Chuyển tới nội dung
Home » 最も治安のよい場所で惨劇が・・・依然、緊迫状況続く(16/07/04) | ダッカ 事件 結末

最も治安のよい場所で惨劇が・・・依然、緊迫状況続く(16/07/04) | ダッカ 事件 結末

最も治安のよい場所で惨劇が・・・依然、緊迫状況続く(16/07/04)


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

バングラデシュの首都ダッカで起こった残忍な人質テロ事件。犠牲者の大半は外国人で、そのうち客として居合わせた7人の日本人が命を奪われました。現場となったレストラン周辺は、日本人を含む多くの外国人が訪れる地域です。テロ事件の現場となったレストランの近くから報告です。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tvasahi.co.jp/ann/

最も治安のよい場所で惨劇が・・・依然、緊迫状況続く(16/07/04)

「日本赤軍」手配犯はいま・・・70歳前後の似顔絵公開(19/07/31)


今の年齢を踏まえた日本赤軍メンバーの似顔絵を公開しました。 「日本赤軍」は中東の過激派組織と連携して結成された国際テロ組織で、1977年に日航機をハイジャックした「ダッカ事件」などを起こし、7人が現在も国際手配されています。警視庁公安部は現在の年齢を踏まえて7人の似顔絵を作成し、31日にホームページで公開しました。これまでの手配写真は撮影されてから20年以上経っていて、最近では情報提供も少なくなっていたということです。警視庁公安部は「事件を知らない世代にも認識してもらいたい」としています。
[テレ朝news] https://news.tvasahi.co.jp

「日本赤軍」手配犯はいま・・・70歳前後の似顔絵公開(19/07/31)

ダッカテロ、緊迫の現場新映像 2016年7月05日


ダッカテロ、緊迫の現場新映像
バングラデシュのテロ事件、犯行グループの人物像などが明らかになってきました。
日本人7人を含む20人が犠牲になった今回の事件。
私たちは、発生直後の緊迫の現場を撮影した新たな映像を入手しました。
銃を構え、敷地の中の様子をうかがう治安部隊の隊員。
中では銃撃戦の音が絶え間なく続いています。
カメラは、門の上のわずかなすき間へ。
テラスに人の姿はありませんが、レストランの中で激しい銃撃戦が続きました。
バングラデシュ・ダッカで日本人7人を含む20人の人質が死亡したテロ事件。
これは、私たちが新たに入手した緊迫の現場の映像です。
事件が起きたのは先週金曜日の夜。
週末でにぎわうレストランが一転して恐怖に包まれたのです。
闇に響き渡る銃声。
撮影した地元のカメラマンは・・・
「夜暗くて、とても恐ろしい現場でした。でも私は何が起きているかを報道しなくてはいけないと思い、自分に弾が当たるかもしれないことを忘れて撮影していたんです」(撮影した地元カメラマン)
「撃ち合いです。銃撃戦でけが人が出ているもようです」
足を撃たれた治安部隊の隊員が仲間の隊員に連れられてきます。胸の付近を撃たれたのでしょうか、上半身血だらけの隊員の姿も。
「車はどこだ? 早く持ってこい!」
「人質の救出作戦を指揮した警察幹部の自宅だそうです」(記者)
突入作戦を指揮した治安当局の最高幹部が私たちの単独取材に応じました。
Q.日本人の方々はどの段階で被害に遭ったんですか?
「武装グループは建物に入ってきた途端、銃を乱射しました。食事をしていた外国人に向け銃を撃ちました。どこの国の人かなんて知る由もなかったでしょう」(突入作戦を指揮 治安当局の最高幹部)
客の携帯電話やハンドマイクを通じて武装グループに話をするよう呼びかけたものの、反応はなかったといいます。
Q.彼らは交渉を拒否した?
「反応がなかった。交渉する気がなかった」(突入作戦を指揮 治安当局の最高幹部)
Q.犯人たちの目的は何だと思うか?
「とにかく残酷なことをしたかった。世界の人々にインパクトを与えたかったのだろう。テロリストとは注目を浴びたいもの」
Q.どんな武器が使われた?
「自動小銃やピストルなどを持っていた」
Q.ナイフが使われたとの報道もあるが?
「マチェットという大型の刃物も持っていました。けれど、犠牲者の大半は射殺されていました」
鎮圧するまでにおよそ11時間を要し、20人の犠牲が出たことについては・・・
「救出した人質全員に聴き取りをし、ほとんどの被害者は犯人グループが到着したと同時に殺害されたと証言した。発生2時間後に突入しても同じ結果だった。ご遺族には心からお悔やみ申し上げます。
できるかぎりのことをし、一人でも多くの命を救おうとしました」(突入作戦を指揮 治安当局の最高幹部)
バングラデシュ政府によりますと、高学歴で裕福な家庭の出身だったという実行犯のメンバーたち。
バングラデシュの家としては明らかに立派な照明やソファーが並ぶ室内。
ミール・サメー・ムバシール容疑者は、父親が大手外資系通信会社の幹部でした。
その父親がインタビューに応じました。
「普段1人で出歩かないような子でした。彼はとても臆病で優しく、穏やかでおとなしい子どもでした」(ムバシール容疑者の父親)
ムバシール容疑者は予備校に通っていましたが、今年2月、学校の近くで車を降りた後、行方がわからなくなったといいます。
「パスポートも置いて、何も持っていなかった。近所履きのくたびれたサンダルを履いていきました。そのまま戻らないというつもりはなかったんでしょう」(ムバシール容疑者の父親)
父親は、インターネットを通じて過激思想に染まったのではと話します。
「(過激思想に勧誘する)目に見えないモンスターに私たちは囲まれているのです。怖い銃を持って笑っている・・・。これ(戦闘員の格好)は息子ではない。
こっちの普通の子が私の息子です」(ムバシール容疑者の父親)
行方不明になる5~6か月前から熱心に勉強するようになったといいます。なぜ犯行に・・・。
「とても美しい子どもでした。ユーモアのセンスもありました。とてもいい子だったんです。信じられません」(ムバシール容疑者の父親)
一方、マレーシアの大学に留学していたロハン・インティアズ容疑者は、去年の終わり頃から行方をくらましていました。
父親は与党の政治家で、元ダッカ市の幹部。
母親は名門高校の教師だったといいます。
姉が取材に応じました。
「成績も良いし、勉強もできるし、とても良い子でした。なぜこういうことに巻き込まれたのか分からない。姉として被害に遭った人たちに心からおわびを申し上げます。どうぞお許しください」(ロハン容疑者の姉)
テロの犠牲となった7人の日本人。
午前5時50分、家族に付き添われ、無言のまま帰国しました。
白い布に包まれた棺がゆっくりと運び出されます。
岸田外務大臣をはじめ花を手向ける人々の中には、7人が参加していたプロジェクトを手がけるJICA=国際協力機構の北岡理事長、バングラデシュの駐日大使の姿も見られました。
「ご家族の皆様方にお会いさせていただき、大変疲労の色の濃く出ておられる方も大勢いました」(岸田文雄外相)
大学で都市計画問題を学び、途上国で活躍してきた酒井夕子さん。叔父の大橋雅信さんは、つらい胸のうちを明かします。
「あの子はまだ若いし、この仕事でずっと世界の発展途上国の人たちのために働くつもりでいた。つらかっただろうね。痛かっただろうね」(酒井さんの叔父 大橋雅信さん)
酒井さんの会社の後輩だった下平瑠衣さん。遺族は5日、手書きのコメントを発表。やり場のない憤り、苦しみがつづられていました。
「大切な娘との突然の別れがまだ信じられない状況です。なぜこのような事件に巻き込まれたのか、何に対して憤りをぶつけていいのか分かりません」(下平さんの遺族のコメント)
大学の建築学科で学んだ強みを生かし、建築コンサルタントとしてバングラデシュで働いていた下平さん。大学時代の恩師は・・・
「将来、自分は海外発展途上国の街づくりに関わりたいと。現地ですごく行動力もあって、周りの人たちを元気にする、できる気にさせてしまう、周辺まで変えていく力があったところが一番の彼女の良さ。
それがもう活躍できなくなったのが残念」(大学時代 下平さんを指導 芝浦工業大学 志村秀明教授)
日本人7人の遺体は神奈川県内の病院で司法解剖が行われ、午後6時半ごろまでにすべて終了しました。
合同捜査本部から、一部の犠牲者の死因について、失血死や頭部損傷などと発表されました。
遺体はこの後、家族のもとに帰るものと見られています。
一方、顔を銃撃されけがをした渡邊玉興さんを乗せたチャーター機も羽田空港に到着。
ダッカで面会した木原外務副大臣は、渡邊さんについて「麻酔がかかった状態だが、容体は安定している」と話していましたが、現在の状態は明らかになってはいません。
「犠牲となられた方々の無念さ、ご家族の皆様のご心痛はいかばかりか察するに余りあります」(安倍首相)
政府は5日朝、関係閣僚会議を開き、犠牲となった日本人7人の遺族にあらゆる支援を行っていく方針を確認しました。
また、政府は亡くなった7人の遺族に対し弔慰金を支給することを決定。
先月7日に公布された、国外の犯罪で不慮の死を遂げた日本国民の遺族に対して弔慰金を支給することを定めた法律を踏まえたもので、施行に先立って支給されます。
(2016年7月05日23:00)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2814236.html
https://web.archive.org/web/20160705184127/http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2814236.html

ダッカテロ、緊迫の現場新映像 2016年7月05日

ダッカ日航機 ハイジャック 事件 超法規的措置


説明

ダッカ日航機 ハイジャック 事件 超法規的措置

ダッカ日航機ハイジャック事件 1977


1977年9月28日にパリ発東京行きJAL472便が、経由地のインド・ムンバイ国際空港を離陸直後に日本赤軍のグループ(5名)にハイジャックされ、バングラデシュのダッカに強制着陸させられた・・・

ダッカ日航機ハイジャック事件 1977

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.