Chuyển tới nội dung
Home » PRE-SURF WARM UPS WITH KOA ROTHMAN AND JOHN FLORENCE || AIR CAMP! | ロバートマクナマラ

PRE-SURF WARM UPS WITH KOA ROTHMAN AND JOHN FLORENCE || AIR CAMP! | ロバートマクナマラ

PRE-SURF WARM UPS WITH KOA ROTHMAN AND JOHN FLORENCE || AIR CAMP!


นอกจากการดูบทความนี้แล้ว คุณยังสามารถดูข้อมูลที่เป็นประโยชน์อื่นๆ อีกมากมายที่เราให้ไว้ที่นี่: ดูเพิ่มเติม

KOA DID THE AIR. NO FOR REALLLLLZ THIS TIME HE LANDED AN AIR I WOULD NEVER EVER LIE TO U GUYS. WATCH THE WHOLE VIDEO. I LOVE U
Get your Celsius here!!!
https://www.celsius.com
Get your This is Livin’ merch!
https://koarothman.com/
Koa’s Social
https://www.instagram.com/koarothman
https://twitter.com/koa_rothman
https://www.facebook.com/koa.rothman
Blenders glasses
20% off code “KOA20”
https://www.blenderseyewear.com/discount/KOA20
Jack Germain
https://www.instagram.com/Germainfilms
This is Livin’ Soundtrack
https://open.spotify.com/user/jackgermain808?si=3Pi5WlZzRSaO5Vo81wAWwA
Like and Subscribe for more!

PRE-SURF WARM UPS WITH KOA ROTHMAN AND JOHN FLORENCE || AIR CAMP!

戦艦『忍』 元アメリカ国防長官ロバート・マクナマラ大戦中の日本への攻撃を語る


戦艦『忍』チャンネル登録はこちら♪
https://www.youtube.com/channel/UCRYffdZPUuSow1F_j7Bbvkw?sub_confirmation=1

戦艦『忍』 元アメリカ国防長官ロバート・マクナマラ大戦中の日本への攻撃を語る

ブルー・ジェミニ


ブルー・ジェミニ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1931958 / CC BY SA 3.0
ジェミニ計画
ブルー・ジェミニ(Blue Gemini)は、発展型ジェミニ計画の一つとして研究されたアメリカ合衆国の有人宇宙飛行計画。
アメリカ空軍が主導する軍事目的のものであり、構想段階で中止されている。
アメリカ空軍は宇宙空間利用のための独自の有人宇宙計画を検討しており、1962年に入ると具体化し始めた。
その中で、アメリカ航空宇宙局(NASA)主導で開発が進められていたジェミニ宇宙船を用いて、空軍主導のミッションにおいて、アジェナ標的機との軌道上ランデブーや船外活動を行なう構想が、「ブルー・ジェミニ」計画として、1962年8月に提案された。
ランデブーは敵性人工衛星の偵察に用いるためであり、有人機動ユニットを用いた船外活動により大型レーダーを用いた地表捜索も行う計画であった。
状況によっては各種機材を搭載し、乗員1名での打上げも検討されており、宇宙空間において14日間の行動が可能であることとされた。
空軍では、これとほぼ同時に有人軌道展開システム(MODS)という軍用宇宙ステーションの構想も持っており、ブルー・ジェミニはその技術開段階としても位置付けられていた。
ブルー・ジェミニは費用がかさみ、またジェミニ計画においても、重複して技術試験が行われることから、アメリカ合衆国国防長官ロバート・マクナマラは1963年1月に開発中止を決定した。
MODSも同様に中止されている。
なお、1963年12月には、タイタン3ロケット及びジェミニB宇宙船を用いる新しい宇宙飛行計画である有人軌道実験室(MOL)が承認されている。
混同されやすいが、ジェミニBはブルー・ジェミニとは異なる計画である。

ブルー・ジェミニ

世界銀行


世界銀行, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=11289 / CC BY SA 3.0
世界銀行
世界銀行
世界銀行(せかいぎんこう、略称:世銀、)は、各国の中央政府または同政府から債務保証を受けた機関に対し融資を行う国際機関である。本部はアメリカ合衆国ワシントンD.C.。加盟国は189ヶ国。
当初は国際復興開発銀行のみを指したが、1960年に設立された国際開発協会とあわせて世界銀行と呼んでいる。国際通貨基金と共に、第二次世界大戦後の金融秩序制度の中心を担っている。
1944年7月のブレトン・ウッズ会議で、国際通貨基金と共に設立が決定された国際復興開発銀行は、翌1945年に実際に設立され、1946年6月から業務を開始した。
設立当初、国際通貨基金は国際収支の危機に際しての短期資金供給、世界銀行は第二次世界大戦後の先進国の復興と発展途上国の開発を目的として、主に社会インフラ建設など開発プロジェクトごとに長期資金の供給を行う機関とされ、両者は相互に補完しあうよう設立された。ソヴィエト連邦は決定には賛成したものの条約を批准せず、出資金を払い込まなかったために加盟できず、冷戦終結にいたるまで、世界銀行の社会主義圏における活動は低調なものとなった。
最初の融資はフランスをはじめとする戦災を受けた西ヨーロッパ諸国であったが、こうした先進諸国の復興は設立間もない世界銀行の資金力では到底追いつかず、1947年にアメリカ合衆国によるマーシャル・プランが開始されると、世界銀行は発展途上国の開発資金援助に特化した。1948年の世界銀行の融資額は3億7800万ドル、同年度のマーシャル・プランの融資額は40億ドルを超えており、アメリカが直接西欧諸国の復興に資金を供出した方がはるかに有効だったからである。またアメリカが主導権を握っていることとソ連の不参加から、世界銀行の融資はそのまま西側の支援の一角となった。世界銀行はこの方針転換のため、一時直接的な融資よりもそのための調査を重点に行うようになり、1958年まで1948年度の融資額を越えた年が存在しないなど、1950年代を通じて融資額は低調となった。
1950年代と1960年代を通じて融資総額の半分以上がインフラへの投資で占められているなど、融資は大規模プロジェクトへのものが中心を占めていた。このころの世界銀行の主要貸し出し国のひとつは日本であった。1952年に世界銀行に加盟した後、1953年から日本の借り入れが始まり、合計8億6,000万ドルを借り入れ、その資金は東海道新幹線などのインフラの整備に充てられた。やがて、日本の経済成長とともに、途上国から順調な経済成長にもかかわらず世界銀行からの融資を受け続けていることへの批判が高まったことを受け、1967年には経済成長によって投資適格国から卒業し、以後新規融資は停止されることとなった。その後日本は世界銀行への純出資国となり、出資割合も経済の成長とともに急激に伸びていって、1971年には日本は5大出資国の1つとなって理事一人を自由に任命することができるようになった。世界銀行への残存債務も返済は順調であり、1990年7月には世界銀行からの借金を全額返済することとなった。
1968年にロバート・マクナマラが第5代世界銀行総裁に就任すると、世界銀行の姿勢は大きく変化した。彼は1968年の総会で、融資の額を69年からの5年間で以前の5年間の倍にすると表明し、彼の元で世界銀行は急速に貸付を拡大し、それまでの22年間の総融資額よりも、マクナマラの最初の一期四年の融資総額の方が大きくなるなど大きな影響力を持つようになった。それまでの財源の中心であった各国の拠出金に変わり、マクナマラは世界銀行債を積極的に発行することで市場から資金を調達することに成功し、以後世界銀行の独立性は高くなった。この拡大路線の中で、それまで融資対象に含まれていなかった教育など社会分野にも融資が行われるようになった。また国際通貨基金も、1970年代以降為替変動相場制を採用する国が増加したのに伴い、加盟国の国際収支から国内金融秩序安定へその監視助言業務の比重を次第に移し、途上国への融資をその任務に含めるようになっていった。この融資拡大は各途上国の債務残高を増大させ、1980年代以降、開発途上国で債務問題がしばしば発生する原因となった。また旧社会主義諸国が次々と市場経済制度に移行するに至り、開発途上国の金融制度に関する分野ではその業務にIMFと一部重複も見られるようになった。
開発途上国の債務問題に関しては、世界銀行は1980年からIMFと共同で経済危機に陥った途上国に対し、経済支援の条件として構造調整政策の実施を行うよう…

世界銀行

ヴァシーリイ・アルヒーポフ


ヴァシーリイ・アルヒーポフ, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=3343079 / CC BY SA 3.0
ソビエト連邦の提督
第二次世界大戦期のソビエト連邦の軍人
赤旗勲章受章者
祖国戦争勲章受章者
赤星勲章受章者
ソ連軍勤務時祖国奉仕勲章受章者
キューバ危機
1926年生
1998年没
ヴァシーリイ・アルヒーポフ(英語: Vasili Alexandrovich Arkhipov, ロシア語: Василий Александрович Архипов, 1926年1月30日 – 1998年8月19日)は、ソ連海軍の軍人。
キューバ危機の際、アメリカ海軍への核魚雷の発射を防いだ。
当時、核魚雷の発射には乗艦する三人の士官の承認が必要だったが、小艦隊司令および副艦長であったアルヒーポフだけがその承認を拒否した。
この事実は、2002年に初めて公になった。
アルヒーポフは、モスクワ近くの農家に生まれた。
太平洋高等海軍学校で教育を受けた。
1945年、ソ連対日参戦に従軍し、掃海艇に乗艦した。
その後、カスピ高等海軍学校に転籍し、1947年に卒業した。
1947年から、アルヒーポフは黒海艦隊、北方艦隊、バルト艦隊で潜水艦隊に乗艦した。
1961年7月4日、原子力潜水艦K19の副艦長として、同艦の原子炉の冷却水漏れ事故に遭う。
カリブ海、キューバ沖を航行中のソビエト海軍B59潜水艦。
1962年10月27日、キューバ危機の最中、アメリカ海軍の空母ランドルフおよび駆逐艦11隻からなる艦隊が、キューバ近海でソ連のフォックストロット型潜水艦B59を捕捉した。
同艦には核が搭載され、アルヒーポフは中佐として乗艦していた。
公海であるにも関わらず、米艦隊は演習用爆雷を投下、爆発による信号を送ってB59の強制浮上を試みた。
B59は数日の間、モスクワと通信が出来なかったため、アメリカの民間ラジオ電波を傍受して情報収集していた。
しかし、爆雷から逃れるため、深度を下げて航行したため、ラジオ電波の受信が困難になった。
情報が遮断されたため、米ソが開戦したのか否かを知ることが、B59乗員には不可能となった。
B59艦長バレンティン・サビツスキーは、すでに両国が開戦したと判断し、核魚雷の発射を企図した。
他の潜水艦と異なり、B59の核魚雷の発射には、乗艦していた三人の士官(艦長サビツスキー、政治将校イワン・マスレニコフ、副艦長アルヒーポフ)の全会一致の承認が必要であった。
通常、特殊兵器を搭載したソ連潜水艦において、その艦長は政治将校の許可さえあれば、核魚雷の発射が可能であった。
しかし、アルヒーポフはB59では副艦長に過ぎなかったが、彼はB4、B36、B130等の潜水艦小艦隊の司令でもあり、階級は艦長と同じであった。
そのため、艦長は彼の承認も得なければならなかった。
三人の間で口論が始まり、アルヒーポフだけが発射を拒否した。
作家エドワード・ウィルソンによれば、前年のK19の事故の際の、アルヒーポフの勇敢な行動と名声が、彼の主張に有利に働いたとしている。
結局、アルヒーポフは艦長を説得し、浮上してモスクワからの指令を待った。
B59のバッテリ残量はごく僅かで、空調も故障していたため、米艦隊の中央に浮上せざるを得なかった。
その後、帰投した。
2002年、キューバ危機についての会議が行われ、当時の米国防長官ロバート・マクナマラは、「当時の我々の認識以上に、我々は核戦争に近づいていた」と語った。
2002年、作家アレクサンドル・モズゴヴォイの書籍 Kubinskaya Samba Kvarteta Fokstrotov(Cuban Samba of the Foxtrot Quartet)の中で、退役した元司令ヴァディム・アルロヴァは、当時のことを「サビツスキー艦長はカッとなっていたが、最終的には落ち着きを取り戻した」と語った。
その後も、アルヒーポフはソビエト海軍で潜水艦に乗艦し、後に潜水艦戦隊司令となった。
1975年に少将に昇進、キーロフ海軍大学の学長になった。
1981年に中将に昇進。
1980年代に退役した。
その後はクパヴナ(2004年、ジェレズノドロジュニに編入)に住み、1998年8月19日に死去。
1961年のK19の事故の際の被爆が、その死に影響したとされる。
事故当時のK19の艦長ニコライ・ザテエフは、アルヒーポフの死から9日後、1998年8月28日に死去。
二人はともに72歳だった。

ヴァシーリイ・アルヒーポフ

นอกจากการดูหัวข้อนี้แล้ว คุณยังสามารถเข้าถึงบทวิจารณ์ดีๆ อื่นๆ อีกมากมายได้ที่นี่: ดูวิธีอื่นๆWiki

Trả lời

Email của bạn sẽ không được hiển thị công khai.