Chuyển tới nội dung
Home » 悪魔の踊り方 / こんにちは谷田さん feat. 鏡音リン – Devil’s Manner / Rin Kagamine | 塩の行進

悪魔の踊り方 / こんにちは谷田さん feat. 鏡音リン – Devil’s Manner / Rin Kagamine | 塩の行進

悪魔の踊り方 / こんにちは谷田さん feat. 鏡音リン – Devil’s Manner / Rin Kagamine


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

“こんにちは谷田さん 悪魔の踊り方”
音楽:こんにちは谷田さん
動画:イノウエコスモ
タイトルロゴ:井上絢名(RIBBON)

悪魔の踊り方

感情なんてもんはどうしても無駄だって悪魔は言った
「何もかも捨てちまえよ」
嗚呼、快不快も、喜怒哀楽さえも!
どうしようもない事実、ヒトは終焉から逃れられない
「誰も抗えない欲望に従え」
思考を休めるな 脳ミソを回せ
「誰もお前のことなど見ちゃいないさ」
おかしくなってしまうことをどうして恥じる?
お前らに完璧で間違った踊り方を教えてやるから
いっせーので捨てちまえ、そんな命ならば
何十何百何千何万回学習しなさいな
どうしたってさ、空っぽの頭蓋骨だろ
わかっているのかい?
感情なんていつ何時でも邪魔だって悪魔は言った
「反論の余地などない」
嗚呼、人生に意味を与えておくれ!
420でさえも救えない終焉があると知った
「誰も疑わない神様を疑え」
思考を休めるな 脳ミソを回せ
「誰もお前のことなど見ちゃいないさ」
躊躇っている数秒の無益さを知れ
お前らに完璧で間違った踊り方を教えてやるから
いっせーので捨てちまえ、そんな命ならば
何十何百何千何万回学習しなさいな
どうしたってさ、頭ん中空っぽなこと
わかっていないようだ
承認欲にレイプされ、死んだ花をぶら下げている女
何かを愛すことすら、ままならないまま餌を待つだけ
踊り方を知らない、芸術の価値などわからないやつらに
堕落していれば 何も見えないまま
真善美に背いた踊り方を教えてやるから
いっせーので狂っちまえ、惨めな姿で
何十何百何千何万何億人の中でさぁ、
そうして埋もれていたっていいと
どうして言えるのだろう?
ねぇ、世界が患っている狂信は
健常者でさえ目が眩むような光を放っている
今夜、悪魔がお前らにこう云うぜ
「神とやらに惑わされるなよ」

悪魔の踊り方 / こんにちは谷田さん feat. 鏡音リン - Devil's Manner / Rin Kagamine

21世紀への伝言1/5【非暴力・不服従】ガンジーとキング牧師


藤村賢志が全身全霊を賭けて制作した\r
デビュー作にして代表作\r
2000年2月6日放送\r
\r
学校教育の現場や様々な非暴力のワークショップで \r
この作品が活用されています

21世紀への伝言1/5【非暴力・不服従】ガンジーとキング牧師

塩の行進


塩の行進, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=882165 / CC BY SA 3.0
非暴力
直接行動
インドの政治
1930年のイギリス領インド帝国
グジャラート州の歴史
1930年3月
1930年4月
塩化ナトリウム
マハトマ・ガンディー
塩の行進
塩の行進(しおのこうしん、Salt March / Dandi Satyagraha)とは、1930年にマハトマ・ガンディー並びに彼の支持者がイギリス植民地政府による塩の専売に反対し、製塩の為にグジャラート州アフマダーバードから同州南部ダーンディー海岸までの約386kmを行進した抗議行動のことである。この行進は3月12日から4月6日まで続き、インドのイギリスからの独立運動における重要な転換点となった。
1929年12月31日夜、インド国民会議はラーホールのの土手で独立の旗を掲揚した。ガンディーや、ジャワハルラール・ネルーが率いるインド国民会議は1930年1月26日に完全に独立する((インド完全独立))ことを決議した。国民会議はにおいて市民的不服従を勧める責任があると発表した。この運動はまたヒンドゥー教徒とイスラム教徒を一つにまとめるために、宗教的な色彩を排除することが必要だった。
ガンディーは非暴力市民的不服従運動があらゆる一連の抗議の基礎であると確信していた。彼の基本的な考え方の一つであるサッティヤーグラハはただの「受身の抵抗」以上のものを意味していた。サッティヤーグラハはサンスクリットの言葉、アーグラハ(Agraha:説得)とサッティヤ(Satya:真実)を統合したものであった。ガンディーにとって、サッティヤーグラハを推進することが非暴力運動の強さの元になるということが重要であった。ガンディーの言葉の中に、以下のようなものがある。
2月初旬、ガンディーの関心はイギリスの塩の専売制度に向けられた。塩の専売制度は英国植民地支配を支える収入源だった。ガンディーは塩の専売制度を、非暴力による政治抗議の中心点とした。インドにおけるイギリスの塩の専売制度が意味するところはイギリス政府以外で塩を作ったり売ったりする者は法によって裁かれ、刑に処されるものであった。塩は海岸地域で簡単に労働者によって作られるものであるにもかかわらず、労働者は金を支払わざるを得ないものだった。ガンディーの選択は地域、階層、宗教、人種的な境界を越えて訴えるという重要な基準に適った。誰もが塩を必要としイギリスの塩への専売は全インド中に衝撃を与えた。どの小作人もどの貴族階級も日常生活において塩がどれだけ重要か認識していたので、インド人に対し不公平なものである塩の専売制度に対する抗議は巧妙な選択だった。また塩の専売制度に対する抗議は良い選択だった。というのも同時に塩の専売制度に対する抗議が大衆を動かすのに十分な力を発揮しているという意味で、国民会議中道派を疎外することはなかったからである。2月5日の新聞は、ガンディーが塩税に抗議するために市民的不服従運動を始めようとしていることを報じた。
法を破ることなく塩の専売制度を改めるよう努力するために1930年3月2日、ガンディーはインド総督のアーウィン卿に完全独立を要求せず11項目の要求を提出し以下の手紙を書いた。
アーウィン卿はこの手紙に答えなかった。そこで1930年3月12日、ガンディーと約78人のサッティヤーグラハの支持者は徒歩でグジャラート州のダンディー海岸の村に向けて出発した。にあるスタート地点から240マイル(約380km)離れたところであった。23日の経過の間に4つの県と48の村を通り、路上では人々の支援を受けた。行進の間、数千のサッティヤーグラハの人々や女流詩人のがガンディーに加わった。
4月5日、海岸に到着するとAssociated Press社のリポーターのインタビューにガンディーは以下のように応じた。
翌日の朝、ガンディーは泥と塩の塊を掲げ「これ(訳者注:泥と塩の塊)で、私は大英帝国の土台を揺るがしたのだ」と言った。その後、ガンディーはインド人が合法的に生産できない塩を作るためにそれを煮始めた。ガンディーは数千の支持者に海岸のどこでも便利で落ち着ける所で塩を作り始めようと訴えた。
塩の行進は全インド中に同様の非暴力不服従運動を及ぼした。塩の専売制度を巡る非暴力の「戦い」は4月13日まで続いた。同時に英国製の服や商品の不買運動がおきた。インドの海岸のいたるところで塩が「非合法的に」販売された。ガンディーが作った最初の塩は1600ルピー(当時の750ドルに相当)で売られた。塩の行進の反応の中で英国政府は4月末までに6000人以上の人々を投獄した。
ペシ…

塩の行進

塩の行進


塩の行進

[Eng CC] March of Steel Torrent / 钢铁洪流进行曲 [Chinese Military Song]


This song was made for a China 70th Anniversary Military Parade.

[Eng CC] March of Steel Torrent / 钢铁洪流进行曲 [Chinese Military Song]

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.