Chuyển tới nội dung
Home » GYPSY JAZZ – HOT CLUB DU NAX – Joseph Joseph – ジプシージャズ | ジプシー音楽 特徴

GYPSY JAZZ – HOT CLUB DU NAX – Joseph Joseph – ジプシージャズ | ジプシー音楽 特徴

GYPSY JAZZ – HOT CLUB DU NAX – Joseph Joseph – ジプシージャズ


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

New CD releases DECEMBER 2020 https://hotclubdunax.bandcamp.com/
Support us this Christmas by supporting our new albums ‘Christmas Time Is Here’ and ‘Kind Of Gypsy Jazz’. Thank you for sticking with us this year! Happy Vintage Christmas from us!
Booking:
www.hotclubdunax.com
[email protected]
https://www.facebook.com/hotclubdunax
Hot Club du Nax Joseph Joseph
Recorded \u0026 Mixed by: www.isobelcope.com
Gypsy Jazz Band ‘Hot Club du Nax’ play ‘Joseph Joseph’.
Jazz Singer Isobel Cope on Vocals, Solo Guitar Arian Kindl and Rhythm Lukas Bamesreiter, Double Bass Player Flo Hupfauf and Violinist Tomas Novak.
Thanks to the two awesome Dancers : Mara Neugebauer and Ula Rauch
Lyrics:
A certain maid I know, is so afraid her beau
Will never ask her, will she name the day
He calls on her each night, and when she dims the light
It’s ten to one that you would hear her say
Oh Joseph, Joseph, won’t you make your mind up
It’s time I knew just how I stand with you
My heart’s no clock that I can stop and wind up
Each time we make up after being through
So listen Joseph, Joseph time is fleeting
And here and there my hair is turning grey
My mother has a fear, wedding bells I’ll never hear
Joseph, Joseph, won’t you name the day
Das Innsbrucker Gypsy Jazz Kollektiv Hot Club du Nax entstand während mystischer und endlos durchjamter Nächte im Oktober des Jahres 2015. In namensgebender Bar, dem NAX, wo sonst? Die Musiker Tomas Novak (Violine), Arian Kindl (Gitarre), Lukas Bamesreiter (Gitarre), Flo Hupfauf (Kontrabass) und die wunderbare Isobel Cope (Gesang) bilden gegenwärtig die working band und Kernbesetzung des Kollektivs. Regelmäßig werden hochkarätigste Gastmusiker aus hiesigen wie benachbarten, manchmal aus weit entfernten und bisweilen sogar aus nur noch aus Legenden bekannten Landen gefeatured. In Kooperation mit dem Swingout Innsbruck (Swingtanzszene) ist das Ensemble immer wieder als große Jamband auf glühend heißen Swingparties zu erleben (vgl. Skandalpresse). Jedoch reicht das Spektrum der Auftrittsformen stufenlos vom sagenhaften Heimspiel im NAX über andere Orte des magischen und weltberühmten Innsbrucker Nachtlebens bis zu den unerwartetsten Lokalitäten und schlicht allen Events die für das menschliche Gehirn denkbar sind ohne dass es dabei explodiert.
热俱乐部du Nax 约瑟夫约瑟夫
吉普赛爵士乐队’Hot Club du Nax’扮演’约瑟夫约瑟夫’。
梦见咆哮的20和30年代? 让我们带您回到几十年的金色香槟……可用于婚礼,派对,舞会和酒吧明星!
爵士歌手Isobel Cope on Vocals,Jazz Guitarists Arian Kindl和Lukas Bamesreiter,Double Bass Player Flo Hupfauf和Violinist Tomas Novak。
歌词:
我知道,某位女仆很害怕她的男友
永远不会问她,她会说出这一天
他每天晚上都会打电话给她,当她昏暗的时候
你会听到她说的十分之一
约瑟夫,约瑟夫,你不会让自己的想法
是时候我知道我和你站在一起了
我的心脏没有时间,我可以停下来,结束
每次我们通过后弥补
所以听约瑟夫,约瑟夫时间稍纵即逝
在这里和那里,我的头发变灰了
我母亲有一种恐惧,我永远都听不到婚礼的钟声
约瑟夫,约瑟夫,你不会说出这一天
ホット・クラブ・デュ・ナックス ジョセフ・ジョセフ
ジプシージャズバンド「ホット・クラブ・デュ・ナックス」が「ジョセフ・ジョセフ」を演奏する。
轟音の20代と30代を夢見る? 結婚式、パーティー、ボール、バーミツバのために利用可能な金色のシャンパンの数十年にあなたを連れて行きましょう!
ジャズギタリスト、Arian Kindl、Lukas Bamesreiter、Double Bass Player、Flo Hupfauf、Violinist Tomas Novakなどがあります。
歌詞:
私が知っている特定のメイドは、彼女のそばをとても恐れている
決して彼女に尋ねることはありません
彼は毎晩彼女に電話し、彼女が光をくすぐると
あなたが彼女の言うことを聞くのは10対1です
ああジョセフ、ジョセフ、あなたはあなたの心を作ってくれませんか?
それは私があなたとどのように立っているかを知っている時です
私の心は私が止めて巻き上げることのできる時計ではありません
私たちが終わった後にメイクするたびに
だからジョセフを聞いて、ジョセフの時間は一瞬です
そして、ここで私の髪は灰色になっています
私の母は恐れがあります、結婚式の鐘私は聞くことはありません
ジョセフ、ジョセフ、あなたはその日の名前をつけませんか

GYPSY JAZZ - HOT CLUB DU NAX - Joseph Joseph - ジプシージャズ

【ジプシージャズ】民族 音楽 おすすめ – ジャズ – ジャズ カフェ- ハッピー – 楽しい – 快活 – 明るい – 作業用BGM – 楽しい 仕事 – 民族音楽 -ォークソング


BGM ミュージック 音楽 ユーチューブ ベスト 音楽 リラックス 音楽 作業用BGM 勉強用BGM 盛り上がる曲
★ 購読してください。► :https://goo.gl/GR4ZIi
私たちに従ってください:
►Facebookに登録する:https://www.facebook.com/LiveBetterMedia
►ツイッター:https://twitter.com/livebettermedia
Music provided by Epidemic Sound with a license https://www.epidemicsound.com

【ジプシージャズ】民族 音楽 おすすめ - ジャズ - ジャズ カフェ- ハッピー - 楽しい - 快活 - 明るい - 作業用BGM  - 楽しい 仕事 - 民族音楽 -ォークソング

Gipsy Kings – Volare (Official Video)


Gipsy Kings Volare (Official Video)
Follow on Spotify http://smarturl.it/gipsykingsessentials
Listen on Apple Music http://smarturl.it/gipsykings
Listen on Amazon http://smarturl.it/gipsykingsamazon
Follow Gipsy Kings
Website: http://www.gipsykings.com/
Facebook: https://www.facebook.com/thegipsykings/
GipsyKings Volare GipsyKingsOfficial GipsyKingsOfficialVideo GipsyKingsAlbum GipsyKingsGreatestHits GipsyKingsOfficialAudio GipsyKingsSongs BestOfGipsyKings GipsyKingsVolare GipsyKingsEssentials VolareOfficialVideo
Lyrics
Pienso que un sueño parecido no volverá más
Y me pintaba las manos lon cara d’ azul
Y de improviso el viento rápido me llevó
Y me hizo volar en el cielo infinito
Volaré oh oh
Cantaré oh oh oh oh
Nel blu dipinto di blu
Felice di stare lassu
Y volando, volando feliz
Yo me encuentro más alto, más alto que el sol
Mientras el mundo se aleja despacio de mí
Una música dulce tocada sólo para mí
Volaré oh oh
Cantaré oh oh oh oh
Nel blu dipinto di blu
Felice di stare lassu
Pienso que un sueño parecido no volverá más
Y me pintaba las manos lon cara d’ azul
Y de improviso el viento rápido me llevó
Y me hizo volar en el cielo infinito
Volaré oh oh
Cantaré oh oh oh oh
Nel blu dipinto di blu
Felice di stare lassu
Volaré oh oh
Cantaré oh oh oh oh
Nel blu dipinto di blu
Felice di stare lassu
Pienso que un sueño parecido no volverá más
Y me pintaba las manos lon cara d’ azul
Y de improviso el viento rápido me llevó
Y me hizo volar en el cielo infinito
Volaré oh oh
Cantaré oh oh oh oh
Nel blu dipinto di blu
Felice di stare lassu
Nel blu dipinto di blu
Felice di stare lassu
Nel blu dipinto di blu
Felice di stare lassu
Nel blu dipinto di blu
Felice di stare lassu
Nel blu dipinto di blu
Felice di stare lassu

Gipsy Kings - Volare (Official Video)

モンティ: チャルダッシュ(ツィンバロンとピアノ超速版)


「チャールダーシュ」ヴィットリオ・モンティ作
ツィンバロン: 崎村潤子
ピアノ: 清水純子
十三音会 ダ・カーポ 第3回のライブ収録です。
十三音会FBページ https://www.facebook.com/13tones/
イタリアの作曲家、モンティによる原曲はマンドリンのための曲ですが、様々な楽器に編曲されて演奏されている曲です。チャルダッシュはハンガリー起源の楽曲様式です。兵士が酒場(ハンガリー語で「チャルダ」)で兵士募集のために踊っていた曲をもとに、19世紀に作曲家ロージャヴェルジ・マールクが様式化したもので、当時、ウィーンをはじめヨーロッパ中で大流行を極め、ウィーンの宮廷は一時チャールダーシュ禁止の法律を公布したほどでした。
19世紀ハンガリーといえば、国民運動の中その象徴として台頭した「ツィンバロン」を思い起こさざるを得ません。この演奏では、通常は伴奏に回ることの多いツィンバロンを主旋律の楽器に使って演奏しています。

モンティ: チャルダッシュ(ツィンバロンとピアノ超速版)

ビゼー「カルメン」より「ジプシーの踊り」 指揮:佐渡裕


ニコニコから勝手に転載orz \r
ジプシーの踊りを抜粋

ビゼー「カルメン」より「ジプシーの踊り」 指揮:佐渡裕

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.