Chuyển tới nội dung
Home » 映画「トップガン」の撮影に使われた空母「レンジャー」が解体のため曳航される | ジェームズ・フォレスタル

映画「トップガン」の撮影に使われた空母「レンジャー」が解体のため曳航される | ジェームズ・フォレスタル

映画「トップガン」の撮影に使われた空母「レンジャー」が解体のため曳航される


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูเพิ่มเติม

1993年に退役しワシントン州のピュージェット・サウンド海軍造船所(米海軍工廠)にモスボール保管されていた空母レンジャー(CV61)が、解体のためテキサス州に曳航される(2015年3月5日)
映画「トップガン」の撮影にも使用された空母レンジャーは、解体業者に1セントで売却され、船体の大きさによりパナマ運河を通行できないため、南米のホーン岬を通るルートで約5ヶ月間かけてテキサス州に曳航される
ピュージェット・サウンド海軍造船所に保管されていた4隻の空母のうち、コンステレーション(CV64)も同じルートで2015年1月にテキサス州に解体のため到着しており、インディペンデンス(CV62)も2015年後半にテキサス州に曳航後解体され、最後に残ったキティホーク(CV63)は建造中のジェラルド・R・フォード(CVN78)の予備艦として2019年までモスボール保管される
チャンネル登録はこちら→http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=UsaMilitaryChannel

映画「トップガン」の撮影に使われた空母「レンジャー」が解体のため曳航される

アメリカ海軍作戦部長


アメリカ海軍作戦部長, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=298738 / CC BY SA 3.0
アメリカ合衆国海軍作戦部長
海軍作戦部長旗 アメリカ海軍作戦部長(アメリカかいぐんさくせんぶちょう、Chief of Naval Operations: 略称CNO)は、アメリカ合衆国海軍省における最高位の軍人で、統合参謀本部議長または副議長が海軍から出ていない場合は、アメリカ海軍における最先任の士官である。
任期は4年(ジェームズ・フォレスタル海軍長官と不仲だったチェスター・ニミッツ元帥は、例外的に2年)。
現在の海軍作戦部長は、マイケル・M・ギルデイ大将(第31代、2019年8月22日 )である。
海軍作戦部長の職は、海軍改革派と連邦議会が、制服軍人の権限拡大を嫌うジョセファス・ダニエルズ海軍長官の反対を押し切る形で1915年3月に少将職として新設されたが、議会は翌1916年8月に大将職に格上げした。
設置時の経緯から、海軍作戦部長には艦隊指揮権も海軍省の各局長に対する命令権も与えられず、その権限は強くなかった。
しかし真珠湾攻撃でアメリカが第二次世界大戦に参戦すると、フランクリン・ルーズベルト大統領とフランク・ノックス海軍長官は、1941年2月に常設職としては廃止したばかりの合衆国艦隊司令長官(Commander in Chief, United States Fleet: 略称CINCUS)を、大統領令第8984号によりCOMINCHの略称で復活させて艦隊指揮権を与え、アーネスト・キング大将を任命した。
このため海軍作戦部長ハロルド・スターク大将とキング大将のどちらが海軍のトップか分からない状態になって部内に混乱が生じ、スターク大将がCNOを辞任したので、大統領令第9096号によって合衆国艦隊司令長官兼海軍作戦部長(Commander in Chief, United States Fleet, and Chief of Naval Operations: 略称COMINCHCNO)の肩書きが新設され、COMINCHCNOのキングがCOMINCHとCNOの職務にあたる形となり、CNOに海軍省各局長への監督権が与えられた。
第二次世界大戦が終結するとCOMINCHは廃止され、再びCNOがトップとなった。
海軍作戦部長と和訳するのが一般的であるが、近年になり、海軍作戦総長と和訳する動きがある。
「海軍作戦総長」という和訳を推している軍事評論家の野木恵一は、海軍作戦「部長」では単なる部局の長と誤認される恐れがあるが、海軍作戦「総長」であれば、同じく統合参謀本部の構成員である「陸軍参謀総長」および「空軍参謀総長」と釣り合う、という趣旨を述べている。
アメリカ国防総省編『軍事用語辞典』によれば、\”operation\”は軍事的衝突が関係する活動だけでなく、補給や訓練、管理まで含む概念で、日本語の「作戦」より広い概念であるため、\”Chief of Naval Operations\”を「海軍作戦部長」と訳したのは誤訳に近いという指摘もある。

アメリカ海軍作戦部長

提督たちの反乱


提督たちの反乱, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1193917 / CC BY SA 3.0
アメリカ合衆国の軍事
アメリカ合衆国の海軍史
アメリカ合衆国の政治
アメリカ合衆国の政治史
軍事社会学
第二次世界大戦直後のアメリカ合衆国
提督たちの反乱
提督たちの反乱(ていとくたちのはんらん、Revolt of the Admirals)は、1940年代後半に数名のアメリカ海軍高官が政府の計画に対して公に反対を示した事件。
「反乱」の原因となった論争は数年間に渡って続いていたが、1949年に最高潮に達し、ジョン・L・サリバン海軍長官の辞任やルイス・デンフェルド海軍作戦部長の解任につながった。
1943年11月にジョージ・C・マーシャル将軍は陸軍省と海軍省の戦後の統合を提案した。この提案は後に「統合論争」へとつながり、1947年に国家安全保障法が制定される。同法によって国家安全保障会議(\”National Security Council, NSC\”)、中央情報局(\”Central Intelligence Agency, CIA\”)、アメリカ空軍が創設された。
陸軍航空軍を分離・独立させる形で新設された空軍は、戦略爆撃の重要性、特に核兵器を用いた爆撃というオプションは、将来起こりうる戦争に勝利するために必要であり、敵対国家・勢力に真珠湾攻撃のような奇襲攻撃の決行をも思いとどまらせることができると主張した。そのため、空軍は長距離戦略重爆撃機による編隊創設を要求し、高官たちはB36 ピースメーカーの開発に端を発する一連のプロジェクトこそが多額の資金投入を受けるべきであると主張した。
この空軍側の主張に対して、海軍高官たちは真っ向から反対した。太平洋戦争における航空母艦による戦場の圧倒的な支配の経験から、彼らは連邦議会に「超大型空母(スーパー・キャリア)」と支援の戦闘群からなる大型艦隊の編制を求め、手始めとして空母ユナイテッド・ステーツの建造に資金を投入するよう要求した。海軍高官たちは戦略爆撃のみで戦争を勝つことはできなかったと主張し、将来の戦争で核兵器を広範囲に使用することは「不道徳」であると主張した。ユナイテッド・ステーツは当初、最大重量10万ポンド・航続距離2,000マイルの航空機を運用することを想定して設計され、この10万ポンドという値は、当時のあらゆる核兵器を搭載・運用することが可能なものであった。ユナイテッド・ステーツ級の当初計画案では、8隻の空母がそれぞれ14機の爆撃機を搭載し、1機当たり8回の飛行が可能となる燃料を搭載できるよう設計されていた。設計通りの能力が付与・発揮されれば、ユナイテッド・ステーツに搭載される爆撃機は、再補給が必要となる前に合計112発の核兵器を投下することが可能な計算だった。また、当時の海軍航空部門のトップであったマーク・ミッチャー中将は、1946年1月8日に「16機から24機の航空機を搭載し、1機当たり4回から6回の飛行を行える」能力を付与することを提言している。いずれにせよ、海軍高官たちはこのユナイテッド・ステーツ級8隻の建造計画に向こう5年間で多額の資金を投入すべきであると主張、空軍高官たちのB36に関する主張と真っ向から対立した。
初代国防長官にして、前海軍長官のジェームズ・フォレスタルは、海軍側の立場に立ってユナイテッド・ステーツの建造を承認、支援した。しかしながら、空軍側との対立などに悩まされ心労が重なった彼は、1949年3月28日に健康上の問題(精神を病んだと言われる)で辞任し、トルーマン大統領と近く同大統領の国防費削減・抑制策を支持していたルイス・A・ジョンソンが後任となる。
ジョンソン新国防長官は、前任者のフォレスタルとは一転、空軍側の立場に立ってこれを支援したが、彼は軍事問題に関して何も知らないとして制服組に嫌われた。就任から未だ1ヶ月と経たない4月23日、ジョンソンは議会に諮ることなくユナイテッド・ステーツの建造取消しを命じた。このジョンソンの独断に対し、サリバン海軍長官を筆頭に多くの海軍高官が抗議の意を表し辞任した。またその数日後、ジョンソンは今度は海兵隊が有する航空アセット(航空部門の設備・要員)の空軍への移管を発表したが、この計画は議会での騒動の中静かに中断された。海軍の航空母艦は空軍が管理・コントロールできない航空設備であったため空軍からは嫌われており、また空軍の計画担当者たちは「これからの核兵器の時代にあって航空母艦は時代遅れだ」と考えていた。空軍支持派だったジョンソン長官は、空母調達を制限することが彼やトルーマン大統領の考える国防費の削減・抑制策にも合致すると考えたこ…

提督たちの反乱

アメリカ国防総省


アメリカ国防総省, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=23858 / CC BY SA 3.0
アメリカ国防総省
アーリントン郡_(バージニア州)
バージニア州の組織
1947年設立の政府機関
イランによりテロリスト認定された組織
アメリカ合衆国国防総省(アメリカがっしゅうこくこくぼうそうしょう、英: United States Department of Defense、略称: DoD)は、アメリカの行政機関のひとつ。
アメリカ軍の八武官組織のうち、沿岸警備隊、アメリカ公衆衛生局士官部隊、合衆国海洋大気局士官部隊を除く陸軍、海軍、空軍、海兵隊、宇宙軍の5つの軍を傘下に収める。
英語名称は諸外国の国防省と同じ「Department of Defense」であるが、陸・海・空軍各省の統括組織であるため、和訳では「国防総省」と呼ばれる場合が多い。
2015年現在、同国の官庁の中で最大規模の組織となっている。
本庁舎は、五角形の形をしていることからペンタゴンと呼ばれている。
アメリカ合衆国大統領の官邸組織がホワイトハウスと呼ばれるように、ペンタゴンという名称自体が国防総省を指す呼称となっている。
国防総省の本庁舎は、ワシントンD.C.の外郭部、ポトマック川を越えたバージニア州アーリントン郡に所在する。
通称:ペンタゴン。
法律では元将校は退役してから7年間は、国防総省の要職に就くことが禁じられている。
国防活動の調整の提案は、1944年に下院に最初に提出された。
陸軍、海軍および統合参謀本部による計画は1945年に提出され、1945年12月19日、トルーマン大統領による下院への特別教書で国防に関する統合部門の設立が提案された。
提案は下院に1946年4月に上申されたが、権力の集中に対する反対により、海軍事務委員会での公聴会によって遅れた。
トルーマンは結局1947年2月に下院に対して新たな提案を行い、それは数か月にわたって討議、修正された。
1947年7月26日に、トルーマンは国防法案に署名した。
同法案によって1947年9月18日に国家軍政省 (National Military Establishment) が発足し、初代国防長官にはジェームズ・フォレスタルが就任した。
同省は略号の「NME」が enemy (敵)の発音に似ていたため、1949年8月10日に国防総省 (Department of Defense) に改名された。
国防長官には陸海空三軍に対する強大な権力が与えられた。
1789年に設立された旧陸軍省が1947年に継承された陸軍省と、1780年に設立された海事部が1798年に名称変更した海軍省、および1947年に新設された空軍省を傘下に持つ。
よって、アメリカの行政機関の中で唯一、「省」の内部に「省」を有する官庁である。
衝突現場 2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件において、ハイジャックされたヴァージニア州ダレス(ワシントン・ダレス国際空港)発ロサンゼルス行きアメリカン航空77便(ボーイング757)が9時38分に国防総省本庁舎(ペンタゴン)に激突した。
乗客・乗員59名とテロリスト5名は全員死亡。
離着陸時の事故と違い、高速で建築物に激突・炎上したために機体の残骸はほとんど原形をとどめなかった。
ペンタゴン職員125名も死亡した。
激突の瞬間の映像は、ペンタゴンの駐車場の監視カメラによって記録された。
また、付近を通行中の多くのドライバーや歩行者によって激突の瞬間が目撃された。
組織図 (2013年12月) 軍司令部所掌エリア 国家通信システム (NCS) は、2003年に、国土安全保障省へ移管。
情報通信分野では、内局にあった高等研究計画局(ARPA)(現国防高等研究計画局(DARPA))はインターネットの原型であるARPANETを開発し、現在、インターネットの基礎プロトコルであるTCP/IPを開発した。
また現在、多くのオペレーティングシステムのマイクロカーネルとして利用されているMachを開発した。
さらに知られている技術では、GPS(全地球測位システム)を開発した。
最初は軍事用として利用されていたが、現在は民間用に開放されている。

アメリカ国防総省

国防分析研究所


国防分析研究所, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=4000312 / CC BY SA 3.0
アメリカ合衆国の研究所
連邦政府出資研究開発センター
国防分析研究所(こくぼうぶんせきけんきゅうじょ、英: Institute for Defense Analyses、IDA イーダ)とは、システム分析センター(Systems and Analyses Center. SAC)、科学技術政策研究所(Science and Technology Policy Institute, STPI)および通信コンピューティング・センター(Center for Communications and Computing, C\u0026C)の3つの連邦政府出資研究開発センター(Federally funded research and development center, FFRDC)を運営し、特に科学的および技術的専門知識を必要とする安全保障問題に対処して、アメリカ合衆国政府を支援する非営利型法人である。
研究所の本部は、バージニア州アレクサンドリアに所在する。
IDAの誕生に不可欠な2つの方針は、第二次世界大戦によって生まれた。
一つは、複数の軍種を一つの調整された省庁に統合するというもの、もう一つは、科学および科学者と安全保障との関係強化を実現するというものであった。
一つ目の方針は、ハリー・トルーマン大統領が1947年と1949年の国家安全保障法に署名し、国防総省を創設することにより実行に移された(1947年、陸軍省と海軍省が統合され、旧国防省が設立された。1949年、それを母体として、現在の国防総省が設立された。)。
一方、二つ目の方針については1948年、初代国防長官府長官であるジェームズ・フォレスタルが兵器システム評価グループ(Weapons Systems Evaluation Group, WSEG)を設立し、創設間もない国防長官府に技術的な専門知識と分析手法を継続的に提供して軍の統合を実現させるとともに、次の事項を実施して国防長官府および統合参謀本部を支援させた。
ドワイト・アイゼンハワー政権の初期の段階において、WSEGに対する要求は、少人数の軍人や軍属で構成されるスタッフの能力を超えるようになり、組織改革が求められるようになった。
いくつかの選択肢が検討されたのち、1955年、国防長官および統合参謀本部議長は、当時マサチューセッツ工科大学の学長であったジェームズ・R・キリアン・ジュニアに民間の非営利の研究機関の設立を支援するように依頼した。
大学コンソーシアムの後援を得たその機関は、高度な資格を有する科学者を集め、WSEGによる国家の最重要国防問題への対処を支援した。
1956年4月、この機関は、IDAという非営利組織として法人化された。
1958年、IDAは、国防長官の要求により新たに創設された高等研究計画局(Advanced Research Projects Agency, ARPA)(のちの国防高等研究計画局, Defense Advanced Research Projects Agency, DARPA)を支援するための部局を設置した。
まもなく、この部局の役割は、国防次官補(研究及び技術担当)のすべての事務局に対する科学的および技術的な研究支援へと拡大された。
1956年当時、IDAは、5つの大学(カリフォルニア工科大学、 ケースウエスタンリザーブ大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学およびチューレーン大学)により監督されていたが、1964年には7つの大学(カリフォルニア大学、シカゴ大学、コロンビア大学、イリノイ大学、ミシガン大学、ペンシルバニア大学およびプリンストン大学)を加えた12の大学へと拡大された。
大学によるIDAの監督は、プリンストン大学、コロンビア大学などでのベトナム戦争に対するデモの余波を受け、1968年に終了した。
その後、IDA最大の研究所であり、コスト分析、コンピューター・ソフトウェアおよびエンジニアリング、戦略および戦力評価、ならびに実用試験を行う研究分析センター(Studies and Analyses Center)(現在のシステム分析センター, Systems and Analyses Center)の監督の下に各部局が創設されるようになった。
1990年代の初めには、シミュレーション・センター(Simulation Center)が創設され、高度な分散シミュレーションが研究されるようになった。
また、近年では、統合先進戦闘プログラム(Joint Advanced Warfighting Pr…

国防分析研究所

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.