Chuyển tới nội dung
Home » Nhớ nhanh từ vựng N2 bằng cách \”nghe thụ động\” trước lúc ngủ! | 相互不干渉

Nhớ nhanh từ vựng N2 bằng cách \”nghe thụ động\” trước lúc ngủ! | 相互不干渉

Nhớ nhanh từ vựng N2 bằng cách \”nghe thụ động\” trước lúc ngủ!


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูความรู้เพิ่มเติมที่นี่

N2Kikutan TừVựngN2 jlpt247
Luyện đề N2 chính thức 20152021 tại: https://jlpt247.com/jlpt/
Seko chân thành cảm ơn các bạn đã ủng hộ kênh.
Hãy like, đăng ký kênh để nhận thêm nhiều video học tập hữu ích từ kênh.
Web chia sẻ tài liệu: tiengnhatseko.com
Group trao đổi học tập: https://www.facebook.com/groups/tiengnhatseko/
Page chia sẻ thông tin: https://www.facebook.com/seko.nihongo/
Email: [email protected]

Nhớ nhanh từ vựng N2 bằng cách \

アフガン情勢 中国 米念頭に「内政干渉は不安定の継続もたらす」


中国の王毅外相は、アフガニスタン情勢を協議するG20=主要20か国・地域の首脳らによるオンライン会議に参加し、アメリカなどを念頭に「内政干渉し、軍事介入することは不安定と貧困の継続しかもたらさない」などと非難しました。
 中国外務省によりますと、G20の首脳らによる緊急会議にオンライン形式で参加した中国の王毅外相は、アフガニスタンに対して2億元、日本円にしておよそ34億円相当の食糧やワクチンなどの支援を行っていると改めて強調。人道支援の実行や一刻も早い制裁解除などを提案しました。また、アメリカなどを念頭に、「イデオロギーを押し付け、内政干渉し、軍事介入することは不安定と貧困の継続しかもたらさない」と非難したということです。

 王毅外相は12日、アジア相互協力信頼醸成会議の外相会合にも参加していて、アメリカとイギリス、オーストラリアの3か国による新たな安全保障の枠組み「AUKUS」を名指しして、「地域の平和と安定を破壊する試み」などと反発。「共同で反対すべき」などと各国に呼びかけました。(13日08:23)
アフガニスタン 中国 G20
▼TBS NEWS 公式サイト
https://news.tbs.co.jp/index.html
▼TBS NEWS 公式SNS    
◇Twitter  https://twitter.com/tbs_news?s=20   
◇Facebook  https://www.facebook.com/tbsnews  
◇note  https://note.com/tbsnews  
◇TikTok  https://www.tiktok.com/@tbsnews?lang=ja  
◇instagram  https://www.instagram.com/tbsnews_insta/
▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1
▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/tbsinsiders/
▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/toukou/

アフガン情勢 中国 米念頭に「内政干渉は不安定の継続もたらす」

【ミニ講義2021】国際政治学と現代世界


【国際文化専攻】志田淳二郎教授によるミニ講義 2021
テーマ:「国際政治学と現代世界」

【名桜大学 公式ホームページ】
 https://www.meiou.ac.jp/
【国際文化専攻Webページ】
 https://www.meiou.ac.jp/academics/international/culture/

【ミニ講義2021】国際政治学と現代世界

直播港澳臺【精編版】美鼓吹中國核擴張 | 布林肯訪印各懷鬼胎 | 菲律賓重申南海沒有仲裁 | 美拒不回應調查德堡 | 解放軍聯合登陸演練


此為深圳衛視《直播港澳台》官方頻道,偽者必究。
《直播港澳台》是深圳廣播電影電視集團強力打造的名牌欄目。每天20:06分在深圳衛視直播。 《直播港澳台》擁有強大的記者陣容,深入港澳台新聞現場;邀請重量級港台名嘴,剖析兩岸時事風雲;攜手海內外主流媒體,構建南中國信息平台。新浪網、搜狐網、香港TVB及ATV、台灣TVBS和ETV 、澳門TDM等主流媒體展開戰略合作,欄目資源互補,彰顯信息整合優勢。

直播港澳臺【精編版】美鼓吹中國核擴張 | 布林肯訪印各懷鬼胎 | 菲律賓重申南海沒有仲裁 | 美拒不回應調查德堡 | 解放軍聯合登陸演練

モンロー主義


モンロー主義, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=20390 / CC BY SA 3.0
政治家による政治思想
外交ドクトリン
アメリカ合衆国の外交政策
アメリカ合衆国の歴史_(17761865)
1823年のアメリカ合衆国
ジェームズ・モンロー
ジョン・クィンシー・アダムズ
ジェームズ・モンロー モンロー主義(モンローしゅぎ、英: Monroe Doctrine)は、アメリカ合衆国がヨーロッパ諸国に対して、アメリカ大陸とヨーロッパ大陸間の相互不干渉を提唱したことを指す。
第5代アメリカ合衆国大統領ジェームズ・モンローが、1823年に議会で行った7番目の年次教書演説で発表した。
モンロー宣言と訳されることもあるが、実際に何らかの宣言があったわけではないので、モンロー教書と訳されることも多い。
この教書で示された外交姿勢がその後のアメリカ外交の基本方針となった。
原案はアメリカ合衆国国務長官ジョン・クィンシー・アダムズが起草した。
モンロー主義のきっかけとなった年次教書は、1823年12月2日に議会へ送られた。
内容の大意は次のとおり。
中南米諸国の独立年 19世紀前半、ラテンアメリカ各地で独立運動が起こった。
19世紀初頭のナポレオン戦争(特に半島戦争)は、スペインのアメリカ植民地に対する支配力を弱め、中南米諸国は次々に独立へと動き出していった。
これに対しスペイン本国は、中南米植民地での独立運動を鎮圧しようとした。
しかし、ナポレオン失脚後のヨーロッパは自由主義、ナショナリズムを敵視する保守反動的なウィーン体制下にあったため、この体制を主導していたオーストリアの政治家メッテルニヒは、独立運動への干渉を図った。
また、独立運動を支持する姿勢をみせていたイギリス(おもに自由党)の狙いは、ラテンアメリカに工業製品を輸出し、農産物や資源を輸入して経済力を高めることであった。
こうした動きを牽制するため、モンローが年次教書において、アメリカ大陸とヨーロッパ大陸の相互不干渉を示すに至ったのである。
南北アメリカは将来ヨーロッパ諸国に植民地化されず、主権国家としてヨーロッパの干渉を受けるべきでない旨を宣言した。
それはさらにヨーロッパの戦争と、ヨーロッパ勢力と植民地間の戦争に対してアメリカ合衆国は中立を保つが、植民地の新設あるいはアメリカ大陸の独立国家に対するいかなる干渉もアメリカ合衆国への敵対行為とみなすという意図を述べたものであった。
合衆国にとって、もう一つの大きな懸念材料は、アラスカ(当時はロシア領)からロシアが太平洋沿いに南下政策を図ることであった。
そのため、この教書はロシアのアメリカ大陸進出に対する牽制という狙いも含んでいた。
この宣言は欧州に対するアメリカ合衆国による「アメリカ大陸縄張り宣言」でもある。
それに沿って1830年にインディアン移住法を定め、国家として先住民掃討を進め、また米墨戦争で領土を割譲させるなど、アメリカ大陸内での勢力拡大を推し進めた。
「1833年、イギリスがフォークランド諸島を占領したが、特に措置を講じておらず、このときにモンロー主義は放棄されたと見ることができる。イギリス資本の進出が背景にあると見られる。」とする意見もあるが、アメリカ合衆国はそれ以前からフォークランド諸島を領有するアルゼンチンの勢力とはフォークランド諸島寄港問題で対立しており、アメリカ合衆国はフォークランド諸島については不干渉の立場をとっていた。
つまり「モンロー主義の放棄」とは「アメリカ合衆国の縄張りはアメリカ大陸に限らない」ということである。
そこで、先住民掃討完了を意味する「フロンティア消滅宣言」のあった1890年頃から太平洋進出を進め始め、1898年の米西戦争、ハワイ併合が続く。
その後さらに米比戦争、中南米各国に介入する「棍棒外交」へと続いていく。
1934年に第一次世界大戦後のバナナ戦争を終結させたフランクリン・ルーズベルト大統領によってラテンアメリカ諸国に対して内政干渉を行わないとする善隣政策が行われたが、第二次世界大戦後の1948年3月12日に発効した米州相互援助条約は冷戦構造を反映するものとなった。
1951年12月13日に発効したボゴタ憲章(米州機構)によって、ラテンアメリカ諸国を軍事的にも経済的にも西側陣営に組み込んでいった。
また、1958年にはアメリカ合衆国の極右的な半秘密組織としてロバート・ヘンリー・ウィンボーン・ウェルチ・ジュニアを中心にジョン・バーチ・ソサエティが設立され、対外援助廃止やNATO脱退、国連反対など孤立主義的な運動を展開した。
冷戦時代でも以下のような中南米各国への棍棒外交的な介入が行…

モンロー主義

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูบทความเพิ่มเติมในหมวดหมู่Wiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai. Các trường bắt buộc được đánh dấu *