Chuyển tới nội dung
Home » 野茂英雄 ノーヒットノーラン 2001 | 野茂 英雄 トルネード

野茂英雄 ノーヒットノーラン 2001 | 野茂 英雄 トルネード

野茂英雄 ノーヒットノーラン 2001


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

野茂英雄 ノーヒットノーラン 2001

1991 野茂英雄(Hideo Nomo) 1 VS 清原和博 ホームラン


1991 野茂英雄(Hideo Nomo) 1    VS 清原和博   ホームラン

唯一無二の独特フォーム集


チャンネル登録お願いします!
プロ野球 大学野球 高校野球
甲子園 興南高校 中央大学 トヨタ自動車 ホームラン ファインプレー 創価大学
倉本 九州産業大学 唐津商業 高井俊
野茂英雄 トルネード投法

唯一無二の独特フォーム集

【面白映像!野球マニア】野茂のエグいフォークがヤバすぎる!!


スポーツの野球を中心に面白動画を毎日アップしていきますので
いいねやコメントやシェアをお願いしますね(^_)☆
この動画を見てご意見やご感想をコメント下さいね。
みんなで語り合いましょう!!

【面白映像!野球マニア】野茂のエグいフォークがヤバすぎる!!

野茂英雄 \”トルネード\” 低空からの究極の重心移動 Pitching Mechanics Slow Motion


投球フォームコマ比較 一覧再生リスト https://www.youtube.com/playlist?list=PLGKO8sySmje1SR7zIFmY6pD5IxSkcNYR
 トルネード投法と呼ばれる新しい試みに挑戦した投手である。
まねをした投手は、ただ後ろを向いただけで、野茂の様な下半身の体重移動はできていないと思われる。

トルネード投法は、上体を背中側後方に向けて、大きな円運動を描くが、その効果は上体よりも下半身にあると思われる。
スタート時、背中が打者に見えるまで上体を後ろに捻り、腰を打者に突き付ける様にして、上体は後ろ側に傾けている。
肩で顔を隠す様にして、前へ踏み出していく時、グローブ側の腕を高い位置まで上げている。
この上げ方は、戦前の投手に多く見られる。
野茂は、足が強く、腰周りが大きい特徴が見られる。
後ろ足の膝が曲がる時、両足の太腿を合わせて力を溜め、腰を意識して下に落としている。
前足を踏み込むというより、後ろ足の膝を捻り地面を強く押すことで前へ進み、その力を前足と腰で受け止めている様に見える。
後ろ足の膝が地面側へ向くことによる捻りで、けつに強い力が加わっている。
腰の捻り
前足の膝を畳んで回しながら着地する時、後ろ足は地面すれすれまで低く位置しており、その膝が地面側を向く捻りのため、腰に力が溜まっている。
肘を上に向けながら腕が高く上がり、背中側に反動をつける様に上体を大きく反らせている。
上体を反らせることは、上体を大きく回転させる効果に加えて、腰に捻りを加える効果が大きいと思われる。
十分に腰に力が入った後、後ろ足から、着地した前足に重心を移動させている。
腕を担ぎ上げてコッキングを作った時、上体は後ろに大きく反らし、肩を背中側である後方に引き、下半身が踏ん張り、腰に強い捻りが加わっている。
限界まで低い姿勢で踏ん張りを効かせた時の、強い捻りの加わった腰への力の入り具合は、歴代の投手でもトップクラスであると思われる。
両肩を背中側に引き、上体に丸みを持たせ、上体の回転とともに、グローブ側の肩を下へ大きく落とすことで、投げる手の肩が高い位置に上がっている。
この両肩の大きな上下動により、上体の回転に縦回転が加わり、回転は球形状に見える。
上体が前へ傾いた辺りで、突き出した肘から先の前腕が立ち上がり、高い位置でリリースが行われている。
この時、上体は前へしっかり倒しており、膝を曲げた前足がその力を受け止めている。

真上に伸びた腕
野茂は、高い位置でリリースすることを意識していると思われる。
上体が回転して、グローブ側の肩を下へ向けて大きく落とすため、上体は一塁側に相当傾いている。
この肩を落とす動作で、逆の投げる手の肩は非常に高い位置に上がっている。
普通の投手より両肩の上下動が大きいため、野茂の肩の位置は高くなり、その結果、上へ伸ばした腕は、斜めではなく限りなく地面に対して垂直になるまで真っ直ぐ上へ挙がっている。
腕が高く上がると、上から下へ振り下ろし易くなるが、真上まで腕が伸び、肘が伸びてしまうと、バネが伸び切った状態となり、逆に力を加え難くなるのではないかと思われる。
人間の体は、90度横回転する時に、両肩の上下動を加えることで縦の回転が加わり、その結果、球形状の回転となるため、腕は斜めに上がった方が、力を溜め易くなると思われる。
つまり、無理に肩の位置を高くして、腕を上に伸ばし切ってしまうと、力のロスにつながると思われる。
真上に伸びた腕は、そのままの形で、肩から先をパタンと前へ倒すことで振り下ろしている。
肘が伸びたまま、前腕、二の腕が一体となって、上から下へ倒す様に投げると、手首のスナップも使い難くなると思われる。
また、野茂は、肩の力、腕の筋力が豪速球投手にしては若干弱い様に見える。

野茂の概要とまとめ;
野茂は、腰周りが大きく、江川の様に高めの球で楽に打者を抑えることができている。
高めに手を抜いて投げても、優れたフォームによる球の伸びで、打者は芯を捕らえられないため、無理をせずに楽に抑えることができると思われる。
むしろ、力を抜いている時の方が、体のしなりが効いて、球の質は上がる様に見える。
一方、清原には相当打ち込まれており、落合はスピードの評価はあまり高くない様である。
普段力が抜けている時と比べて、大事なところでは力む癖があり、しなやかなフォームによる球の伸びを落としている様に見える。
上体のしなり、下半身の力とも申し分ないが、腕が真上に伸び切ってしまう点が、最高の豪速球投手との評価を得られなかった要因ではないかと思われる。
野茂の評価は、豪速球よりも、メジャーへの先駆けの方が高くなっていると思われる。
日本では、投げ終わった後、体が暴れても良いから、力一杯豪速球を投げ込んでいたが、メジャーではフォークを駆使したクレバーな投手へと進化を遂げている。
メジャーの打者への対応を考えたためだと思われるが、力を残したまま、早い段階で投球スタイルを変えた投手と言えると思われる。
野茂が編み出したトルネード投法という下半身の使い方は、難しい体重移動が要求されるため、力のタイミングがずれて、体が流れ、力がロスすることも多く見られる。
それでも、これほど下半身、腰の力を使い切るフォームはないため、ロスがあろうとも、普通の投手よりも強い下半身の力を生み出していると思われる。
理に適った投げ方ながらも、まねをできる投手がいないことから、いかに身体能力と強い下半身が必要とされるかが伺える。
(了)
ほぼ同様の内容はコチラ http://ykyuuform.seesaa.net/article/432861948.html

野茂英雄  \

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *