Chuyển tới nội dung
Home » Blade Runner – Opening Scene (HDR – 4K – 5.1) | フィリップkディック

Blade Runner – Opening Scene (HDR – 4K – 5.1) | フィリップkディック

Blade Runner – Opening Scene (HDR – 4K – 5.1)


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

ALL THE COPYRIGHTS OF THIS VIDEO IS OWNED BY \”Warner Bros. Entertainment\”.
Opening sequence
Sourced directly from the 4K Bluray
If you want a copy of the movie in 4K you can find it on Amazon:
https://amzn.to/2jop1VE
To view this video in real HDR you need a 4K HDR TV and a device with YouTube HDR.
If you are viewing this video on an SDR (normal nonHDR TV) the colour and contrast may not look 100% correct.
HDR Info and devices that support it
https://www.pocketlint.com/tv/news/137367whatishdrwhattvsanddevicessupporthdrandwhathdrcontentcaniwatch

Blade Runner - Opening Scene (HDR - 4K - 5.1)

02 電気蟻(その2)フィリップ・k・ディック 短編 朗読


毎週末(金曜日の夜と土曜日の夕方)に動画を上げて行く予定です。
ツイッター→ https://mobile.twitter.com/yokashoe
一緒に本を読んでいくメンバーを募集しています。
勉強会、研究会、読書会などやっていく予定です。
高評価ボタン、チャンネル登録のご協力お願いいたします。

02 電気蟻(その2)フィリップ・k・ディック 短編  朗読

フィリップ・K・ディック


フィリップ・K・ディック, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=20030 / CC BY SA 3.0
フィリップ・K・ディック
フィリップ・キンドレド・ディック(Philip Kindred Dick, 1928年12月16日 1982年3月2日)は、アメリカのSF作家。
ディックの小説は社会学的・政治的・形而上学的テーマを探究し、独占企業や独裁的政府や変性意識状態がよく登場する。後期の作品では、形而上学と神学への個人的興味を反映したテーマに集中している。しばしば個人的体験を作品に取り入れ、薬物乱用や偏執病・統合失調症や神秘体験が『暗闇のスキャナー』や『ヴァリス』といった作品に反映されている。
1963年、歴史改変SF『高い城の男』でヒューゴー賞 長編小説部門を受賞。1975年、未知のパラレルワールドで目覚めた有名人を描いた『流れよ我が涙、と警官は言った』でジョン・W・キャンベル記念賞を受賞した。ディックは、それらの作品について、「私は、私が愛する人々を、現実の世界ではなく、私の心が紡いだ虚構の世界に置いて描きたい。なぜなら、現実世界は、私の基準を満たしていないからだ。私は、作品の中で、宇宙を疑いさえする。私は、それが本物かどうかを強く疑い、我々全てが本物かどうかを強く疑う」と述べている。ディックは、自らを \”fictionalizing philosopher\”(小説化する哲学者)と称していた。なお、philosopherは、哲学者以外に、冷静な人、理性的な人、思慮深い人などを指す言葉である。
44編の長編に加え(2010年1月現在)、ディックは、約121編の短編小説を書いた。そして、そのほとんどがSF雑誌に掲載された。ディックは、作家になってからは、ほぼ常に貧乏だったが、死後になってから、彼の作品が『ブレードランナー』、『トータル・リコール』、『スキャナー・ダークリー』、『マイノリティ・リポート』といった映画になってヒットしている。『バルジョーでいこう!』(\”\” )のような一般映画も、ディック作品を原作として生まれている。2005年、タイム誌が1923年以降の英米の小説ベスト100を掲載し、そこにはディックの『ユービック』も含まれていた。2007年、ディックは、SF作家として初めて に収録されることになった。
ポーランドのSF作家スタニスワフ・レムはアメリカSFを全面批判したが、ディックだけは称賛し「ペテン師に囲まれた幻視者」と彼を評している。ただし、後の1976年に「アメリカSF批判」の件でレムがアメリカSF作家協会から追放された「レム事件」が起きた際、ディックは「ポーランドで自分の作品が騙されて出版された」として、彼を猛烈に非難した。
ディックの父は、アメリカ合衆国農務省の役人だった。
1928年、イリノイ州シカゴにて二卵性双生児の一子として生まれる。双子の妹ジェイン・シャーロット(Jane Charlotte)は40日後に死去した。その死は、彼の作品、人間関係、人生にまで影響を与え、多くの作品に「幻影の双子」のモチーフが登場する原因となった。
その後、一家はサンフランシスコ・ベイエリアに引っ越した。ディックが5歳のとき、父はネバダ州リノに転勤になったが、母はついて行くのを嫌がり、結果として両親が離婚することになった。親権は母親が得た。母はワシントンD.C.に職を得て、そこにディックと共に引っ越した。ワシントンD.C.では、小学4年生まで過ごした。作文の成績は \”C\” だったが、教師は「物語を作ることへの興味と才能がある」と意見を記している。1938年7月、母と共にカリフォルニアに戻り、この頃からSFに興味を持ち始めた。ディックは、後に1940年に初めてSF雑誌というもの(\”Stirring Science Stories\”という誌名だったという)を読んだと述べている。
バークレーの高校に入学した。アーシュラ・K・ル=グウィンとは同じ高校の同学年(1947年卒)だったが、当時は互いを知らなかった。高校卒業後にカリフォルニア大学バークレー校に進学してドイツ語を専攻したが、ROTCに参加するのが嫌で中退した。バークレーでは、詩人のロバート・ダンカンや詩人で言語学者のジャック・スパイサーと親交を結び、スパイサーはディックに火星人語のアイデアを与えている。ディック本人の言によれば、彼は1947年に KSMO というラジオ局でクラシック音楽番組の司会を務めていたという。1948年から1952年まで、レコード店の店員として働いた。1955年、ディックとその2番目の妻であるクレオ・アポストロリデエスの前にFBIの捜査員が現れた。彼らは、クレオが社会主義者で左翼活動をしていたせいだと思い込んだ。2人はそのFBIエージェントに一時的に力を貸した。
1950年代初期に執筆した処女作「市に虎声あらん」は、核実験やカルト宗教を題材にしたSFではない文学作品だったが、暴力描写などが原因で生前は出版社に拒否され、結局出版できたのは2007年であった。1951年に出版社に売れた最初の小説「ルーグ」も修正を指示され、雑誌に掲載できたのは1953年だった。この作品以降専業作家となり、商業誌に最初に作品が掲載されたのは1952年の「ウーブ身重く横たわる」である。1955年には長編『太陽クイズ(偶然世界)』が初めて売れた。1950年代はディックにとって最も貧しく苦しい時期で「図書館の本の延滞料すら払えなかった」という。SF短編を書いて糊口を凌いでいたが、出版できなかった処女作のような純文学を書くことを夢見ていた。この時期にジャンルに捕らわれないSF以外の長編をいくつか書いているが、注目を集めることはなく、1960年に「純文学の作家として成功するには20年から30年かかる」と書いている。しかし1963年1月、エージェントから売れなかった純文学作品を全て送り返され、純文学作家の夢が絶たれた。唯一生前に出版された純文学作品が『戦争が終り、世界の終りが始まった』である。
1963年、『高い城の男』でヒューゴー賞を受賞。SF界では天才として迎えられたが、エース・ブックスなどの原稿料の安いSF出版会社にしか相手にされなかったという面もある。その後も経済状態は好転しなかった。1980年に出版された短編集『ゴールデン・マン』でディックは「数年前病気になったとき、会ったこともなかったハインラインが何か出来ることはないかと助力を申し出てくれた。彼は電話で元気付けてくれ、どうしているかと気遣ってくれた。ありがたいことに電動タイプライターを買ってやろうと申し出てくれた。彼こそこの世界の数少ない真の紳士だ。彼が作品に書いていることには全く同意できないが、そんなことは問題ではない。あるときIRSに多額の課税をされてそれを払えずにいると、ハインラインがお金を貸してくれた。彼とその奥さんは私の恩人だ。彼らに感謝の印に本を捧げたこともある。ロバート・ハインラインは素晴らしい外見の男で、非常に印象的で軍人のような姿勢である。髪型に至るまで軍人としての背景が見て取れる。彼は私が頭のおかしいフリークだと知っていて、それでも私が困っていたときに助けてくれた。これこそが人間性というものだ。そういう人やものを私は愛している」と書いている。
1972年、ディックは原稿や資料をカリフォルニア州立大学フラトン校の Special Collections Library に寄贈し、それが Philip K. Dick Science Fiction Collection として Pollak Library に収蔵されている。フラトン校でディックはSF作家の卵だったK・W・ジーター、ジェイムズ・P・ブレイロック、ティム・パワーズと親交している。ディック最後の長編は『ティモシー・アーチャーの転生』で、1982年、彼の死後に出版された。
1974年2月20日、ディックは親知らずを抜き、その際のチオペンタールの効果から回復しつつあった。追加の鎮痛剤の配達を受け取るためドアに応対に出ると、女性配達員が彼が \”vesicle pisces\” と呼ぶシンボルのペンダントを身につけていることに気づいた。この名称は彼が2つの関連するシンボルを混同していることに起因すると…

フィリップ・K・ディック

短編 さよなら、ヴィンセント フィリップ・K・ディック


動画内の字幕で「マスタング(車のメーカー)」とありますが、
正確には「マスタング(自動車メーカー フォード社が製造、販売する車)」なんですかね。車に疎いのでご了承ください。
毎週末(金曜日の夜と土曜日の夕方)に動画を上げて行く予定です。
ツイッター→ https://mobile.twitter.com/yokashoe
よろしければ高評価ボタン、チャンネル登録のご協力お願いいたします。

短編 さよなら、ヴィンセント  フィリップ・K・ディック

01 いたずらの問題 フィリップ・K・ディック 朗読


【※2倍速再生をおすすめします※】
通常速度で1回だけ聞くよりも、2倍速再生で2回聞いた方が内容に対する理解が深まると思います。
(私は動画は3〜4倍速で見ます。)
よろしければグットボタン👍、チャンネル登録していただけるとたいへん励みになります。
朗読初心者ですので、お聞き苦しい点があるかと思いますがご容赦くださいませ。
フィリップ・K・ディック=著
大森望=訳
早川書房

01 いたずらの問題 フィリップ・K・ディック 朗読

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *