Chuyển tới nội dung
Home » 抜刀隊 | 陸軍 士官 学校 校歌

抜刀隊 | 陸軍 士官 学校 校歌

抜刀隊


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูเพิ่มเติม

以前コメント欄にも説明させていただきましたが、ご覧いただいている方々の中には実際の映像の当時の音と思われる方もいらっしゃいますが、この映像と音とは別の物です。陸軍軍楽隊の行進映像の一部分のコピー貼り付けの連続と、抜刀隊のBGMで左足よりいちに、いちにと歩調と、映像の速度に音の速度を変えて合わせたものでございまして、映像に使いました動画は日本ニュース90号👇

https://youtu.be/2mxibqqXEo4

の昭和17年戦捷祝賀行進の模様に、30年前ぐらいの録音音源を軍楽隊の歩調に合わせて作ったもので、曲名はシャルル.ルルー作曲の「抜刀隊」という行進曲です。ユニオンポップスブラスバンドという楽団の演奏によるステレオ録音です。このバンドについては詳細は解りません。私が20代のころはじめてこの音源を聴き感動し、59歳の今になってもお気に入りの演奏です。これは傷だらけのレコードLp2枚組テイチク原盤の日本軍歌大全集ユニオンポップスブラスバンド演奏)を知人にNAKAMICHIのカセットデッキでテープに録音してもらい、そのテープをまたCD化した過程に出来た音です。音のシステムは私も詳しくないのですが、たぶんアンプを通して拡張されてから、録音されたのでしょうか、元のレコードの音よりもボリューム迫力のあるサウンドになりました。

https://youtu.be/4Lu5G7PN0YU

この動画の音が、レコードプレーヤーからそのまま録音した最初の音です。人それぞれ好みがあると思いますが、私は、うるさいぐらい音割れとノイズが激しいけど、迫力を増した、音のほうが好きです。皆様はいかがでしょうか。

抜刀隊

陸軍士官学校校歌 School Song of Imperial Japanese Army Academy


一 太平洋の波の上
昇る朝日に照りはえて
天そそり立つ富士が峰の
永久に揺るがぬ大八洲
君の御楯と選まれて
集まり学ぶ身の幸よ
二 誉れも高き楠の
深き香りを慕いつつ
鋭心みがく吾らには
見るも勇まし春ごとに
赤き心に咲き出ずる
市ヶ谷台の若桜
三 隙ゆく駒のたゆみなく
文武の道にいそしめば
土さえさくる夏の日も
手にぎる筆に花開き
星欄干の竜おどる
揮う剣に竜おどる
四 戸山代々木の野嵐に
武を練る声も勇ましく
露営の夢を結びては
身を習志野の草枕
水路遥けき館山に
抜手翡翠のあざやかさ
五 学びの海の幾千尋
分け入る底は深くとも
立てし心の撓みなく
努め励みて進みなば
竜の顎の玉をさえ
いかで取り得ぬことやある
六 思えば畏年ごとに
行幸ましつる大君の
玉歩の跡も度しげく
賤交りて皇子の
学びまししもこの庭ぞ
(今も親しくおわします)
実に光栄の極みかな
七 いざや奮いて登らばや
困苦の岩根踏みさくみ
理想の峰に意気高く
鍛え鍛うる鉄脚の
歩ごと聞かずや誠心を
国に捧ぐるその響き
八 ああ山行かば草蒸すも
ああ海ゆかば水漬とも
など顧みんこの屍
われらを股肱とのたまいて
いつくしみます大君の
深き仁慈を仰ぎては

陸軍士官学校校歌 School Song of Imperial Japanese Army Academy

陸軍士官学校校歌


戸楽会(陸軍戸山学校軍楽隊の戦友会)演奏

陸軍士官学校校歌

抜刀隊 陸軍士官学校 海軍兵学校出身者


すみません

抜刀隊 陸軍士官学校 海軍兵学校出身者

陸軍士官学校校歌、陸軍経理学校校歌


陸軍士官学校校歌、陸軍経理学校校歌OBの方たちが歌っていらっしゃいます。

陸軍士官学校校歌、陸軍経理学校校歌

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *