Chuyển tới nội dung
Home » 小樽運河 都はるみ 35 1999’ UPL-0034 | 小樽 みやこ どり

小樽運河 都はるみ 35 1999’ UPL-0034 | 小樽 みやこ どり

小樽運河 都はるみ 35 1999’ UPL-0034


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูเพิ่มเติม

小樽運河 都はるみ 35  1999' UPL-0034

カメラが捉えた衝撃の船舶事故30選!


カメラが捉えた衝撃の船舶事故30選!
申し込む: https://goo.gl/ZDQAG6
선박 난파는 기계 오작동, 강력한 폭풍, 사람의 실수, 혹은 누군가의 어리석음 때문에 발생합니다. 이 비디오에서 우리는 30가지 큰 사고들을 보여드릴 겁니다. 그리고 많은 경우 선원들의 시선에서 영상을 보시게 될 겁니다.

カメラが捉えた衝撃の船舶事故30選!

2018中心市街地探訪131・・北海道小樽市


北海道西海岸のほぼ中央で後志地方の東側に位置し、面積243.83㎢、人口は117,137人(2018.8.31)。江戸時代、漁業を営む人々が住む集落が形成され、幕末の元治元年(1865年)に村並となり、この年を小樽の開基としている。明治13年(1880年)には「手宮札幌」間に北海道で最初の鉄道が開通し、1889年には小樽港が特別輸出港に指定された。明治32年(1899)年の北海道区制施行で小樽区となり、大正11年(1922年)には道内6区とともに市制を施行し、その翌年には小樽運河が完成した。明治中期から昭和初期にかけては多くの銀行や商社が進出し、北海道経済の中心地となった時期もあり、昭和33年(1958年)には忍路郡塩谷村を編入して現在の市域となった。
静岡県からのアクセスは、静岡空港からFDAとJALとのコードシェア便で丘珠空港まで1時間45分。丘珠空港から空港連絡バスに乗り換え、JR札幌駅まで約30分。さらにJR函館本線に乗り換え、札幌から小樽まで「快速エアポート」で約35分。
中心市街地は、JR小樽駅の東側周辺のエリア。
ニシン漁から始まった小樽の産業の歴史は、北海道開拓の玄関口となったことから物資の集散地として栄え、小樽の穀物相場はロンドン相場に影響を与えるほどの経済力を持ち、北のウォール街には、当時の札幌や函館を上回る19の銀行が建ち並んでいた。しかし、戦後に入るとニシンの不漁や炭鉱の閉鎖などの影響から、銀行の相次ぐ撤退と産業構造の変化により都市は衰退してしまったが、今では北海道を代表する観光都市として生まれ変わった。商店街を歩くと、かつて営業していた百貨店は閉店し、人通りはまばらだったが、観光客向けの商店街は多くの人で賑わい、現存する旧銀行の建物が並ぶ北のウォール街は観光地となっている。線路が残っている旧国鉄手宮線の廃線跡も観光スポットとして人気があり、その線路の存在こそ遊歩道としての価値を生み出しているのではないかと思った。小樽の繁栄と衰退の歴史が、中心市街地の財産となっていた。
【JR小樽駅】02:13
函館本線が乗り入れ、1日当たりの乗車人員は9,055人(2016年度)。駅は2面4線の地上駅で、駅舎は東側、ホームは西側にあり、その4番線ホームには、幼少期を小樽で過ごし、昭和62年に亡くなった俳優「石原裕次郎」さんの記念オブジェが設置されている。改札口を出ると、切符売り場などの駅施設のほか、土産物店やカフェなどが入り、上野駅に似ているとも言われる三代目小樽駅は、昭和9年(1934年)に北海道初の鉄骨鉄筋コンクリート造りで建てられた駅舎で、2006年には国の登録有形文化財に指定された。
駅前広場にはタクシー乗り場と一般乗降用スペース、その南側には市内路線や札幌行きの高速バスが乗り入れる「中央バスのりば」がある。
【中央通り】03:42
小樽駅前から小樽運河までの東西約550m続く大通り。
【第一ビル商店街】03:53
地下1階から地上4階までを営業フロアとする商業施設で、専門店や飲食店、紀伊国屋書店のほか、クリニックやオフィスなども入っている。
【長崎屋小樽店】04:11
店舗面積12,150㎡、地下1階から地上4階までを営業フロアとする商業施設で、各種専門店から飲食店のほか、ドン・キホーテなどが入っている。
【小樽中央市場】04:31
戦後の引揚者によって結成され、1956年に完成した3棟からなる市場で、建物の1階は市場、2階と3階は住宅となっている。(訪問時は休業日)
【旧国鉄手宮線】05:05
明治13年(1880年)に北海道で最初の鉄道として開通した「手宮札幌」間を結ぶ当時の官営「幌内鉄道」が始まり。1909年の国有鉄道路線の名称制定に伴い、「手宮小樽(現在の南小樽)」間までが手宮線となり、昭和60年(1985年)の廃線まで営業していた。線路が残る現在のこの廃線跡は、小樽市総合博物館の手前から寿司屋通りまでの延長約1.6kmが遊歩道として整備され、小樽の観光スポットの一つとなっている。
【小樽市総合博物館】05:52
旧国鉄手宮線手宮駅の敷地に、平成19年(2007年)にオープンした博物館。場内には、蒸気機関車や客車、電車などの鉄道車両の展示のほか、機関庫や転車台などの鉄道施設が保存されている。
【運河公園】06:20
かつて日本郵船の船入澗のあった場所に造られた公園で、付近には、旧日本郵船株式会社小樽支店、旧日本郵船株式会社小樽支店残荷倉庫、旧日本石油株式会社倉庫、旧増田倉庫、旧右近倉庫など、明治から大正にかけて建てられた歴史的建造物が保存されている。
【旧日本郵船株式会社小樽支店】06:47
近世ヨーロッパ復興様式の石造2階建ての建築で、明治39年(1906年)に完成し、昭和44年(1969年)には国の重要文化財に指定された。
【小樽運河】07:22
海岸を埋め立てて出来た全長1,140mの運河で、大正12年(1923年)に完成した。中央通りから続く中央橋は「小樽運河クルーズ」の発着地で、その周辺にはカフェやレストランなどが入る旧倉庫が集まっている。
【小樽港観光船のりば】07:48
【小樽地方合同庁舎】07:53
【札幌法務局小樽支局】07:58
【運河プラザ】08:03
明治時代に建てられた旧小樽倉庫で、海産物の加工品など小樽の特産品の販売のほか、カフェや観光案内所が入っている。
【小樽都通り商店街】08:35
南北約310m続く全蓋式アーケードが設置された商店街で、専門店や飲食店など約70店が集まっている。
【小樽サンモール一番街】08:52
南北約170m続く全蓋式アーケードが設置された商店街で、その南側には百貨店の丸井今井小樽店が2005年10月まで営業していた。現在百貨店の跡地には、小樽掖済会病院が2015年12月に開院したが、商店街からの出入りはできない動線となっている。
【小樽寿司屋通り】09:22
東西約200mに「寿司の街・小樽」を代表する寿司屋が集まっている。
【小樽花園銀座商店街】09:35
南北約290m続く商店街。
【公園通り周辺(歓楽街)】09:45
【日銀通り】10:10
かつては多くの銀行や商社が集まる北のウォールストリートと呼ばれ、その通りには日本銀行旧小樽支店、旧三井物産小樽支店、旧北海道銀行本店、旧第一銀行小樽支店、旧北海道拓殖銀行小樽支店、旧三菱銀行小樽支店、その周辺には旧三井銀行小樽支店がある。
【日本銀行旧小樽支店金融資料館】10:40
明治45年(1912年)完成し、日銀本店や東京駅丸の内駅舎などを手掛けた辰野金吾やその弟子が設計した。2002年には日銀の支店としての営業は終了してしまうが、2003年に金融資料館として開館し、日銀の歴史や経済の仕組みなどを学べる施設となっている。
【小樽堺町通り商店街】11:13
南北約900mに、土産物店や寿司屋などの飲食店が軒を連ねるほか、歴史的建造物が点在する商店街。

2018中心市街地探訪131・・北海道小樽市

【小樽の銅像・胸像⑧】改訂版 波乱万丈の人生を生きた榎本武揚のお話です。


小樽の銅像・胸像を紹介いたします。
今回は函館の五稜郭で新政府軍と最後まで戦った武将 榎本武揚さんのお話
小樽に大変ゆかりのある人だったんですね
山川隆先生に解説していただきました。

●このチャンネルの【正福屋】って何?
https://youtu.be/qRk49gP3OQ
【小樽名物】ぱんじゅうの正福屋
正福屋は安心安全美味の小樽名物ぱんじゅうとベビーカステーラのお店です。
https://おたる.com/
住所:小樽市稲穂2丁目9番12号
営業時間:11:00 ~ 生地がなくなり次第終了
定休日:月曜日
アクセス:小樽駅より徒歩5分

【小樽の銅像・胸像⑧】改訂版 波乱万丈の人生を生きた榎本武揚のお話です。

小樽 札幌の人がたまに行く店 その1 local restaurant of OTARU part1 小樽当地居民前往的餐厅


伊勢鮨駅中店 です
正直、気軽に行けるから本店より好き

https://www.google.com/maps/place/%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E9%AE%A8%E9%A7%85%E4%B8%AD%E5%BA%97/@43.1980123,140.9937541,18.83z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x91a2b84e57ea3e46!8m2!3d43.1979705!4d140.9934892

小樽 札幌の人がたまに行く店 その1 local restaurant of OTARU part1 小樽当地居民前往的餐厅

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.