Chuyển tới nội dung
Home » 鏡週刊 娛樂透視》《小偷家族》拿下金棕櫚 是枝裕和探索家族牽絆 | 衣笠貞之助

鏡週刊 娛樂透視》《小偷家族》拿下金棕櫚 是枝裕和探索家族牽絆 | 衣笠貞之助

鏡週刊 娛樂透視》《小偷家族》拿下金棕櫚 是枝裕和探索家族牽絆


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูเพิ่มเติม

日本名導是枝裕和以拍紀錄片出道,關心社會議題,並以自然細膩的手法捕捉真實生活樣貌。自1995年首部導演電影《幻之光》開始,他就是國際影展常客,今年更以新作《小偷家族》成為繼衣笠貞之助、黑澤明、今村昌平後,第四位拿下金棕櫚獎的日本導演。
在《小偷家族》中,他以更寬廣的視野,探討逐漸階級化的日本社會中,人與人的牽絆與家庭關係、教育、經濟等問題,並首次同步進行拍攝、編劇、剪輯作業,找到最佳攝製模式。
鏡週刊影音組出品

鏡週刊 娛樂透視》《小偷家族》拿下金棕櫚 是枝裕和探索家族牽絆

【一見アニメ】三国志 全編


ドラマ版はこちら
THREE_KINGDOMS_1部前篇
https://youtu.be/90bkVCaQbmQ
THREE_KINGDOMS_1部後篇
https://youtu.be/Os9vzB0Wjg
THREE KINGDOMS 2部
https://youtu.be/rEvEwdPS8qE
THREE_KINGDOMS_3部
https://youtu.be/lgJ4gJROUg
THREE KINGDOMS 4部
https://youtu.be/y9MWS9Ol5Bg
THREE KINGDOMS 5部
https://youtu.be/z29RJFomBl0
THREE KINGDOMS 6部
https://youtu.be/8k9yV0axiLc
THREE_KINGDOMS_7部
https://youtu.be/kEn2OSvKqYo

【一見アニメ】三国志 全編

Opening Montage, from \”A Page of Madness\”


Title: A Page of Madness / 狂った一頁 (1926)
Director: Teinosuke Kinugasa / 衣笠貞之助
https://www.imdb.com/title/tt0017048/

Opening Montage, from \

Samurai I: Musashi Miyamoto Movie Full HD Adventure Toshirō Mifune, Rentaro Mikuni, Mariko Okada


Samurai I: Musashi Miyamoto Movie Full HD Adventure Toshirō Mifune, Rentaro Mikuni, Mariko Okada

狂つた一頁


狂つた一頁, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1289172 / CC BY SA 3.0
1926年の映画
日本のサイレント映画
日本の白黒映画
衣笠貞之助の監督映画
精神障害を題材とした映画作品
医療機関を舞台とした映画作品
フィルムが再発見された映画
アヴァンギャルドと実験映画作品
カルト映画
川端康成
『狂つた一頁』(くるったいっページ)は、1926年(大正15年)に公開された日本映画である。
監督は衣笠貞之助、主演は井上正夫。
衣笠が横光利一や川端康成などの新感覚派の作家と結成した新感覚派映画聯盟の第1回作品で、無字幕のサイレント映画として公開された。
激しいフラッシュバックや多重露光、キアロスクーロ、素早いショット繋ぎ、オーバーラップなどの技法を駆使して斬新な映像表現を試みた、日本初のアヴァンギャルド映画である。
物語は精神病院が舞台で、狂人たちの幻想と現実が交錯して描かれる。
大正モダニズムの成果である本作は、ドイツ映画『カリガリ博士』(1920年)に触発されたものであるが、そこに日本人固有の家族観が入れられているところに独自の工夫がある。
元船員の老いた男は、自分の虐待のせいで精神に異常をきたした妻を見守るために、妻が入院している精神病院に小間使いとして働いている。
ある日、男の娘が結婚の報告を母にするため病院を訪れ、父親が小間使いをしていることを知る。
娘は自分の母が狂人であることを恋人に悟られないよう懸念している。
娘の結婚を知った男は、縁日の福引きで一等賞の箪笥を引き当てる幻想を見る。
男は妻を病院から逃がそうとするが、錯乱した男は病院の医師や狂人を殺す幻想を見る。
今度は、男は狂人の顔に次々と能面を被せていく幻想を見る。
1925年(大正14年)、衣笠貞之助はマキノ・プロダクション傘下の聯合映画芸術家協会で、横光利一原作の卑弥呼を描いた『日輪』を演出し、これを機に衣笠は横光と親交をもつようになった。
翌1926年(大正15年)に満30歳を迎えた衣笠は、誰からも掣肘を受けず、自由に思いのままの映画を作ろうと決意し、マキノ・プロダクションを離れて独立した。
まずは映画製作に必要なカメラとレンズを手に入れるため、知人のドイツ人に撮影機パルボKを上海まで買いに行かせた。
このカメラは本作の撮影で用いられた。
衣笠が構想したのはサーカスを舞台とした老人の物語で、これを製作するため自宅の地下室に現像所を作り、近所の茶畑をロケ地として借り受け、そこに1か月間借り切りにした巡業サーカス団の天幕を張って撮影するという計画を立てた。
この新しい映画製作の相談をするため、衣笠は葉山に滞在していた横光を訪ねた。
これにすぐさま応じた横光は、4月2日に『文藝時代』の同人で新感覚派の川端康成、片岡鉄兵、岸田国士、池谷信三郎に声をかけ、この映画の計画ために共同で案を練ることになった。
ここに新感覚派映画聯盟が結成されたが、その名称は4月11日に報知新聞がこの映画製作について報道したときに、新感覚派にちなんで勝手に命名したものであり、これがそのまま正式なプロダクション名になった。
衣笠が構想していたサーカスと老人の物語は、新感覚派の作家と初めて顔合わせしたときに見送られ、代わりに岸田国士が『ゼンマイの戯れ』というシナリオを2日程で執筆した。
このシナリオは特許マニアのサラリーマンを主人公にしたフランス風の小喜劇だったが、あまりにも軽妙すぎるという理由で決定稿にはいたらず、新橋の烏森にある旅館に泊りこんで案が練られた。
そこで衣笠は、横光宅を訪ねようと駅に降りたときに見かけた高貴な方の一行の奇妙な印象から、狂気の人がドラマの大きな要素になることを考え、松沢病院を見学した。
この見聞から精神病院を舞台とするプロットが決まり、川端の協力でシナリオが練られた。
シナリオは撮影開始時も完全に出来上がらなかったが、「脚本がほんとうに完成するのは、映画ができてからである」と考える衣笠にとって別に問題ではなかった。
シナリオは撮影を進めながら作られ、川端と衣笠、犬塚稔、沢田晩紅の4人がメモ書きでアイデアを出し合って打ち合わせをし、それを踏まえて翌日に撮影が行われた。
正式なシナリオは、5月末の撮影終了後に4人がメモを持ち寄り、川端がこれらを脚本としてまとめて6月15日の締切日ぎりぎりに入稿させ、翌7月1日刊行の『映画時代』創刊号に掲載された。
ただし目次では「狂へる一頁」と記され、文末には「(このシナリオは、衣笠、犬塚、澤田等の諸氏に負ふところ多し、附記して、謝意を表す。)」とある。
その後、シナリオは単行本収録されず、1959年(昭和34年)に初めて…

狂つた一頁

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.