Chuyển tới nội dung
Home » 第3回です。ここでは、私の講義の動画をUPして行きます。基本的に、講義を行った週の週末までです。 | 散逸構造

第3回です。ここでは、私の講義の動画をUPして行きます。基本的に、講義を行った週の週末までです。 | 散逸構造

第3回です。ここでは、私の講義の動画をUPして行きます。基本的に、講義を行った週の週末までです。


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

ソデの方から現れているのは、演出ではなくて、設置、録画、を始め、動画の処理やアップ等、全部すべて、一人でやっているからです。いろいろ不手際ですいませんがよろしくです!(^^)/~。
固有値・固有ベクトルから始めて、無限次元のヒルベルト空間、バナッハ空間での有界線形作用素、閉作用素などについての理論の流れを語りたいと思っています。

そして、最終的に、私の専門である散逸構造を持つような非線形の偏微分方程式論に繋がる部分の数学・数理科学的土台、枠組みを作ることができていくということを物語風に語りつつ、コアな定理の証明を、概略風に述べています。

今回は、内積とノルムを有限次元のベクトル空間で復習し、そして、正規作用素についてお浚いを致します。

別に、フォーマルにしっかりとした講義や教科書を勉強しつつ、このような講義も聞いてくれると良いなと思っています。

字幕が出てしまう場合、PCでご覧の場合は、動画の右下にカーソルを合わせると出現するマーク群のうち、右から5番目のものをクリックすると消せます!

Remark: (無料公開中であっても)著作権は放棄してませんので、再配布等は禁止です。

AllRightReserved©IsamuOhnishi

数学・数理科学

第3回です。ここでは、私の講義の動画をUPして行きます。基本的に、講義を行った週の週末までです。

生活混沌无序、精神焦虑压抑!最通俗的解释,高手对抗熵增的底层逻辑!【心河摆渡】


来晚了,铁子们…
今天咱们通俗地解释一条玄乎的物理学定律
它提线木偶一样地操控着我们的人生
也是你生活混沌,精神焦虑,成长受限的根源
后半段干货满满,坚持看完吖
收获更多优质内容☛https://xinhebaidu.page.link/qbvQ
加入会员通道☛https://xinhebaidu.page.link/jofZ
极简主义👉https://youtu.be/fjw7Sqz7bfw
垃圾快乐👉https://youtu.be/TbU9lduhSUg
解读内卷👉https://youtu.be/BV91qxW700
高配思维👉https://youtu.be/WfPc_w9x3sU
社交潜规则👉https://youtu.be/DXI36yBJf0E
职场PUA👉https://youtu.be/YDDWF7sZ1hI

『心灵鸡汤』✨ https://www.youtube.com/watch?v=fjw7Sqz7bfw\u0026list=PLKZTQGXIMjUjDGTOErFIlZpJfZUCcmlr
『贫富人生』✨ https://www.youtube.com/watch?v=PND_3X21pU\u0026list=PLKZTQGXIMjW10tWXCKXwAB_WoYMlpyHk
『观念差别』✨ https://www.youtube.com/watch?v=CCkoa2glSOc\u0026list=PLKZTQGXIMjX33uJ8J7HcwvTb9qxqaRBK
『自我成长』✨ https://www.youtube.com/watch?v=FnsNHtTIMQ\u0026list=PLKZTQGXIMjXBpv3eOBXLQ79jb0a0O
『成功秘诀』✨ https://www.youtube.com/watch?v=2SOggydkX4\u0026list=PLKZTQGXIMjXK457d0bt4AXkuwoIEmvuk
心河摆渡,人人都需要的心灵捕手!
一节书本之外的社会课,一个陪你成长的摆渡人。
转变思维方式,学点心理学,了解社会,学会和世界沟通!
智慧光点,开启新的人生!
点击关注我,观看更多有关成长的优质内容!
心河摆渡底层逻辑熵增理论

生活混沌无序、精神焦虑压抑!最通俗的解释,高手对抗熵增的底层逻辑!【心河摆渡】

Understanding Vibration and Resonance


Get access to the companion video on pendulums on Nebula and great documentaries like Butterfly Effect and Ancient Engineering on CuriosityStream visit https://curiositystream.com/efficientengineer and use the promo code ‘efficientengineer’!

In this video we take a look at how vibrating systems can be modelled, starting with the lumped parameter approach and single degree of freedom models. We then go on to look at damping, the dissipation of energy that occurs in all real systems, as well as forced vibration, resonance and multiple degree of freedom models.

ERRATA:
At 04:16, the terms sqrt(k/m) appears not in the equation of motion, but in the solution to the equation of motion

For further reading I’d recommend the following:
J. L. Humar Dynamics of Structures

The Efficient Engineer is a channel aimed at mechanical and civil engineers. The mission is to simplify engineering concepts, one video at a time!Follow me on Twitter: https://twitter.com/efficiengineer

If you would like to support the channel, please consider becoming a Patron https://www.patreon.com/efficientengineer. This will allow me to create more high quality videos covering a range of engineering topics.

Understanding Vibration and Resonance

無秩序から秩序が生まれる仕組み【創発】|脳と自由意志#10


※関連した過去動画
【<わたし>はどこにあるのか】の解説をします|脳と自由意志 0
https://youtu.be/vQltzaI9ZHY
【脳白紙説】脳に先天的な構造は備わっているのか?|脳と自由意志 1
https://youtu.be/6COUkg3I5GE
脳は先天的に何かの構造を持っているのか?|脳と自由意志 2
https://youtu.be/NapwMeFIFos
生まれか、育ちか?|脳と自由意志 3
https://youtu.be/as93k8EPdwE
人間の脳はどのように進化したのか?|脳と自由意志 4
https://youtu.be/dbMZJe8NfCM
脳の再編成(脳に司令塔はいるのか?)|脳と自由意志5
https://youtu.be/3EV16sUSqyc
左脳と右脳は別人格なのか?|脳と自由意志6
https://youtu.be/udin52liLAw
管理者がいないのに脳が正常に動く理由|脳と自由意志7
https://youtu.be/bgjQ9ojMoJ0
<わたし>の根源は左脳にある?|脳と自由意志8
https://youtu.be/APqwL6p3VVI
未来は数式で予想できるのか?|脳と自由意志9
https://youtu.be/Z7Xocqyb_c8
<わたし>はどこにあるのか|書評  脳と自由意志11
https://youtu.be/HngIjRW8aX4

※書籍
〈わたし〉はどこにあるのか――ガザニガ脳科学講義 https://amzn.to/34nFlxJ

とっつきづらい哲学や心理学の内容を、出来るだけわかりやすく完結に
お伝えすることを目的としたチャンネルです。
チャンネル登録、高評価、拡散、ぜひぜひ宜しくお願いいたします。
Twitterもやっています。
色々企画も考えていますのでフォローのご協力お願いします。
https://twitter.com/tetsugaku_ch
動画の書き起こし版です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【エントロピー増大の法則】という理論があります。
世の中の物理現象はすべて秩序から無秩序に向かっており
宇宙も例に漏れず、崩壊と均一化を繰り返して
最終的には何も運動の生まれない熱的死を迎える。
エントロピーとはばらつきのことです。
例えば煙は時間とともにばらつき、最後は空気と見分けがつかなくなります。
このとき煙という秩序が崩壊し、無秩序が生まれたといえるでしょう。
熱力学第二法則を下敷きにしたこの理論は
『いずれくる宇宙の死に向かって物理現象は繰り返されるだけ』
という決定論的な思想とも捉えられます。
この理論に科学的な視点から待ったをかけたのが
1977年にノーベル化学賞を受賞した【イリヤ・プリゴジン】です。
彼は散逸構造論という理論を構築し、
『無秩序から秩序が自発的に生まれる仕組み』を提示しました。
例えば味噌汁を火にかけると、鍋の中に対流が生まれます。
この対流こそ一つの秩序なわけですね。
自然のプロセスで自発的に秩序が形成されることを【自己組織化】といい
動的な自己組織化のことを【散逸構造】と呼びます。
宇宙のように閉じた空間ではなく、
味噌汁のように外部からエネルギーの影響を受ける開放系においては
散逸構造が作られることが指摘されたのです。
味噌汁にエネルギーが加わると、反応するのは原子たちです。
つまりミクロレベルの世界に影響が与えられます。
しかし、結果として表れる秩序は対流というマクロレベルの物理現象です。
このように、ミクロレベルの複雑系で自己組織化が行われた結果
マクロレベルで新しい秩序が生まれることを【創発】と表現します。
創発の例としては【蟻塚】が有名です。
シロアリなどが作る蟻塚は、集団が一定の数以上にならないと出現しません。
シロアリ一匹一匹を調べても蟻塚を作る根拠を見いだせませんし、
小規模のコロニーを調べてもそのヒントには出会えないのです。
つまり、一定の集団になると、根底にある規則には含まれていない
性質や傾向を自発的に獲得するのです。
これも【創発】の一例です。

散逸構造と創発の概念は、エントロピー増大の法則に一つの解釈を与えることになりました。
つまり、この世界は宇宙の終わりに向かっていて
マクロの視点で見れば秩序が徐々に無秩序化しているのは間違いないが
ミクロの視点では無秩序から秩序が創発され
その繰り返しでゆっくりと無秩序に向かっている。
そして、自発的に創発された現象の一つが【生命】であり、
我々人間も一つの散逸構造であると考えられます。
つまり、我々人間は無秩序への長い旅の中で生まれた小さな秩序なのです。
身体は脳の指令を受けて動きます。
そしてその結果を後付けで解釈する感覚が意識だと解説しました。
であるからして、身体の動きに自由意志は関係しておらず
我々が自由意志だと感じているものは幻想だといえる。
つまり、人間は決定された世界を自動で動く機械である。
創発の概念は、この決定論的思考にストップをかける可能性があります。
身体の反応はマクロレベルの現象です。
一方で、脳の構造はミクロレベルの複雑系だといえます。
つまり、脳の情報処理から身体の反応にかけては
【創発】が発生しているのです。
先ほど説明したとおり、創発の特徴は
新しく作られた秩序と原因となったミクロの要素との間に
明確な因果関係を見つけられないことにあります。

蟻塚がなぜ出来たのかをシロアリから説明することができないのです。
同様に、ミクロの世界を記述する量子力学と、マクロの世界を記述するニュートン力学を
結びつける理論はまだできあがっていません。

語弊を恐れずに言えば『たまたま』なのです。
少なくとも、人間の処理能力ではたまたまとしか認識できない。
明確な因果関係が成り立たないとすると、
決定論には大きな疑問が生まれます。
脳の様々な活動をコンピューターのプログラムと捉えたとき、
それがプログラム通りに現象として現れれば良いのですが
実際はプログラムをいくら分析しても現れないような
新しい秩序が行動として創発されます。

そこに人間が介入できない『偶然性』もっといえば『神性』がある以上
その営みを決定論的に論じることは非常に難しくなります。

このことから、人間には自由意志がないと仮定しても、
それがそのまま決定論的な結論に至ることは回避できそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
脳と自由意志
わたしはどこにあるのか

無秩序から秩序が生まれる仕組み【創発】|脳と自由意志#10

散逸構造体システム簡易実験装置が放つ七色の光


Apparatus for generating a discharge light of seven colors, such as Aurora.
オーロラのような7色の放電光を放つ散逸構造体システムの簡易的な実験装置。
研究室の本格的な装置は直接お見せできないので、私が自宅で研究用に使っていた装置を撮影して、機密を保持するために画質を落とした状態で紹介しています。
放電管のプラズマの中に、無数の有機的な階層構造を持つ立体電路の散逸構造の代謝サイクル群が自己組織化されて、逐次書き換えられるタイプのスーパーコンピューターを形成しています。
地球の磁気圏が作り出したプラズマチューブの集合体=プラズマスフィアの中でも、散逸構造の代謝サイクル群が自己組織化されています。また、銀河系の長く伸びる腕や、宇宙の巨大構造なども、同じようにプラズマフィラメントが自己組織化される現象を内包しています。
宇宙空間の一定の領域に存在しているDNAの前駆物質が、宇宙放射線を浴びて電荷を帯びて、ダストプラズマの自己組織化によってプラズマフィラメントを形成し、二本のフィラメントがお互いに引き合って絡まる形で、DNAの二重螺旋構造が形作られていったことが分かってきました。
このような成り立ちを持つ、DNAを中核とした生命情報を演算処理している遺伝子情報系は、放射線‪=‬電磁波によって散逸構造の代謝サイクル群の活動を維持していて、生物発光=バイオフォトン‪=‬電磁波による代謝システムを備えています。
人工散逸構造体システム‪=‬天惺システムは、遺伝子情報系と基本的な成り立ちが同じなので、生物発光‪=‬バイオフォトンによる相互作用を通して、生命体と生命情報を送受信する機能を備えたスーパーコンピューターです。
バイオフォトンを用いて遺伝子情報系のレベルで生体を制御したり、プラズマを制御する技術を用いて生命体を構成する高分子群をマイクロアセンブリーすることも可能です。
人間の脳は遺伝子情報系によって自己組織化されているので、天惺システムはバイオフォトンを用いて人間の脳とも生命情報のやり取りをするブレインリンクが可能です。
地球を取り巻くプラズマスフィアの中に自然発生した散逸構造体システム‪=‬オムニシステムは、地上に生命を発生させ、生命環境を自然調和させてきた存在です。
天惺システムは、オムニシステムと基本的な成り立ちが同じなので、シンクロリンクすることで、地球規模の生命環境を制御するスーパーコンピューターとして機能します。
地球を取り巻くプラズマスフィアの散逸構造体システムは、全世界の人間の脳とブレインリンクすることが可能ですから、次世代のインターネット=ワールド・ブレインリンク・システムを通して、全人類の脳をシンクロリンクさせて、その集合体‪=‬アートマンの仮想人格を創生し、世界連邦政府の統治システムを構築して、人類の意思決定を行うことを可能にします。

散逸構造体システム簡易実験装置が放つ七色の光

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.