Chuyển tới nội dung
Home » 経団連会長「再稼働したい」 浜岡原発を視察 | 浜岡原発 再稼働 可能性

経団連会長「再稼働したい」 浜岡原発を視察 | 浜岡原発 再稼働 可能性

経団連会長「再稼働したい」 浜岡原発を視察


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

日本の大手企業を中心に構成する「経団連」が、浜岡原発を約6年ぶりに視察しました。経団連の中西会長は、浜岡原発の津波対策などを高く評価し、再稼働への強い期待感を示しました。
経団連・中西宏明会長「万全の安全対策をやっている印象」
 浜岡原発を訪れたのは、経団連の中西宏明会長など36人です。津波対策に設置された海抜22mの防波壁や、緊急時でも原子炉の冷却を続ける発電設備などを視察しました。
中西会長「いち早く安全の確認をNRA(原子力規制委員会)とやってほしい。再稼働したいなと正直そう思う」
 中西会長は中部電力の対策を高く評価し、再稼働への強い期待を示しました。
中部電力・水野明久会長「議論しなくちゃいけないところはしっかり議論して、受け止めるところは受け止めて、できるだけ早く審査を終えるよう努力していきたい」

経団連会長「再稼働したい」 浜岡原発を視察

「やるべきことはやった」菅総理が退陣を正式表明(11/08/27)


菅総理大臣は退陣を正式に表明し、「ねじれ国会など厳しい環境のなかで、やるべきことはやった」と約1年3カ月の在任期間を振り返りました。\r
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!\r
[テレ朝news] http://www.tvasahi.co.jp/ann/

「やるべきことはやった」菅総理が退陣を正式表明(11/08/27)

見えぬ再稼働 浜岡原発全面停止4年


静岡県御前崎市の中部電力浜岡原発は全面停止してから14日で4年を迎えた。中部電力が一日も早い運転再開を目指し安全対策を進める一方、重大事故時の避難計画の策定は進まず、再稼働の行方は見通せないままだ。

見えぬ再稼働   浜岡原発全面停止4年

浜岡原発5号機 火災報知器が作動 中電が周辺自治体と静岡県に通報


8月17日の朝早く、御前崎市の中部電力浜岡原子力発電所で複数の火災報知機が作動しました。中部電力は協定により、周辺の市や町と県に通報しました。
 中部電力によりますと、17日午前5時過ぎ、浜岡原子力発電所5号機のタービン建屋で2階と3階の火災報知器が作動しました。現場に駆け付けた運転員が3階で煙を確認し、消防署に通報するとともに、中部電力は協定に基づき、周辺の11の市や町と県に状況を通報しました。その後消防が現場を調べたところ、炎や煙は確認されず、消防は火災ではないと判断したということです。一方で、火災報知機が作動した時刻に5号機の空調設備の一部が停止し、機器に異常が見られたため中部電力は関連を含め、煙が出た原因を調べています。

浜岡原発5号機 火災報知器が作動 中電が周辺自治体と静岡県に通報

新型コロナの影響 浜岡原発の避難計画にも


浜岡原発は依然、再稼働の見通しがたっていません。そして今、新型コロナウイルスの感染拡大が原発での作業や住民の避難計画にも影を落としています。
「もし今、事故があったら。避難所がコロナウイルスに侵されてはいけない」(原発なくす静岡の会・林克代表委員)
 停止から9年の5月14日は、原発に反対する市民団体が中部電力静岡支店を訪れました。毎年5月14日に浜岡原発の再稼働反対を要請していますが、2020年は、第一に新型コロナウイルスへの対策を訴えました。
「皆さん、コロナウイルスを怖がっている。それは放射能と通じるところがある。浜岡原発事態を絶対再稼働させずに、廃炉にする願いを込めて要請書を渡した」(原発なくす静岡の会・林克代表委員)
「おはようございます。間隔をあけてお待ちください」(中電職員)
 14日朝の浜岡原発、正門前の様子です。敷地内に向かう従業員に、人と人との間隔をあけるよう呼びかけていました。浜岡原発では在宅勤務を積極的に進めています。
 発電所の運転員についても、万が一の感染に備え班の数を細かく分けてバックアップ体制をとっています。また社員の出張をやめ外部からの訪問を原則、禁止しています。中部電力は「引き続き、徹底した感染防止対策をしていきたい」と話します。
 浜岡原発から31km圏内の周辺自治体のひとつ、島田市です。染谷市長は、新型コロナが終息していない状況での市民の避難に不安を抱いています。
「ここにもし原子力発電所の事故が起こったらまさに複合災害です。今3密を避けるといっていますが、避難する過程において、バスの調達から含めて過密は避けられません。まして島田市は複合災害の場合の避難地域は東京都なんです」(染谷絹代 島田市長)
 染谷市長はすでに完成している避難計画の見直しも含め、検討が必要だと主張します。
「原子力災害が起こったときに、自然災害だけではなく感染症とかテロとか、あらゆる災害に備えたリスクを検討していただいて、避難計画はここだけという避難場所ではなく、ここがだめならどうするのか。もっと個別、具体的に国や県は計画をお示しいただければありがたい」(染谷絹代 島田市長)
 新型コロナウイルスという新たなリスクが発生した今、発電所でも避難計画を考える自治体でも、新たな対応が迫られています。

新型コロナの影響 浜岡原発の避難計画にも

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *