Chuyển tới nội dung
Home » 第17回 許容応力と安全率【 MONOWEB(材料力学編)】 | 保証荷重応力

第17回 許容応力と安全率【 MONOWEB(材料力学編)】 | 保証荷重応力

第17回 許容応力と安全率【 MONOWEB(材料力学編)】


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

・安全率を大きく設定した設計ほど物は壊れにくくなる
・設計はできるだけ少ない材料費で壊れにくいものを作る必要がある
・安全率を設定するときは荷重の種類によって変える必要がある
・安全率 = 基準強さ/許容応力
・許容応力とは
について学べます。
【メルマガでも設計に関する情報を配信中】
 全18冊の無料PDFテキスト付き
 登録はこちらから → https://dmonoweb.com/flpmb/
【関連記事】
引張強度と許容応力と安全率
http://dengineer.com/zairiki/anzenritu.html

【関連動画】
第11回 5つの力【 MONOWEB(材料力学編)】
https://www.youtube.com/watch?v=snNplUUhGt8
第12回 力の単位【 MONOWEB(材料力学編)】
https://www.youtube.com/watch?v=FOZW9A6VNsg
第13回 応力【 MONOWEB(材料力学編)】
https://www.youtube.com/watch?v=JNaBv1filkI
第14回 歪(ひずみ)【 MONOWEB(材料力学編)】
https://www.youtube.com/watch?v=ty_B6O6fa4w
第15回 応力と歪の関係【 MONOWEB(材料力学編)】
https://www.youtube.com/watch?v=XGe3zArsdE
第16回 引張強度と降伏強度【 MONOWEB(材料力学編)】
https://www.youtube.com/watch?v=wPtKqhm82Y
第17回 許容応力と安全率【 MONOWEB(材料力学編)】
https://www.youtube.com/watch?v=wIjQmrb1UhY
第18回 様々な材料の応力ひずみ線図【 MONOWEB(材料力学編)】
https://www.youtube.com/watch?v=IY1GCSfQuL8

<YouTubeにはない知識も学べます>
▼ 300万人以上の機械設計者が学習するWeb学習サイトはこちら
http://dengineer.com/
▼ 全18冊の「無料テキスト」で学べます
(製図、材料力学、機械力学、熱力学、流体力学、機械要素、3DCAD、CAEなど)
http://dengineer.com/textbook.html
▼ Eラーニングで「強度設計の基礎」を学べます(教材費:有料)
https://dmonoweb.com/kyoudo_top/
▼ セミナーに参加して設計知識を学べます(参加費:有料)
http://dengineer.com/seminar/

◆動画が良いなと思ったらチャンネル登録お願いします↓
https://www.youtube.com/channel/UCKpL3m2qIgFMQiQJJcNwUEw

第17回 許容応力と安全率【 MONOWEB(材料力学編)】

機械設計技術 強度計算のやり方とInventor構造解析を比較 Compare strength calculation method and Inventor structural analysis


機械設計技術 強度計算の考え方を解説しています。Inventor構造解析と手計算、強度計算ツールを比較します。断面2次モーメントと断面係数、曲げ応力と降伏点応力とは。両端固定梁を例に解説します。
Mechanical design technology Explains the concept of strength calculation. Compare Inventor structural analysis with manual and strength calculation tools. What are the moment of inertia of area and section modulus, bending stress and yield point stress? Let’s take a Fixed beams at both ends as an example.
0:00 断面係数と断面二次モーメントの計算
6:02 曲げ応力の計算
8:34 降伏点応力
11:13 応力とは?
12:26 剛性の計算
16:04 Inventor構造解析
20:44 MONOWEB自動計算ツール

・MONOWEB 梁のたわみと応力計算ツール
https://dengineer.com/unit_formula/haritawami.htmlno3
・SS400の機械的性質
https://www.kabuku.io/guide/metal/steel/ss400/
・日本建築学会 鋼構造の設計に関する規準
https://islandlog.com/entry/deflection/
・ミスミmeviyのようなCAD/CAMシステムは機械設計技術者の未来をどう変えるのか?
https://youtu.be/4tIEbkVbzRM
・パーツ作成の3つの工程と手順
https://www.youtube.com/watch?v=QnxLaaTJndc
・3D PDFの使い方
https://www.youtube.com/watch?v=yeNsybsmeE
・AutoCADの3面図から3D立体化
https://www.youtube.com/watch?v=oRjTC5KHo
・機械設計技術者の仕事と3DCADの未来
https://www.youtube.com/watch?v=MAuAcioaXU
・パーツに映るおじさんを消す方法
https://www.youtube.com/watch?v=_a9sxJG2ehI
・AutoCADの図面枠をそのまま使う方法の動画↓
https://www.youtube.com/watch?v=RPqVW9Zzes\u0026t=166s
・プロジェクト作成から図面展開までの流れ↓
https://www.youtube.com/watch?v=5OXiWglTOE8
・図面置換の方法↓
https://youtu.be/aUtgnB4er4s
・素早くモデリングする方法 スケッチ共用↓
https://www.youtube.com/watch?v=DTOx5B0hIk
・この動画ではCAD操作がわかりやすいように マウスの左クリックは赤丸、右クリックは青丸のアニメーションがでますので参考にしながらご覧ください。
・講師は3D CAD歴26年、機械設計技術者1級を取得しています
・色覚弱者の方にも無理なく見ていただけるように、配色に配慮しております
機械設計CADの学校動画一覧 機械設計の基礎 力学計算

機械設計技術 強度計算のやり方とInventor構造解析を比較 Compare strength calculation method and Inventor structural analysis

一貫構造計算ソフト『SS3』-特殊形状(セットバック・節点の上下移動)


『Super Build/SS3』は、RC造・S造・SRC造・CFT造およびこれらが混合する構造物について、部材剛性の計算、各荷重計算(固定荷重・積載荷重・積雪荷重・風圧力・地震力)、部材応力の計算、計算ルートの合否判定、断面検定、保有水平耐力の検討、崩壊形保証のためのクライテリアの検討、終局時せん断力に対する再検討までを一貫して行う構造計算ソフトウェア(プログラム)です。
http://www.unions.co.jp/service/structure/ss3/

一貫構造計算ソフト『SS3』-特殊形状(セットバック・節点の上下移動)

「ホームズ君 構造EX」 – 許容応力度計算編 –


美しい木構造をデザインする
進化し続ける建築ソフトウェア『ホームズ君 構造EX』
許容応力度計算編
許容応力度計算で設計したインテグラル開発センターを例にとって、木造3階建て事務所の設計ノウハウをご紹介。
また、壁量計算vs許容応力度計算のプラン比較では、プランニングの自由度がどれほど変わるかをお見せします。
そして「ホームズ君 構造EX」の開発コンセプトと許容応力度計算オプションの機能を実際に操作しながらご紹介します。
動画内容

1. 許容応力度計算が使いこなせると、ここまで建てられる!
2. 『ホームズ君 構造EX』の許容応力度計算
3. 充実のサポート

■ホームズ君.com
 http://www.homeskun.com/
■ホームズ君 構造EX
 http://www.homeskun.com/homes/products/hmkozoex.html

「ホームズ君 構造EX」 - 許容応力度計算編 -

ボルトの選定方法  ーボルトの許容荷重はどれくらい?ー


ボルトを選定するとき、許容荷重をインターネットなどで調べることって
結構ありますよね。
「ボルト許容荷重の資料によると、2トンまで大丈夫なのか。
 今回の設計では安全率5なので、このボルトで締結された部材に
 400キロのモノをぶら下げても大丈夫ってことね。」
と、やってしまうと、とんでもない事故につながるかもしれません。
なぜでしょうか?? という話をする動画です。
ポイントは以下となります。
 ・その資料の荷重は、何の荷重なのか?
 ・初期締結軸力(初期締付け軸力)を考慮しているか?
初期締結軸力を無視している機械エンジニアの方をしばしば見かけるため、
この動画を作成いたしました。
以下の点についての話もしております。
 ・弾性限、降伏点/0.2%耐力、引張強さ、の違い
 ・ボルトの強度区分の数字の意味
 ・ボルトの降伏応力の求め方
 ・適正締付けトルク

連絡先:[email protected]

ボルトの選定方法  ーボルトの許容荷重はどれくらい?ー

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *