Chuyển tới nội dung
Home » 山口組離脱組織が幹部会合 神戸、対応協議か | 内ゲバ 意味

山口組離脱組織が幹部会合 神戸、対応協議か | 内ゲバ 意味

山口組離脱組織が幹部会合 神戸、対応協議か


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูเพิ่มเติม

国内最大の指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)から組長が絶縁処分を受け、離脱した暴力団「山健組」の神戸市中央区にある施設に4日午前、幹部らが集まった。捜査関係者によると、山健組は離脱派が近く結成する新組織の中心的な存在になる可能性が高いという。会合では今後の対応を協議したとみられ、兵庫県警が警戒に当たった。

山口組離脱組織が幹部会合 神戸、対応協議か

重信メイ、母・重信房子が逮捕された日について語る


重信メイ、足立正生/映画『革命の子どもたち』初日舞台挨拶
1960年代に女性革命家として名をはせた重信房子とウルリケ・マインホフ。2人の生き様をそれぞれの愛娘である重信メイとベティーナ・ロールの視点で追ったドキュメンタリー映画『革命の子どもたち』が7月5日に公開となり、テアトル新宿で行われた初日舞台挨拶に重信メイと、元日本赤軍メンバーで映画監督でもある足立正生(あだち・まさお)が登壇した。
この日、司会進行をつとめた本作の配給を手がける太秦の小林三四郎代表は、本作の上映劇場であるテアトル新宿が日本映画専門の映画館であることを明かすと、「アイルランドの監督(シェーン・オサリバン監督)だから、これは日本映画じゃないじゃないかと言われたので、メイさんは日本人で50%くらい出ているし、足立さんも5%くらい出演している。なので、これは日本映画だと押し切った」と劇場が決まるまでのエピソードを披露。最終的に、このドキュメンタリーの公開を熱望していた故・若松孝二監督が、この劇場をホームグランドにしていたこともあって、ようやく上映にこぎつけたと語った。
その後、司会の小林から質問。子どもの頃から生命の危険を肌で感じながら生活してきたことについて改めて聞かれたメイは「生まれたときからそういう状況で、突然、大人になって変わったわけではないので、ストレスのようなものはありませんでしたが、まわりの人とちょっと違うなというのは、いろいろと感じていました」とコメント。「大人の方と離れる度に、その人とは2度と会えないかもしれないという思いを持っていて、うちの母親も含めて『さようなら』って言うのがとても辛かった。でも、そういう風に生きないと、逆に生きていけないというのがありました」と過酷な日々を振り返った。
また当時は、何人ものお父さんがいるような暮らしだったそうで「ある人はおじさんみたいな感じだったり、ある人はお父さんみたいな感じだったり、大きい家族があるみたいでした」とメイ。
すると、そうした“お父さん”的存在の1人であった足立は「メイちゃんが生まれた後、国籍をどうするかっていう問題があって、メイちゃんの賢さを見た若松(孝二監督)が『よし決めた! 彼女は俺の娘にする。アラブの女性に生ませた子どもだと言えば通用するはずだから、連れて帰る!』」と言ったことを明かし、メイも「若松さんのことは、『若ちゃん』って呼んでいたんですけど、お父さんの1人のような方でした」と偲んでいた。
一方、メイは2000年11月に母・房子が逮捕されたときのことを尋ねられると「もちろん、逮捕されることはとても残念なことですし、私からすると無罪で、証拠もないまま20年独房に入れられるということも、不正義なことだと思います」とコメント。続けて「でも、今までの人生のなかで心配していた暗殺とか拷問がなかっただけホッとしました。逮捕という私がずっと怖れていたことが起こってしまった哀しさと、でも、殺されなかったという思いで複雑な心境でした」と話していた。
※元記事はこちら
https://www.moviecollection.jp/news/15525/
重信メイ重信房子日本赤軍

重信メイ、母・重信房子が逮捕された日について語る

30秒でわかる!衆院選解説 仕組み編~そもそもどうなってるんだっけ~


いまさら聞けない衆院選のあれこれをささっと解説。第2回は仕組みの話。衆院選ってそもそもどうなってるんだっけ…?30秒でお答えします。
https://www.asahi.com/articles/ASPBC5T20P9WULEI009.html
総選挙 衆院選 小選挙区 比例代表 解散 小選挙区比例代表並立制 復活当選

30秒でわかる!衆院選解説 仕組み編~そもそもどうなってるんだっけ~

中核派拠点捜索 最高指導者の姿も(2020年10月16日)


うその住所で、
新型コロナウイルス対策の給付金を申請したなどとして、
過激派「中核派」の活動家が逮捕された事件で、
警視庁は、東京・江戸川区にある
中核派の拠点「前進社」に家宅捜索に入りました。
藤田記者
「中核派のメンバーとみられる男性が出てきました。
 警察官と押し問答となっています」
中核派の活動家は
捜査員らに消毒と検温を求め、
一時、激しい口論となる場面もみられました。
藤田記者
「検温を終えた捜査員が1人ずつ家宅捜索に入っていきます」
また警視庁によりますと、
先月、およそ50年ぶりに姿を見せた
最高指導者の清水丈夫議長が、
きょうの捜索の際に施設内で確認された
ということです。
警視庁が組織の実態解明を進めています。
#警視庁#前進社#家宅捜索#清水丈夫#前進社最高指導者

中核派拠点捜索 最高指導者の姿も(2020年10月16日)

警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは


かつて多数のテロ・ゲリラ事件に関与し、犠牲者を出してきた過激派組織「中核派」。今も暴力を辞さない共産主義革命を唱え、警察当局の監視対象となっている。組織の活動家が共同で生活を送る拠点(アジト)が東京都内にある。秘密のベールに包まれた活動の一端を知ろうと取材を申し込み、案内を受けながら中に入った。【撮影・後藤由耶】2021年1月23日公開

警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.