Chuyển tới nội dung
Home » 映画『ゴダール・ソシアリスム』予告編 | 軽蔑 ゴダール

映画『ゴダール・ソシアリスム』予告編 | 軽蔑 ゴダール

映画『ゴダール・ソシアリスム』予告編


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูเพิ่มเติม

2010年12月18日(土)よりTOHOシネマズ シャンテにて公開\r
2010年に80歳になる『勝手にしやがれ』などのフランスの巨匠、ジャン=リュック・ゴダール監督作。地中海を航海する船上を皮切りに、エジプトやパレスチナ、スペインなどさまざまな場所をめぐる、人類の歴史をひもとく物語が3部構成でつづられる。出演者もロック歌手のパティ・スミスをはじめ、ギタリストのレニー・ケイら個性的な面々が集結。冒頭の迫力ある海のシーンや、ゴダール監督らしい詩情あふれる言葉の数々に注目。\r
配給:フランス映画社\r
オフィシャルサイト\r
http://www.bowjapan.com/socialisme/\r
(C) フランス映画社

映画『ゴダール・ソシアリスム』予告編

特集上映「ゴダールと政治」 予告編


世界を変えなければならない。
学生、社会人、俳優、映画監督・・・、立ち上がれ!
原発問題、憲法改正、安保法制・・・誰もが「政治的」にならざるを得ない現在(いま)、
私たちの行動を触発する、ゴダールの過激な10本。
【上映作品】
ウイークエンド (1967)
ありきたりの映画 (1968)
たのしい知識 (196869)
ブリティッシュ・サウンズ (1969)
プラウダ[真実] (1969)
イタリアにおける闘争 (1969)
東風 (196970)
ウラジミールとローザ (1971)
万事快調 (1972)
ジェーンへの手紙 (1972)
「ゴダールと政治」チラシPDF:
http://www.ivctokyo.co.jp/jlg_flyer.pdf

配給:アイ・ヴィー・シー

特集上映「ゴダールと政治」 予告編

À bout de souffle 勝手にしやがれDigest


主に管理人SHOTGUN BLUEが作成した著作権フリーミュージックを紹介しています。
音楽ダウンロードサイトを運営しています。https://shotgunmusic.thebase.in/
動画用BGM YouTube用BGM など。
ホームページhttps://shotgunmusicfree.amebaownd.com/

À bout de souffle 勝手にしやがれDigest

軽蔑 (1963年の映画)


軽蔑 (1963年の映画), by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1836365 / CC BY SA 3.0
1963年の映画
フランスのドラマ映画
イタリアのドラマ映画
フランスの風刺映画
イタリアの風刺映画
アルベルト・モラヴィア原作の映画作品
ジャン=リュック・ゴダールの監督映画
映画を題材とした映画作品
ジョルジュ・ドルリューの作曲映画
ピエロ・ピッチオーニの作曲映画
『軽蔑』(けいべつ、Le Mépris)は、1963年製作・公開、ジャン=リュック・ゴダール監督によるフランス・イタリア合作の長篇劇映画である。
ナポリ湾とカプリ島 ゴダールの長篇劇映画第6作である。
アルベルト・モラヴィアの同名小説を原作に、当時、2年前に結婚したばかりの妻アンナ・カリーナとの愛の問題に苦悩したゴダールが、自己を投影し、愛の不可能性を描いた。
当時の日本同様、斜陽化著しいヨーロッパの映画産業での映画づくりを描き、ハリウッド一辺倒の世界への不安も描かれている。
ドイツのサイレント映画の巨匠で、戦後アメリカのB級映画作家となったフリッツ・ラングが本人役で出演し、愛の問題にも映画産業の問題にも的確な言説を吐いている。
本作は1963年4月から5月に、イタリア南部・カンパニア州ナポリ県にあるカプリ島、およびラツィオ州にあるローマ市内のイタリア国立撮影所チネチッタでロケーション撮影が行われた。
アメリカ人プロデューサーとの撮影が頓挫するフリッツ・ラングは、劇中で映画『オデュッセイア』を撮ろうとしているが、現実世界のラングは、1960年の『怪人マブゼ博士』以降の監督作はなく、同作が遺作になっている。
ゴダールがラングの助監督として本作に登場している。
本作は、フランスより先にイタリアで公開されたが、イタリア版では、ジョルジュ・ドルリューの音楽が、ピエロ・ピッチオーニの軽快なジャズに差し替えられて公開された。
チネチッタエントランス 女優カミーユ・ジャヴァル(ブリジット・バルドー)と脚本家のポール・ジャヴァル(ミシェル・ピッコリ)は夫婦である。
夜、ふたりのアパルトマンのベッドルームでの会話は無意味、でもそれは夫婦らしいものであった。
翌朝、ポールはアメリカから来た映画プロデューサー、ジェレミー・プロコシュ(ジャック・パランス)と会った。
ジェレミーはフリッツ・ラング(本人)が現在撮影中の映画『オデュッセイア』があまりにも難解であるとし、この脚本のリライトをポールに発注してきた。
昼になって、カミーユが現れ、夫妻はジェレミーに自宅に誘われた。
自宅でジェレミーは、カミーユをカプリ島でのロケーション撮影に来ないかと言う。
それは夫が決めること、とカミーユは答えた。
アパルトマンに帰った後のポールとカミーユは、なぜかしっくりこない。
夜、ふたりは別々の部屋で寝ることになる。
ジェレミーから再び、カミーユへのロケのオファーの電話があった。
ポールはポールで、本人次第だと答えてしまう。
電話の後で激したカミーユは、ポールを軽蔑すると言い放つ。
ジェレミーの誘いで映画館に行った後、カミーユはオファーを承諾した。
カプリ島。
ここにはジェレミーの別荘がある。
撮影現場でラング監督とはやはりうまくいかないジェレミーは、カミーユに、別荘へ戻ろうと言う。
カミーユはポールを一瞥するが、ポールは、カミーユがジェレミーと別荘に帰ることを軽く承諾した。
ポールは、それよりも、ラング監督との映画『オデュッセイア』の問題について議論をつづけたいのだ。
遅れて別荘に着いたポールは、カミーユに、あの日ポールに言い放った「軽蔑」ということばの真意を問いただす。
答えはなかった。
翌朝、ポールに手紙が届く。
そのカミーユからの手紙には、ジェレミーとローマへ発つと書かれていた。
おなじころ、ハイウェイで派手な衝突事故が起きていた。
大型車にぶつかり大破したスポーツカーには、血まみれの男女の死体があった。
ジェレミーとカミーユの変わり果てた姿であった。

軽蔑 (1963年の映画)

Pierrot Le Fou – Trailer


The new 50th anniversary restoration of JeanLuc Godard’s PIERROT LE FOU opens Friday December 18 at Film Forum in New York City! Ferdinand (JeanPaul Belmondo), unhappily married and recently fired from his job, abandons his family and runs off to the Riviera with the enigmatic Marianne (Anna Karina). Ferdinand, whom Marianne calls “Pierrot,” tries to find artistic fulfillment between bouts of criminal adventure, but keeps getting entangled in Marianne’s violent life.

Pierrot Le Fou - Trailer

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *