Chuyển tới nội dung
Home » 混声合唱曲「落葉松」―小林秀雄 | 小林秀雄 作曲家

混声合唱曲「落葉松」―小林秀雄 | 小林秀雄 作曲家

混声合唱曲「落葉松」―小林秀雄


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูเพิ่มเติม

1999年 「大津ゴールデンコンサート」
合唱団京都エコー
指揮・鈴木㮈香子
ピアノ・藤沢篤子

混声合唱曲「落葉松」―小林秀雄

落葉松 野上彰 作詞 小林秀雄 作曲


落葉松のピアノ伴奏です。

落葉松 野上彰 作詞 小林秀雄 作曲

「まっかな秋」<エッセイ:「カラスウリ」> 作詞 薩摩忠 作曲 小林秀雄 歌・ピアノ 西野真理(バリトン系ソプラノ)2021.8.22 ※姉妹チャンネル「日本歌曲の窓」


<エッセイ:「カラスウリ」+解説>
「まっかな秋」 作詞 薩摩忠 作曲 小林秀雄 
歌・ピアノ 西野真理(バリトン系ソプラノ)
「まっかな秋」を聞くとまっ先に思い出すのが景子さんから聞いた次のお話。
※景子さんについては「たぬきのレストラン」のエッセイをお読みくださいね
それは景子さんが小学生の時のお話。
音楽の時間に
「『まっかな秋』の感想画を描きましょう」
という課題が出され、子どもたちは各々歌詞を読み返したりしながら絵を描き始めました。
多くの子どもが
「蔦 紅葉 夕陽 友達同士が向き合う姿 焚き火 お宮の鳥居」
などを描く中、景子さんの友だちは
「カラスを肩に乗せた、赤いおじさんの絵」
を描いていました。
不思議に思った景子さんが
「その絵、なに?」
と聞くと、その友だちは答えました。
「えっ?『カラス売り』」
今でも「まっかな秋」を歌うたびにこのお話を思い出して、ちょっと笑ってしまいます。
~曲の解説~
みなさま、小中学生の頃、教科書に載っている人はみんな亡くなっている人だと思っていらっしゃいませんでしたか?私はそうで、教科書に載っているような「偉い人」がご存命だなんて思ったこともありませんでした。
ところが、学校で働き始め、改めて作曲家のことなどを調べてみると、結構多くの方がご存命。大変失礼いたしました。特に驚いたのが小林秀雄さんで、ご存命もご存命、2017年・86歳でお亡くなりになるまでバリバリ作曲されていました。作曲家で友人の廣木良行さんは日本歌曲振興波の会でご一緒だったりしたそうで
「ものすごくお元気ですよ」
なんてお聞きしてびっくりしたことがあります。
ということは、私が小学校でこの曲を習った時、小林さんご自身新進気鋭でそこそこ新しい曲だったということになります。改めて驚きます。
たった今Wikipediaで調べたところ「まっかな秋」は1963年に発表され、1965年にはNHK「みんなのうた」でも歌われていたようです。
今も教科書に載っているなんてすごいですね。
さて、歌うためにはピアノの伴奏を録音しなければなりません。
(難しいものはピアニストにお願いすると決めましたが、なんとかなりそうなものは頑張ってみています)
その時少々驚いたことがありました。
曲のテンポです。
私はせっかちだし、大抵の曲がテンポ早め。したがって、速度表示がある場合、例えば  4分音符=80~92 なんて書いてある場合は迷うこと無く早い方のテンポを取ります。
「まっかな秋」は4分音符=112~120 と書いてあったので、メトロノームを120に合わせてピアノの練習を開始しようとして・・・え?こんなに早いの!
このせっかちな私がそう感じるのですから、おそらく普通の方はもっと早くお感じになると思います。今回の動画を聞いてくださった皆様、決して遅いとはお思いにならなかたのではないでしょうか?私はこれまでもっと遅く歌っていましたので本当に大発見でした。
120で歌わなかった理由のもう一つは・・・そう、120では早すぎてピアノが弾けないからです(涙)
作詞家の薩摩 忠(さつま ただし)さんのことを何も書かないのも失礼ですね。
こちらも 2000年までご存命。堀口大學のお弟子さんです。童話の再話や翻訳を多く手がけられています。

「まっかな秋」<エッセイ:「カラスウリ」> 作詞 薩摩忠 作曲 小林秀雄 歌・ピアノ 西野真理(バリトン系ソプラノ)2021.8.22 ※姉妹チャンネル「日本歌曲の窓」

胡蝶花に寄せて  小林秀雄 作曲  橋爪明子(Akiko Hashizume)  音声のみ


歌 橋爪明子
ピアノ 中山博之

橋爪明子 プロフィール
洗足学園大学音楽学部声楽科卒業。
アッリーゴ・ボーイト国立音楽院オペラ科卒業。
㈶日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第21期修了。藤原歌劇団準団員。
日本オペラ協会「美女と野獣」(くれない)でオペラデビュー後、「葵上」(タイトルロール)他数多くのオペラに出演。
第2回マスカーニ国際コンクールで審査員特別賞を受賞。
第2回マリオ・ランツァ国際コンクールで1位なしの第2位。
第4回シミオナート国際コンクールでディプロマ賞。
第7回ヴィリアーノ・ヴィーヴァ国際コンクールで第3位。

個人レッスン・オンラインレッスンはこちらまで↓お問い合わせください。
[email protected]

胡蝶花に寄せて  小林秀雄 作曲  橋爪明子(Akiko Hashizume)  音声のみ

瞳   薩摩忠作詞・小林秀雄作曲 Your eyes


間庭小枝の日本歌曲シリーズ Japanese Lieder sung by Sae Maniwa
瞳   薩摩忠作詞・小林秀雄作曲
あなたの瞳は
海の三面鏡
波が三方から
満ちてきて よじれる
わたしの魂は
波の欄干に もたれかかろうとして
海に転落する
しぶきが 細い雨になって
わたしの魂の抜け殻に降る

※こちらには薩摩忠さんの原詩を載せています。
楽譜とは違う箇所があります。

所沢市民文化センター・ミューズキューブホール
2002年3月3日
フラワーコンサート ライブ録音
ソプラノ・間庭小枝 伴奏・原田康子

画像:能島水軍潮流体験より

瞳   薩摩忠作詞・小林秀雄作曲 Your eyes

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *