://tkdj.net/dojo/akihabara/
2号店 https://tkdj.net/dojo/akihabara2/
ファイトフィット戸塚
https://tkdj.net/dojo/totsuka/
ファイトフィット綱島
https://tkdj.net/dojo/tsunashima/
ファイトフィット本厚木
https://tkdj.net/dojo/honatsugi/
Tシャツが欲しい人はこちら
個別の一万人ハブ電脳ショップ
https://suzuri.jp/tsukasajonen
上念司

大本営参謀は戦後何と戦ったのか?早稲田大学有馬哲夫先生に聞く一次資料で読み解く歴史の真実!|上念司チャンネル ニュースの虎側

【ダイジェスト】玉野和志氏:創価学会が公明党を見限る日は来るか


http://www.videonews.com/marugekitalk/756/
Vimeoで購入する▶https://vimeo.com/ondemand/marugeki756
マル激トーク・オン・ディマンド 第756回(2015年10月03日)
 平和を最大の理念に掲げる創価学会は、集団的自衛権の片棒まで担いでしまった公明党をどこまで支え続けるつもりなのだろうか。
 先の国会で、違憲の烙印を押されながらも採決を強行して可決した安保関連法は、公明党こそが最大の功労者だったといっても過言ではない。自民党は参院では単独で過半数を持たない。また、参院が採決をしなかった場合に衆院が再議決できる60日ルールを適用した場合も、自民党は公明党の議席を合わせなければ衆議院で3分の2の議席を確保できない。どっちにしても安保関連法は公明党の全面協力なしでは成り立たない法案だった。
 しかし、戦後政策の最大の転換と言っても過言ではない、集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈の変更を公明党が率先して行ったことについて、平和を最上級の理念に掲げる創価学会は、どう考えているのだろうか。
 どんなに反対があろうとも、憲法学者からことごどく違憲と断罪されようとも、公明党は安倍政権と一体となって安保法制の可決に向けて邁進してきた。しかし、これに対して支持母体の創価学会の中から、この法制に反対する声が上がり始めた。学会員から法案に反対する署名を9000筆以上集め、公明党に提出した学会員もいた。また、創価学会系列の創価大学・創価女子短期大学の教員らからも、法案を批判する声明が発表になった。最近は安保法制に対する抗議集会やデモの参加者の中に、創価学会の赤、黄、青の三色旗を振る人が見られることも珍しくなくなっている。
 著書『創価学会の研究』の著者で社会学者として創価学会を研究してきた首都大学東京の玉野和志教授は、今回の学会内で安保法制への反対の動きがあることについて、「もっと早く起きていてもおかしくないことだ」と言う。創価学会が、とりわけ婦人部が平和に対する強い思いを持っていることは周知の事実だ。また、創価学会という団体は一枚岩の組織であるという一般のイメージとは異なり、組織内部で上層部への批判などは日常的に行われている体質を持っていると玉野氏は言う。
 しかし、それにしても今回の安保法制は平和を最大の理念に掲げる公明党や創価学会のアイデンティティの根幹に関わる問題ではないのか。
 確かに公明党は平和の理念を掲げ、政策的にも伝統的には中道左派に位置する政党だ。しかし、日本の安全保障上重要な意味を持つ政策変更はほとんどすべて、公明党が自民党と連立した1990年代以降、1992年のPKO協力法を皮切りに、周辺事態法もイラク特措法も特定秘密保護法も、いずれも公明党が成立を可能にした法律だった。・・・・
 安保法制をきっかけに表面化した創価学会と公明党の間の微妙な関係は今後どうなっていくのか。創価学会が公明党を見限る日は来るのか。そもそも創価学会の影響力は今後も続いていくのか、創価学会の歴史を参照しながら、創価学会の現在の状況や公明党との関係、自民党の連立政権による功罪などについて、ゲストの玉野和志氏とともに、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司が議論した。

【ダイジェスト】玉野和志氏:創価学会が公明党を見限る日は来るか

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.