Chuyển tới nội dung
Home » [昭和52年6月] 中日ニュース No.1221_1「ロッキード疑惑 -児玉、ついに法廷へ-」 | ロッキード事件 児玉

[昭和52年6月] 中日ニュース No.1221_1「ロッキード疑惑 -児玉、ついに法廷へ-」 | ロッキード事件 児玉

[昭和52年6月] 中日ニュース No.1221_1「ロッキード疑惑 -児玉、ついに法廷へ-」


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

この映像へのお問合せ↓
https://www.youtube.com/channel/UCKcU5f3sXYhnN1DyXVe9Ekw/about
概要↓
ロッキードからの贈賄疑惑で起訴された児玉誉士夫が東京地裁に出廷。
※当時の音声オリジナルのまま、編集しております。
■■□―――――――――――――――――――□■■
この映像は、株式会社 中日映画社がお送りしています。
弊社は、昭和29年1月から平成7年3月まで、週刊時事ニュースの制作・配給をして参りました。
延べ150時間に及ぶ貴重なニュース映像をTV番組等に提供し、ご好評を頂いております。
「こんな映像はないか?」等、どんなことでもお調べし、迅速対応させていただきます。
◆中日映画社HP
http://www.chunichieigasha.co.jp/

[昭和52年6月] 中日ニュース No.1221_1「ロッキード疑惑 -児玉、ついに法廷へ-」

[昭和51年12月] 中日ニュース No.1197_1「1976年、総集編 -ロッキード この一年-」


この映像へのお問合せ↓
https://www.youtube.com/channel/UCKcU5f3sXYhnN1DyXVe9Ekw/about
概要↓
米ロッキード社からの贈賄で児玉誉士夫・田中角栄・橋本・佐藤を逮捕。
※当時の音声オリジナルのまま、編集しております。
■■□―――――――――――――――――――□■■
この映像は、株式会社 中日映画社がお送りしています。
弊社は、昭和29年1月から平成7年3月まで、週刊時事ニュースの制作・配給をして参りました。
延べ150時間に及ぶ貴重なニュース映像をTV番組等に提供し、ご好評を頂いております。
「こんな映像はないか?」等、どんなことでもお調べし、迅速対応させていただきます。
◆中日映画社HP
http://www.chunichieigasha.co.jp/

[昭和51年12月] 中日ニュース No.1197_1「1976年、総集編 -ロッキード この一年-」

中曽根元首相幹事長時にロッキード事件もみ消し要請発覚.avi


中山祐輔の動画ブログはhttp://nakayama.boy.jp/MOVIEBLOG/BLOG_1002/100212.html\r
中曽根康弘元首相、幹事長時にロッキード事件もみ消し要請発覚!\r
ブログの続きは下記へ\r
35年目の真実開封\r
老獪中曽根の最後の勲章?\r
\r
\r
戦後の疑獄事件としてあまりにも有名なロッキード事件が発覚したのは1976年、当時の総理大臣田中角栄がロッキード社からの裏金収賄容疑で逮捕された。真実は反米独自路線を行く田中に対するCIAの工作事件だとも言われている。児玉誉士夫、小佐野賢治やら暗躍する大物フィクサーの存在が浮かび上がったのもこの事件からである。\r
あれから35年、今日ビッグニュースが突然でた。

中曽根元首相幹事長時にロッキード事件もみ消し要請発覚.avi

「40年の時を経て 今真実が明かされる 田中角栄・ロッキード事件 「冤罪」」元国務大臣 石井一氏


「40年の時を経て 今真実が明かされる 田中角栄・ロッキード事件 「冤罪」」元国務大臣 石井一氏

「40年の時を経て 今真実が明かされる 田中角栄・ロッキード事件 「冤罪」」元国務大臣 石井一氏

児玉誉士夫


児玉誉士夫, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=80849 / CC BY SA 3.0
大陸浪人
日中戦争の人物
太平洋戦争の人物
日本の政治運動家
日本の右翼活動家
日本の反共主義者
帝都日日新聞社の人物
やまと新聞の人物
日本の国政選挙の立候補経験者
A級戦犯容疑者
児玉 誉士夫(こだま よしお、1911年(明治44年)2月18日 1984年(昭和59年)1月17日)は、日本の右翼運動家。
自称CIAエージェント。
暴力団・錦政会顧問。
戦争中、海軍航空本部のために物資調達を行い、終戦時までに蓄えた物資を占領期に売りさばいて莫大な利益を得た。
この豊富な資金を使って、戦後分裂状態にあった右翼を糾合し、鳩山一郎など大物政治家に政治資金を提供した。
「政財界の黒幕」、「フィクサー」と呼ばれた。
日韓国交正常化交渉に関与した。
1960年、生前葬を行う。
河野一郎や大野伴睦といった大物政治家が児玉のための葬儀に集まり、焼香した。
三男はTBSサービス(現:TBSグロウディア)社長を務めた児玉守弘。
戸籍上は、福島県安達郡本宮町(現本宮市)中条45番地に生まれた。
父の酉四郎の旧姓は山田といい、上杉家の家臣であった山田彦右衛門の子兵太夫が丹羽長重に仕え、以降、兵蔵-為貞-貞常-為英-為栄-為芳と続いた。
祖父山田兵太夫は明治維新後、二本松の副参事になったが、父の代になって、同じ二本松藩の御典医児玉家から望まれて養子となったため、児玉姓にかわった。
ただし、これらの家系は後に児玉誉士夫自身によって作られた「設定」のようである。
実際のところ、児玉誉士夫の出自は全く不明である。
幼少時は酷い貧乏暮らしで、父親と二人で掘っ立て小屋に住んでいたとされる。
7歳で母親を亡くし、8歳で朝鮮に住む親戚の家に預けられ、京城商業専門学校を卒業した後、来日して向島 (墨田区)の鉄工所に住み込んだ。
それからは様々な右翼団体を転々とすることになる。
玄洋社の会合で中野正剛(前列左)・頭山満(前列中央)らと(1929年・前列右から2人目が児玉) 児玉は1929年、赤尾敏が結成した「建国会」に入会。
18歳で天皇直訴事件により服役。
釈放後に津久井龍雄の急進愛国党に入会。
1931年、日本主義陣営の統一組織「全日本愛国者共同闘争協議会(日協)」が結成され急進愛国党も参加(三月事件の民間動員計画)。
児玉は前衛部隊の一員になった。
国会ビラ撒き事件や井上準之助蔵相脅迫事件を起こし服役。
1932年2月、釈放。
同月9日、血盟団事件が起き、同日、警視庁は児玉を含めた国家主義運動の関係者を拘引した。
釈放後、渡満。
満州自治運動をしていた笠木良明の大雄峯会に参加。
同年、帰国。
独立青年社を設立し右翼浪人の岡田理平に誘われ頭山秀三(頭山満の三男)が主宰する天行会に出入りをした。
頭山が逃げざるを得なくなり、後事を託された児玉、岡田、天行会のメンバー二人の四人で1932年、天行会独立青年社事件を起こす。
当時は23歳だった児玉は3年半の判決を裁判で受けた。
服役中にニ・二六事件が起きた。
出所後、笠木が編集発行する『大亜細亜』に関わる。
1937年、笠木から紹介された外務省情報部長河相達夫より勧められ、中国各地を視察。
上海副総領事の岩井英一(東亜同文書院出身)を知り、岩井が1938年に領事館内に設置した「特別調査班」の嘱託となる。
岩井の推薦で、1939年4月に陸軍参謀本部の嘱託となりハノイにいた汪兆銘の護衛を任された。
石原莞爾の紹介で支那派遣軍総司令部参謀の辻政信を知り、同司令部の嘱託となる。
しかし東亜連盟の動きが陸軍の方針に反すると東条英機の逆鱗に触れたことで、児玉は嘱託を解かれ1941年5月に帰国した。
児玉と汪兆銘(1939年) 1941年11月、児玉が属した国粋大衆党を主宰する笹川良一の紹介で海軍省(海軍大臣は嶋田繁太郎)の外局である航空本部(本部長は山本五十六)より招かれた。
ここから児玉は海軍航空本部のため航空機に必要な物資を調達する。
戦時下の外地はインフレ状態で物流も滞り、国民感情ではナショナリズムの高まりによる排日排日貨(日貨とは日本製品)運動が起きていた。
目的の重なる陸軍、艦本の機関と競合するため各方面からの干渉も予想されたが児玉は承諾し、総務部長(山縣正郷)と上海へ飛び、ここに児玉機関の本部を置いた。
児玉は海軍の嘱託(佐官待遇)となる。
1942年3月、総務部長は大西瀧治郎となり、特攻生みの親とされる大西中将が敗戦後に自決する場に立ち会う縁が繋がった。
ここで源田実と知り合い、戦後に源田が児玉に瀬島龍三を紹介した。
1941年…

児玉誉士夫

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.